金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

発達障害の診断があっても加入できる障害者が入れる保険

保険には?

発達障害と保険の選び方について
  • 発達障害の診断があるなら障害者が入れる保険と入れない保険を確認する必要がある
  • 発達障害の診断が持ってる保険だから特別高いわけではない
  • 睡眠薬など日常的に飲んでる人は服薬していない人より入院のリスクが高いので要注意だ
  • 貯蓄型保険は入る必要がなく一番安い最低限の医療保険だけで良い
  • 高額療養費制度があるので高額な保険も不要だ
  • 若いうちに早い段階で加入しておくべきだ
  • 大手企業だと福利厚生で安くなる保険に入れることもあるので新卒で就職したタイミングで入るのがおすすめだ

保険の加入基準に「発達障害」の診断があるかないか聞かれることがあります。
保険会社は健康状態を確認してくるので心療内科の通院歴が過去5年以内にあるかないか聞いてくることがあります。
万が一、嘘を吐いた場合バレてしまうと入院してもお金が支払われなかったり‥‥‥‥‥‥。

発達障害の診断があっても入れる保険もあり特別高いわけではありません。
障害者が入れる保険も探せばたくさんあります。
しかし、発達障害が原因で就労に悩み「統合失調症」になり保険には入れなかったケースもあります。

そこで、若いうちに早い段階で一番安い医療保険だけに入ることをおすすめします。
どんなに元気な人でも50代以降になると持病を持ってしまうので保険には入りたくなりますが若い時に比べて割高になってしまいます。
けど、元気なのに医療保険に入る理由に納得できない発達さんも多いので深く保険について調べてみました。

保険に関しては一生入らないか若いうちだと安いので早い段階ではいるかの二択です。
発達障害を持つ人にとって保険は入るべきなのか入らないべきなのか。
多角的に見て保険について本記事ではまとめていきます!
二次障害







保険に入るメリットとデメリット

毎月の支払い額が払える前提なら医療保険に?

医療保険に入るデメリット
  • そもそも国が医療費を7割負担してくれる
  • 高額療養費制度や自立支援制度があるので貯金さえすれば医療費ぐらいは支払える
  • 健康的な生活を過ごせるように日々健康を意識してお金をかける方がメリットが高い
  • 大企業に就職できた場合に福利厚生で入れる安い保険があり退職後も使える
  • 医療保険でなく自立支援医療などを利用するのも一つの手だ

国民保険は義務付けられおりしっかりと支払えば国が医療費を7割負担してくれます。
また、長期的に入院をしても「高額療養費制度」という制度があり収入に合わせた限度額以上の医療費は基本的に国が負担してくれます。
外国のように入院して治療費が1000万円も掛かることは日本に住んでるとありません。

また、大企業に就職できた場合に福利厚生で受けれる安い保険もあります。
こちらに関しては若い時期に退職をしても一生入れる制度なことも多いので学生のうちから入らない方がいい意見に関しては一理あるかもしれません。

一生医療保険に入らないか若いうちに入るかの二択のどちらかになります。
死ぬ間際まで健康的に生きれる人はほとんどいません。
不慮の大きな事故や急な重い病に巻き込まれることを除けば誰もが最後は入院を繰り替えすことになります‥‥‥‥‥‥。

大企業に就職した場合、世の中に出回ってないわすい保険には入れるのは大きいぁ。
だから学生の頃か「保険」に入るのは少し早いかも。
新卒で就職してから保険に入るのがちょうど良さそうだわぁ✨
大企業だからと言って必ず安い保険には入れる福利厚生があるとは限りませんが‥‥‥‥‥‥。
日本では、「高額療養費制度」だけでなく「自立支援制度」もあるので入院しても高額にならない可能性が高いです。
国が提供してる「支援」をしっかり活用すれば安く治療を受けることができます。
取巻く環境






入院したことは?

医療保険に入るメリット
  • 高額療養費制度や自立支援制度はどんどん改悪する可能性が高い
  • 先進医療は全額負担になるので国民保険だけだと頼りにならない
  • 若い時に入るほど医療保険が安くなる
  • ADHDや抗うつ薬を飲む回数が多くなる可能性があるので長期的にみると入ると負担が減る
  • そもそも入院した時のお金を払える貯金を貯めれる自身がない
  • 万が一統合失調症になると将来的に入れる保険が少なくなってしまう
  • どんなに元気な人でも50代以降になると何かしらの持病を持つので加入したくなるが値段が高くなる

発達障害を持っていない人と比べると入院する人は多いです。
ADHDなどの薬だけでなく職場のストレスにより身体を壊しやすい傾向があります。
入院を繰り返すと貯金だけでは治療が難しくなることがあるので医療保険がおすすめです。

会社のストレスにより、万が一統合失調症を発症すると将来的には入れる保険が少なくなってしまいます。
中には心療内科の通院歴が過去5年以内にあるだけでお断りされる保険もあります。
1つでも多くの選択肢を持つためにも少しでも早い段階で保険に加入すると経済的にお得に加入できます。

どんなに健康的な人でも50代以降になると何かしらの持病をもつこにるので保険に加入したくなります。
しかし、年齢が上がれば上がるほど保険量は高くなってしまいます。
1円でも安く保険には入りたい人は、いい保険へ気軽に相談してみましょう。

発達障害を持つと仕事とかに悩んでうつ病を発症しやすい
だから、発達障害で悩んでいない人よりも入院するリスクが高くなってしまう💦
睡眠薬などの離脱をするために入院した人もいるらしいから不安だわぁ。
ADHDの薬、睡眠薬、うつ病の薬を長期的に飲んでる人は身体の負担がお大きいです。
うつ病になる可能性が他の人よりも高いので「医療保険」があるのとないのでは全然違います。
しかし、これからそれでも本当に「医療保険」が必要なのか多角的に見ながら説明します!

日本の国が守ってくれる高額療養費制度と自立支援制度

高額療養費制度のことを?

高額療養費制度とは
  • 大きな病にかかっても医療を一定額以下に留めてくれる
  • 収入によって医療費を抑えてくれる
  • 先進医療は高額療養費の対象外だ
  • 歯のインプラントや不妊治療、食事療も対象外だ
  • 今後改悪される可能性も否定できないのが要注意だ

病院関や薬局でかかった医療費の一月分で一定額を超えた場合支給される制度です。
対象となる医療費は保険適応となる分のみになります。

いつどこで私たちがどんな大きな病気になるかは分かりません。
もしものためにも、高額療養費制度の基礎知識をしっかり予め勉強しておきましょう。

大きな病気に掛かってもお金がなかったら入院できない💦
たかがでさえ貯金も少ないのに大きな病気にかかったら‥‥‥‥‥‥orz
大丈夫!
日本の国では、高額療養費制度があり一定の額なると留まってくれます!
基本的に入院日があまりにも高くて借金地獄になることはありません。







自立支援制度のことを?

自立支援制度とは
  • 心身の障害に対する医療費を国が負担してくれる
  • 精神的な疾患があり長期的な通院が必要な場合に使える制度だ
  • 通常3割負担が1割負担まで軽減される
  • 書類を出せば申請できる
  • 1年ごとに更新する必要がある
  • 特定の医療機関でしか使えない

全ての精神疾患を対象に、通院による継続的な治療が必要な人が利用できます。
精神通院医療で負担を軽くしてくれます。

ローンや生命保険などの利用ができない心配もあるかと思いますが‥‥‥‥‥‥。
自立支援医療を利用した経歴があったとしてもローンや生命保険などの利用ができなくなることはりません。

私もこれに関しては利用したことがあるわぁ💖
仕事ができず薬代だけが毎月かかりそうで困っていたの‥‥‥‥‥‥💦
うつ病で悩んでる時に心療内科の先生が「自立支援制度」を教えてくれたので通い続けることができたわ✨
多くの心療内科で使うことができる「自立支援制度」は私たちにとって強い味方です!
うつ病になると仕事ができずお金に苦しんで病院にさえ通えない心配をしてる人もいますが問題ありません。
通院日が1割負担まで軽減されるので負担なく長期的にうつ病の治療ができます。
病院一覧

先進医療が受けたいと思うなら医療保険がおすすめ


もしTMS治療とかに興味を持つタイプなら医療保険
  • うつ病を緩和できるTMS治療に少しでも興味があるなら医療保険がおすすめだ
  • 先進医療だと国民保険が使えないことがある
  • がんなどの病気は今後どんどん新しい治療が生まれてくれる
  • 古い治療より身体に負担がない新しい治療を望みたいなら医療保険が必要だ
  • 先端医療だから高いわけではない

TMS治療が医療保険の適用になるかな別ですが‥‥‥‥‥‥。
国民保険だと先端医療が使えません。
発達障害で悩んでる私たちにとって持病に悩みやすいので先端医療が使えないと身体に支障が出てしまいます。

もし、TMS治療とかでうつ病とかを緩和させたいという感情があるなら医療保険に入りましょう。
障害者が入れる保険であっても先端医療も受け入れてくれます。

今後どんな病気に対して新しい治療は増えていくとはずだわぁ。
だけど、先進医療は高額なものもあり保険適用にならないこともあるみたい‥‥‥‥‥‥orz
ちゃんとした治療を受けたいわぁ。
大丈夫!
医療保険にはいればお金の心配もなく安心して先端医療を受けれます!
もしTMS治療とかにも興味があるなら、「TMS治療」のページも読んでみましょう。
TMS治療

若いうちから一番安い医療保険のみ入るのがおすすめ

初めて入院したのはいつ?

若いうちの段階で保険に入ることをおすすめする理由
  • 加入する時に若ければ若いほど保険料が安く済む
  • 年齢が上がれば上がるほど持病を持つ可能性が高いので入りにくくなくて済む
  • 心療内科の通院歴があると入れない保険もあるので早い段階で入る方が無難だ
  • 高い保険は日本の国の制度で負担してくれるので必要のない可能性が高い
  • 特に発達障害の二次障害で悩んでいなければ早急に入ることをおすすめする

最低限の保険に若いうちから加入するのがベストです。
年齢が上がれば上がるほど保険料が高くなります。
もし二次障害が今後増えてしまうと、障害者が入れる保険の中でも選択肢がさらに狭くなってしまいます。

心療内科に通院することになり5年間保険に加入できなかったケースもあります。
健康的な状態であれば選べる保険もたくさんあるのでできる限りいち早くいい保険へ相談をしましょう!
もちろん、安くて「障害者が入れる保険」も紹介してくれます。

保険の営業マンから値段が高い保険を紹介されてしまった‥‥‥‥‥‥orz
私の給料だと払い続けれる自信がないわぁ💢
もっと安い保険を紹介してほしかった💦
大丈夫!
それなら、いい保険から安いプランを提案してもらいましょう!
大きな「病」が少ないならまだまだ安い保険がたくさんあります。

気軽に保険の相談ができるサービス


社保サポの評判は?
  • 経験豊富なFPが無料で相談してくれる
  • 障害者が入れる保険を紹介してくれる
  • 収入に合わせた少額の保険を紹介してくれる
  • 40社以上の保険会社から適切なプランを選んでくれる
  • ひとりひとりに最適な保障プランを作ってくれる

ここまでこの記事を読んでも不安な方は多いのではないでしょうか?
いい保険から一度保険の提案をしてみてはいかがでしょうか。

中には何度も入院をして貯金がなくなった方も多いです。
若いうちに保険に入っておくと、周りの人に迷惑をかけずに入院することができます。
保険をもし使わなければ良いとか言いますが50代以降になると段々と難しくなります。

最後は各保険会社との比較してより安い保険に入ることが一番です。
高い保険は、高額医療制度や自立支援などの国の支援を駆使しながら補助できるので必要ありません。
今は若いし体力があるから大丈夫でも年齢を重ねることにより持病のリスクが高くなります。

1社だけでなく40社以上の保険会社から選んでくれるから一番お得な保険を選べそう✨
収入が低くても入れる保険もあるんだって!
障害者が入れる保険もたくさんあることを初めて知ったわぁ💕
但し、どの保険会社にも当てはまることですが加入する時の年齢が上がるほど高くなります!
どんな人も最後は入院を繰り返すことになるので保険に入りたがる時が来ます!
できる限り早い段階で「保険」に入ればトータルコストも安く済みます。
※個人事業だと保険料は会社員時代よりも割高と感じるなら‼︎
個人事業主の方も社会保険への加入ができる仕組みを構築しました。
収入が増えても保険料は変わりません。
その為、個人事業主の方は保険料を大幅に削減することが可能となります。
>>社保サポ|フリーランスサポート協会の個人事業主の為の社会保険お問い合わせ

まとめ

発達障害で悩んでる人に必要な保険についてまとめました。
結論、一番安い医療保険に入るのがベストです!
障害者が入れる保険も実はたくさんあります。

未来は誰にでも分からないので、どの保険がベストかは「答」がありません。
しかし、今後を予想すると「高額療養費制度」などが改悪される可能性も否定できません。
何も医療保険には入らないのはリスクが高いのではないでしょうか。

今の現代社会の流れから日本の将来を予想すると国民一人一人が負担する額もどんどん増えていきます。
高額な保険に入る必要はありませんが………。
若い段階で保険に入るとトータル的に安く医療を受けることができます。
保険は若い段階から医療保険だけでも入っておきましょう。
今元気でも50代以降になると身体の負担も大きくなるので早めにはいることをおすすめします。
もし、どの医療保険には入れべ良いか分からないなら
に相談してみるのも一つの手です🎶
まずはクリックしてどんなサービスかチェックしてみましょう!

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「保険」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「保険」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?

上に戻る