支援学校と通信制高校のメリットとデメリットは?

後悔せずに発達障害などの理由で高校を選ぶなら?

支援学校と通信制高校の選ぶメリットとデメリットは?
  • 支援学校は高等部卒業資格なので高卒でなくなる
  • 支援学校は基本的に留年や退学はないので問題を起こさない限り入学さえできれば卒業できる
  • 支援学校からの進学は高卒資格でないので難しい
  • 軽度なら基本的に通信制高校で卒業できる
  • 支援学校でもいじめはあるが通常の学校よりは「まし」だ
  • 通常の学校で偏差値が低くても「いじめ」がないところもある
  • 支援学校は通学のバスがあるので通学しやすい
  • 支援学校は体調が悪くなったら保健室へすぐにいける
  • 支援学校の勉強は小学校レベルだがエリートグループに入ると就職に有利になる
  • 支援学校の大半の就職先はB型作業所だ
  • 支援学校から一般企業の就職できるのは1割程度で、クリーニング屋、スーパーのバックヤード、介護職となります

通信制高校なら、東大や京大、阪大レベルの国公立へ進学する生徒もいらっしゃいます。
小中学校で不登校だった子も通信制高校で高校卒業しています。
支援学校では、進学するなら就労支援や職業訓練ぐらいとなります。

通信制高校に通って、もし可能ならアルバイトにもチャレンジしてみましょう。
週1でも良いので仕事の練習にもなるので昼間から働いてる生徒さんもいらっしゃいます。
発達障害の人に向いてるバイトを探してみましょう!

支援学校でエリートグループに入ると、優先的にパソコンの授業を受けることもできます。
重度の同級生の面倒を見ることもがあるので嫌がることもあるらしいですが、「福祉」の仕事の練習にもなるのでここは大きいかもしれません。
課題ができないのに、無理に通信制高校へ進学したら入学後に苦労するので自ら動けないなら支援学校へ通いましょう。

発達障害の症状が軽度でなく自ら課題ができないなら支援学校へ通うことも選択肢としてはありです。
支援学校では、1クラスに3人の先生がいるので安心して授業を受けることができます。
大阪で発達障害を受け入れる支援学校の一覧はこのページの下記にあります。
支援学校と通信制高校は提出物の課題を自らできるかなのね💫
提出物さえできれば高校の卒業は取れるみたい💓
学校の夏休みの宿題を延々と繰り返してできるなら通信制高校も良いかも⁉️

※通信制高校の無料資料請求
通学日数が少ない通信制高校、専門技術の実につく通信制高校、通学できるのです。
中学生、転校を考える高校生、高校中退者、中卒者、発達障害、引きこもりの方などの理由がある方におすすめです。
家にいながら高校を卒業できます。
>>発達障がいの生徒を受け入れる通信制高校

大阪市で発達障害を受け入れる学校


東大阪市で発達障害を受け入れる学校


大阪府立たまがわ高等支援学校の口コミ

大阪府立たまがわ高等支援学校の口コミは?
  • 本人及び保護者の住所が大阪府にある必要がある
  • 療育手帳を所持してる又は公的機関により知的障害を有すると判定を受けた
  • 通学バスがないので自主的に通学ができる必要がある
  • ものづくり科、福祉・園芸科、流通サービス科から選択できる
  • よくある人間関係のトラブルはあるがいじめはほぼない

支援学校の中でも人気の高く特にオススメです。
軽度の知的障害なら通信制高校と比較しなら選びましょう。
小中学校で不登校だった子も通信制高校で高校卒業しています。

人と交流することを支援学校で学びたいなら、支援学校が良いでしょう。
学校の先生と社会で仕事ができるように活躍するための授業もあります。

たまがわ高等支援学校を卒業しないと何もできないことはありません。
一番問題なのは支援学校や就職もせず何もしないことです。
自分の能力に合った学校に通うことが大切なのです!
支援学校では将来のための仕事の練習もできた💫
通学バスもあるので遅刻する心配もなく無事に卒業できそう💓

堺市で発達障害を受け入れる学校


豊中市で発達障害を受け入れる学校


富田林市で発達障害を受け入れる学校


茨木市で発達障害を受け入れる学校


吹田市で発達障害を受け入れる学校


高槻市で発達障害を受け入れる学校


寝屋川市で発達障害を受け入れる学校


守口市で発達障害を受け入れる学校


泉佐野市で発達障害を受け入れる学校


羽曳野市で発達障害を受け入れる学校


藤井寺市で発達障害を受け入れる学校


交野市で発達障害を受け入れる学校


和泉市で発達障害を受け入れる学校


四條畷市で発達障害を受け入れる学校


岸和田市で発達障害を受け入れる学校


八尾市で発達障害を受け入れる学校


箕面市で発達障害を受け入れる学校


上に戻る