金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

既卒の未経験で職務経歴書が書けないならdodaチャレンジ


>>障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】
既卒から職務経歴書が増えると・・・
  • 職務経歴書の文字脱字で落とされてしまう
  • ブランクや転職回数だけで落とされる理由が満載なので自信がない
  • そもそも職務経歴書に書くほどの実績がない
  • 自分よりも仕事ができる年配の職務経歴書と比較してしまう
  • 既卒だと実績がないのでA4サイズ1枚分でさえ全く埋まらない

このページでは障害者雇用で就職するための「職務経歴書」の書き方で悩む人のための対策について解説します。
結論から言えば、転職エージェントの担当者様に添削してもらうことをおすすめします。
特に発達障害を持つ私たちにとって「書類選考」は大きな山場となります。

新卒の時点で「履歴書」とかの書き方で書類選考で落とされてしまった。
「職務経歴書」が増えると更に落とされる可能性が一気に高くなってしまう………orz

その一方で、全く勉強せずにアルバイトだけした人が即効に面接を受けて内定がもらえる話を聞くと落ち込む。
真面目な大学生活を過ごした人が負けて、いい加減な大学生活を過ごした人が勝つ理不尽な世の中に憤りを感じる。
そこで、dodaチャレンジ から落とされない「職務経歴書」の書き方を学ぶ必要あります!

職務経歴書の書き方は本を1冊熟読すれば内定がもらえるほど知識を得れます!
しかし、発達障害で悩む私たちにとって思わぬ過ちをしてしまいます。
そこで、dodaチャレンジ のアドバイスが必要になります。
一般雇用と障害者雇用の違い








新卒の立場を失った未経験な就職活動での悩み

既卒の就職活動・転職活動は新卒の時と比べて?

「新卒」と「時卒」の就職活動の違い
  • 職務経歴書の書き方が求めらえる
  • 「退職理由」は「ブランク」について聞かれる
  • ライバルが同じ立場の人でなく実務経験豊富な社会経験の高い先輩たちになる
  • 未経験での話し方が求められる
  • 学校の成績ではなく「実務経験」が求められる

基本的には、新卒との違いは「職務経歴書」の書き方が増えるだけであまり変わりません。
面接の内容も、職務経歴書で説明してることをそのまま伝えるだけなのです。

既卒の場合は、画稿の就職担当の先生は学校を卒業してしまった以上相談してくれません。
dodaチャレンジ のような転職エージェントに相談するぐらいの違いしかありません。

ちょっとした知識の違いだけで「新卒」も「既卒」も難易度はさほど変わりません。
大きく変わるのは「職務経歴書」の書き方が増えるだけになります。
詳しく知りたいなら「面談でお断りされた人の口コミ」についてのページもチェックしましょう。
面談でお断りされた人の口コミ






障害者雇用

障害者雇用


——————相談したけれど返事が来ない(汗

dodaチャレンジでお断りされなたいために
  • 上から目線で話さない
  • 転職活動にスムーズにする
  • 就職することにより解決できる内容のみ相談する
  • 求職者はお客様でないことを知る
  • 企業の採用担当者優先に動いてることに気付く

dodaチャレンジ は就職のプロだから何でも気軽に相談して良いわけではありません。
支援弾ではないのでスムーズに就職活動をしないといけないノルマがあります。

面談やメールの時点で「お断り」されてしまうことがあります。
発達障害を持ってるから支援された当たり前だと思う態度を示すと就職後に企業に迷惑をかけると思いお断りされることがあります。
心配なら、「面談でお断りされた人の口コミ」のページもチェックしてみましょう!

dodaチャレンジ は就職をサポートしれくれる団体なのね………orz
すぐに転職できないなら障害者のための就労移行支援事業所 LITALICOワークス が良いわぁ💗
不安になる必要ありません!
発達障害を持っていても真面目に仕事をしてる姿勢を示せば就職活動をサポートしてくれます!
念のため、「dodaチャレンジのデメリット」もチェックしておきましょう。
dodaチャレンジのデメリット

仕事が未経験で自信がないなら特例子会社


dodaチャレンジの障害者雇用が強い理由は大手グループの事務作業が多いから
  • 基本的に事務作業が多い
  • 特に大手グループ会社が運営する特例子会社の求人に強い
  • 単純作業しかないことが良くも悪くも評判が分かれている
  • 自分から動けるが人の話を聞けない人も仕事の練習だと割り切る
  • やりたい仕事も先ずは単純作業から経験しないと会社側から任せてくれない

一般雇用だと受け入れてくれないので障害者雇用にチャレンジすると物足りなさを感じる………orz
紹介されたけれど給料が低い、今の会社のやり方だと業績が悪くなるから頑張ろうとすると上司に邪魔をされた口コミもありました。
その一方で、特例子会社を運営する側の口をコミを聞くと意見がぶつかり仕事が止まること多いようです。

従業員数の多い職場ほどルールも細く決められており、特定の部署だけの判断だと会社の方針に疑問を抱くことは実はよくある話です。
各部署の現場によって会社の方針を細く分けると管理がスムーズに進まず会社が機能しなくってしまいます。
仮に会社の方針が間違えていたとしても、グループ会社全体で方針を合わせておかないと仕事が止まってしまいます。

もしそれができないなら、「起業すれば?」とアドバイスをしたら「それはちょっと・・・」となり何も出来ないことに気付いてないことが殆どです。
障害者雇用で特例子会社でも、出張をしたり、自分の意見を言える仕事ができた口コミもあります。
会社で意見が通らないなら、先ずは「障害者雇用」の立場のせいをせずに会社から信頼を得れるようにしましょう。

特例子会社で頑張って働きたいから意見を通したら怒られたわぁ………orz
真面目に働きたいだけなのに私の意見が却下された💢
先ずは「障害者雇用」のせいにせず一旦は「会社の方針」を受けれましょう。
障害者雇用で特例子会社で働きながら自分の意見を職場で通せた口コミもあります。
第一ステップとして会社側から「信頼」を得るために目の前にある仕事を素直に受けれましょう!
特例子会社の評判

職務経歴書のチェックは必ず面談でチェック

職務経歴書のチェックは?

dodaチャレンジに職務経歴書を添削する必要がある理由
  • 職務経歴書に「障害」でできないことを伝える方法を教えてくれる
  • 新卒と違って職務経歴書に自由な形式で自己PRを書ける
  • 勤めていた業務詳細や頑張って取得したことまで書類選考の時点で自己PRできる
  • 30代以降であればリーダー経験を書くと受かる確率が上がる
  • 志望動機も書くと面接が苦手でも受かりやすくなる
  • 面接官が確認するポイントを教えてくれる
  • できる人の「職務経歴書」の書き方を教えてくれる
  • 思わぬところでの「脱字」がないかチェックしてくれる
  • ADHDがあってもパソコンで作れば脱字の心配はない

職務経歴書は完璧なテンプレートが完成すればパソコンで印刷すれば文字脱字の心配もありません。
いくら字が汚くても読みやすい文書で書類を出せるだけでなくパソコン操作ができることを自己PRできます。
それどころか、障害者雇用であれば職務経歴書に「発達障害」のことをカミングアウトすることもできます。。

障害のカミングアウトも工夫が必要で職場のトラブルメーカーとなるような書き方をすれば障害者雇用でも落とされてしまいます。
ちょっとした書き方で書類選考だけで落とされてしまう可能性があります。
だからこそ、障害者雇用に詳しいdodaチャレンジ の的確な職務経歴書の添削が必要になります。

また、あまりにも実績がなく長期戦になりそうなら障害者のための就労移行支援事業所 LITALICOワークス へ通いましょう。
一旦は遠回りすることになりますが、仕事で活躍するための「訓練」を受けることにより成長することができます。

職務経歴書の添削をしてくれるのは嬉しいけれど、発達障害があると他にも落とされる理由が………orz
いくら努力をしても発達障害を持ってる自分から逃げれない💦
面接対策はそもそも職務経歴書さえできれば良いだけではありません………。
もし、長期戦になりそうなら障害者のための就労移行支援事業所 LITALICOワークス へ通いましょう。
気になるなら、「リタリコ評判」のページもチェックしていましょう!
リタリコの評判

発達障害の特性を活かしたいならatGP

>>障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】
得意があるならatGPを無料登録をおすすめする理由
  • 単純作業よりもスキルを活かせる仕事がある
  • 特例子会社の事務作業だけでなくニッチな仕事がある
  • 資格を活かせる仕事がある
  • 好きなことを仕事にできる
  • 他のエージェントよりも副業を認めてくれる職場に出会えやすい

特例子会社だと大手グループが運営してるので自分の意見が通らない。
障害者雇用だと事務の仕事が多くてやりがいがない。
本当は今まで勉強したことを障害者雇用で活かしたい。

それなら、アットジーピー【atGP】 がおすすめです。
プログラミングができるから障害者雇用でIT企業、英検1級を取ったから外資系、簿記の資格があるから会計士など自分の得意を仕事としてできます。
今まで頑張ってきたことを仕事にしたいならアットジーピー【atGP】 が良いです。

もちろん、障害者越ゆが多い事務仕事も豊富にありますが無料登録して自分の得意を活かせる仕事がないか相談してみましょう。
もしかすると今まで頑張ってきたことが障害者雇用で活かせるかもしれません。



障害者雇用だと単純作業が多いので「やりがい」を感じない口コミも多いです。
もっと自分の意見が通る仕事をしたいならアットジーピー【atGP】 がおすすめです!
もし、もっと深く知りたいならアットジーピー【atGP】 の評判のページもチェックしてみましょう。
atGPの評判

まとめ

「新卒」と「既卒」の就職活動の難易度は若干難しくなるだけです。
しかし、残念ながら「職務経歴書」の書き方すら学べずに面接を受けて不採用になる人が続出してます。
そこで、dodaチャレンジ に「職務経歴書」を添削してもらう必要があります。

発達障害を持っていなければ、本屋で面接対策の書籍を1冊熟読すれば基本的には再就職は可能です。
発達障害で悩む私たちにとって就職活動中に思わぬ過ちをしてる可能性があります。
障害者雇用のdodaチャレンジ にしっかりとアドバイスが必要になります。

「新卒」と違い学校の就職担当の先生から指導を受けることができません。
卒業後の就職活動は、dodaチャレンジ のような転職エージェントからアドバイスを受ける必要があります!
学校は卒業してしまったけれど、すぐに就職活動ができないなら就労支援へ通いましょう。
障害者のための就労移行支援事業所 LITALICOワークス なら最大手の就労支援なので安心して就職活動の準備ができます!

また、障害者雇用だと単純作業ばかりで物足りない。 希望する職種が片方の転職エージェントサービスでないことはよくあります。
多くの企業は求人を募集するだけでも費用が掛かるので片方にしか連載していません。
迷うぐらいならどうせ無料なので気軽に全て登録をして片っ端から相談しましょう。
合わなければ早い段階で辞退すれば良いだけなのです。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「障害者雇用」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る