金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

失敗しない障害者転職相談ができる障害者雇用のやり方

雇用形態は?

発達障害の人が障害者雇用を選ぶ理由は?
  • 仕事ができない
  • 職場の人と雑談ができない
  • いつも職場いじめに遭う
  • マニュアルや指示がないと動けない
  • マルチタスクができない
  • 同じことを何度も間違える
  • 遅刻をしてしまう

このページでは「障害者雇用」をしたいけどなかなかできず悩む人に必要な知識お伝えします。
障害者転職相談ができる転職エージェントから障害者雇用のメリットやデメリットを並べながら簡単に「やり方」をまとめてみました。

一般雇用で就職して、鬱で倒れてしまった人はいませんか?
無理やり苦手なことを押し付けられてしまい、「うつ病」になってしまう………orz
ストレスフリーで働ける「障害者雇用」なら配慮を受けることができるので長く勤めることができます!

とは言っても、そんな上手い話があるはずがない………。
今まで一般雇用で酷い目に遭い疑心暗技になっているのではないでしょうか。
そこで、一般雇用と違う特性に合わせた「障害者雇用」についての「やり方」の流れをお伝えします。









一般雇用では働けないの?

障害者転職相談ができる障害者雇用を選んだ理由は?

特性に合わせた障害者雇用を選んだ理由は?
  • 職場の配慮が欲しい
  • 障害者転職相談ができる
  • 発達障害の診断が出た
  • 鬱になってしまった
  • 向いてる仕事が分からない
  • 頑張っても面接が受からない
  • 職場の指示が理解できない
  • 仕事のスピードが遅い
  • パワハラから逃れたい
  • 何となく
  • 楽そうに思った

一般雇用ではなかなか上手くいかない。
自分は「障害者」だから一般雇用では働けない。

多種多様な理由があるとは思いますが「何となく」とか「楽そう」だけの理由で選ぶと損をしてしまいます。
面接に受からない理由も「転職エージェント」のサービスを活用すれば解決できることはあります。
最初から一般雇用を諦めてしまうと仕事のチャンスを奪われてしまいます。

うつ病で倒れると後の人生に響くのでブレーキをかけることは大切です!
選ぶポイントを知るために障害者転職相談ができる「障害者雇用」のメリットとデメリットをしっかりとしっかりと習得しておきましょう。
一歩踏み出せないなら
回避性の向いてる仕事







一般雇用

退職


——————一般雇用だと自分の身体が不安(汗

若いときにしか苦労はできなので「一般雇用」を選びたい。
だけど、「うつ病」が原因で倒れしまうと会社に迷惑をかけてしまうわ💦
障害者転職相談ができる場所が欲しいわ………orz
大丈夫!
自分に合った働き方を選べば「障害者雇用」で活躍できる人もいるのです。
どちらが良いか分からないなら「一般雇用と障害者雇用の違い」のページをチェックしてみましょう!
一般雇用と障害者雇用の違い

特性に合わせた障害者雇用のメリット

障害者雇用が働きやすい理由
  • 業務改善のやり方を学べる
  • 自分のペースで働ける
  • 休職がしやすい
  • 苦手な分野を避けてくれる
  • 短時間労働の選択肢を選べれる
  • 入社前に特製を伝えることができる
  • 転職のハードルが低いので内定しやすい
  • 特性に合わせた向き不向きの仕事選びができる
  • 予め極端に障害を受け入れない会社を避けれる

配慮をしてくれるので心理的負担が減り「うつ病」が発症し難くなります。
特に、大手企業が運営してる働きやすい仕事ばかりができる特例子会社の仕事なら働きやすいのです。

無理に「一般雇用」に努めて迷惑をかけるなら最初から「障害者雇用」を選ぶのも一つの手です。
中には「障害者雇用」になると評価されれるようになって給料が上がったケースもあります。

障害者雇用に偏見を持つ親だと選べない………。
そう嘆く当事者もいますが就職活動をして採用されすれば一般雇用とほぼ変わらないので安心して働けます。
結婚生活を続けながら「障害者雇用」で働く人もいます。

無理にできないことを「できる」と言ってしまうと後から迷惑をかけてしまうだけです。
初めから「できない」ことを素直に伝えれる障害者雇用なら、面接も通りやすいので安心して転職活動ができます!
働きやすい職場環境そのものが、障害者転職相談ができる障害者雇用が選ばれる理由なのです。
特例子会社の評判

障害者雇用のデメリット

障害者雇用でなく一般雇用を選ぶ理由
  • 出世し難い
  • 障害者雇用では任せられない分野もある
  • 給料が低い
  • 残業ができない
  • 単純作業が嫌いな人は業種が少ない

自ら考えて仕事ができる人には障害者雇用はおすすめしません………orz
中には運良く障害者雇用の中で良い会社に巡り会えた人もいるのですが物足りなさを感じてしまいます。

一般雇用と比べると就職はしやすいのですが入社後はあまり変わらないケースも多いのです。
自分の特性に合わせた職場選びさえすれば、「一般雇用」でも鬱にならずに長く勤めることができます。
障害者雇用ではなく自分の視点からだと「良い会社」だと思う会社で働けるようにしましょう!

過去を振り返り一般雇用で働ける意思あるなら「正社員に就職する方法」のページも合わせて読むと理解できます。
但し、また身の丈に合わない仕事をして鬱で倒れたら意味がありません。
もし、今度こそ長く同じ会社で働きたいと思うなら障害者雇用から入社する「やり方」を覚えて新しい道に向かいましょう!

入社後は、障害者雇用で成功しても一般雇用とあまり変わらない優遇であることも多いのです。
自分の意志だけで動ける力があるなら一般雇用にもチャレンジする価値は高いです!
発達障害の人が働いてそうな一般雇用を探すのも一つの手です。
正社員に就職する方法

障害者雇用に積極的な企業は発達障害の向いてる職場

企業側から見て障害者雇用をするメリットは?

発達障害を雇う企業側のメリットは?
  • ルーチンワークが多い
  • 社会的な評価が上がる
  • 自信を持たせればサボらない
  • 逆に障害を持っていない人が嫌がる仕事ができる
  • 助成金が貰える

企業は仕事ができる人以外は基本的にお金を貰っても雇いたいとは思いません。
国から高額な助成金を貰えても世の中は残念ながら良い方向に変わりません。
法律が厳しくなっても仕方なく雇う企業が増えるだけなのではと思うかもしれませんが実はそうではないのです。

国から評価された企業ほど、たまたま業種が発達障害の人が向いてる仕事だっただけなのです。
発達障害を持っていない人ほど嫌がる仕事をむしろ得意とするので雇うメリットが高いのです。
表彰されても、「発達障害」に特別な理解がなくたまたまだったことが多いのです。

障害を持っていない人ほど「雑用」の仕事は嫌がるわ✨
ここに気付けば、会社で仕事がもらえないどころか活躍ができて評価されるようになったわ💘
理想論としては障害者雇用で入るのでなく一般雇用で同じ会社に入ることなのですが………。
なかなか見抜ける方法に気付くまでは難しいところです。
この会社、発達障害の人が働いてそうだなと普段から考える癖を習慣をつけるようにしましょう。
向いてる仕事

仕事が怖くて身体が動かずやり方が分からないなら就労支援へ

仕事復帰のためのリハビリができる就労支援って?
  • 履歴書の書き方から面接の仕方も教えてくれる
  • 発達障害やうつに悩んでいる人が仕事に就くためのサポートをしてくれます
  • 終業後もサポートしてくれるので安心できる
  • 自己分析ができる
  • ストレスの対処方法を学べる

会社で働く勇気がないなら障害者のための就労移行支援事業所 LITALICOワークス へ通いましょう。
調べる気力もないほど鬱で倒れてる人にもオススメです。
障害者雇用に就職する「やり方」を丁寧に教えてくれます!

ハローワークでの面接の受け方セミナーもけして悪くはありませんが数時間の講義だけでは自分を変えることは難しいです。
退職してから月日が流れてしまって、履歴書に空白の時間がどんどんと伸びてしまい不安な方も多いのではないでしょうか。

自分の意思だけで仕事を探せる人や技術的な部分が足りずに就職できない人にはおすすめはできません。
しかし、たまに就労支援ってレベル低くない‥‥‥‥‥‥‥。
って口コミも聞きますが、そんな人ほど就職できない理由があるのではないでしょうか?



就職できず空回りしてしまう理由を探すためにも先ずは無料見学へメールで問い合わせをしましょう。
過去に行き詰まった時に「就労支援」を活用した人はお店のお客様の中でもいらっしゃいます。
ブランクがこれ以上開いて不安にならないためにも気になったら今すぐ行動するぐらいが丁度良いです。
※就労移行支援サービスを受けている間は工賃発生しません!
発達障害で就労に悩んでいてもお金に困っていない場合は見ないでください!
就労支援を受けたいが生活費が足りなければ受け続けることができません。
そこで、給付金を申請したいのに行政のページを見てもよくわからない人向けのサービスがあります。
>>失敗しない給付のための必要な手続きをご案内【退職NOTE】
リタリコの評判

障害者転職相談ができる転職エージェントのやり方


障害者枠で就職を希望してるならdodaチャレンジ から応募しましょう!
金輝 発達障害カフェバーのお客様の口コミは障害者枠の中ではかなり高いのです。
無料で転職アドバイザーが履歴書や職務経歴書のチェックからどんな仕事に向いているかアドバイスを受けれるのです。

職場の雰囲気とかは実際に転職をしてみないと分かりません。
環境が合わずに転職を繰り返してしまうと転職回数が増えてしまうだけです。
そこで、転職エージェントから業界の内部事情とかを聞いて面接前から続けれる職場かのチェックができるのです 。

職場選びは、コミュニケーション能力に悩む発達障害にとって慎重になりたいところです。
プロの転職アドバイザーによるチェックをしてから転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

dodaチャレンジ の口コミは障害者枠の転職エージェントの中でもっとも評判が高いです。
発達障害の特性に合わせて仕事も選んでくれるだけでなく求人も豊富です。
安定した大手企業の求人もたくさんあります!
障害者枠なら大企業で働けた人も多く正社員での募集をしている企業もありました。
アルバイトとしての契約の方が多いけれどしっかりと選べば月収20万円以上の正社員求人もあった💘
一般雇用よりも入りやすく最初から障害をオープンとして働く「やり方」が合っていたわぁ✨
dodaチャレンジの評判







アットジーピー【atGP】 は無料会員登録をWEBですると、2000件以上の求人を検索できます!

関西地方の求人も多く発達障害を持つ人だからこそ活躍できる大手企業の求人情報がたくさんあります。
ここでは不安な人のために「できる仕事」がある会社を紹介してくれる転職支援サービスがあり、アドバイザーが面接の日程や応募のお手伝いをしてくれます。
atGPの評判

まとめ

安心して長く働くために「障害者雇用」を選ぶと不安が減ります!
無理に高望みをして「一般雇用」を選べば迷惑をかけてしまうだけです。
うつ病で倒れないためにも「障害者雇用」にもチャレンジしましょう!

直ぐに就労が難しいのでしたら、障害者のための就労移行支援事業所 LITALICOワークス を活用してください。
先ずはリハビリとして就労支援で受講して社会に出れる準備をしましょう。
卒業後には就職できるようにしっかりとアドバイスを受ければ良いのです。
退職後は、就労支援もしくは転職エージェントのどちらかのサービスを選びましょう。
その時の生活費に困るようでしたら失敗しない給付のための必要な手続きをご案内【退職NOTE】へお問い合わせをしてみましょう。

障害者雇用で今直ぐにでも働けるのでしたら障害者転職相談ができる転職エージェントに無料登録をしましょう。
転職アドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。
発達障害の転職エージェンだと
がおすすめです🎶
迷うぐらいならどうせ無料なので気軽に全て登録をして片っ端から相談しましょう。
合わなければ早い段階で辞退すれば良いだけなのです。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「転職」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る