金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

発達障害の人が医師として活躍するには

医師を辞めたくても辞めれないと思う理由
  • 収入が高いので辞め辛い
  • 医師免許を持つために必死に頑張った
  • 奨学金をまだ返せておらず学費が無駄になる

今回の記事では「発達障害」の方が医師として働くために必要なスキルや就職に必要な準備について解説します。
子供の頃から勉強が得意だったので一番難しいと思う医師免許に魅力を感じて医師になった。
親も安心してくれるのでここまで頑張ったけれど手先が不器用で生涯働ける自信がないと思ったことはありませんか?

手先が不器用なので治療ができない、気の強い女性看護師との関係が悪い、ADHDなのでミスしそうで怖い‥‥‥‥‥‥orz
学校の環境と違い医師になるとリアルな壁を感じた発達さんは多いです。

ここまで努力した結果を無駄にはしたくないので他の仕事に転職したいと思えない‥‥‥‥‥‥。
医師を目指した発達障害の人が今までどうやって乗り越えたのかを記事にまとめてみました。
リアルな先輩達の意見ばかり並べてるので参考になります。

この記事を最後まで読めば、このまま医師の道に進むべきかを確かめられます。
医師以外に転職するにもどんな道があるか、どうやって困難を乗り越えたか。
発達障害に悩むリアルな克服体験をまとめてみました!








手先が不器用な医師の悩み一覧

医師の仕事を辞めたいと思う理由
  • 雑務が多い
  • 手術とかで手先の器用さが求められる
  • 診察でコミュ力が求められる
  • 看護師が手伝ってくれるが女性社会なのでやり辛い
  • ADHDの特性があると絶対に許されないことがあるのでキツい

人の命に関わる仕事なので発達障害を持つとヒヤヒヤすることがあります。
基本的に同じことの繰り替えしですが救命病棟とかだと急な対応が求められることがあります。
他にもどの病棟にも看護師が働いてるので女性社会の中で働かなくてはいけません。

医師の仕事はミスが許されない仕事も多いです。
診察では患者とのコミュニケーション能力も求められます。

だったら、医師の仕事を辞めれば?
と言われても、医師になる人の多くは真面目な人も多いので辞めれないのが正直なところです。
そこで、次項から医師の仕事で悩んでる人の口コミをまとめてお伝えします。

医師はどちらかと言えば自閉症スペクトラムよりの仕事となります。
言語性IQが低いので最初の数年〜5年は苦しむことも多いです。
ミスがどうしても治らないなら「ADHDの向いてる仕事」のページもチェックしてみましょう。
ADHDの向いてる仕事

克服の仕方

医療業界としてそのまま働くための対策
  • 看護師と仲良くする
  • 精神科もしくは心療内科に転職する
  • 薬局で働く

結論だけ言えば、医療現場で働くためには「看護師」と仲良くするのが一番です。
看護師と仲良くすることができれば、発達障害の特性で絶対にできないこともしてくれるので頼りになります。
看護師さん自身が職場で「活躍できてる」と思えるように接しましょう!

女性社会は難しい話も聞くかもしれませんが、医師の立場を利用すればスムーズに仕事ができるので心配要りません。
むしろ看護師さんがいるから医師の仕事ができるケースも多いのです。

次項から不器用中田のために、心療内科や薬局に転職する方法もお伝えします。
研修を受ければ心療内科に転職することも可能です!

学校の勉強と違い評価の差れ方が違います。
もしどちらか言えば、「人を助ける仕事」に興味があるならこちらもチェックしましょう。
仕事が合わないと思うなら早い段階で方向性を変えるのも1つの手です。
人を助ける仕事

精神科に方向性を変える対策

精神科が発達障害持ちの医師に選ばれる理由
  • 手先の不器用さ求められない
  • 立場が同じなので患者の気持ちになって接することができる
  • 絶対にミスが許されない仕事が少ない
  • 手術がないので一刻も争うほどの急な対応がない
  • 意外だがコミュニケーション能力が磨かれやすい

手先が不器用で治療ができない、人の命に関わるいミスをしてしまう、急病の対応で固まる‥‥‥‥‥‥。

精神科に転職すると全て悩みを解決できます。
同じ立場の人が患者として診断を受けてるので接しやすいのです。

精神科に受診してる時に自分と同じタイプの人が医師に診断をされているか試しに見てみましょう。
精神科以外でも、診察を受けた時にどの病院が自分と同じタイプの医師が働いているかもチェックしてみましょう。
自分と同じタイプの医師が働いている病院で働くとスムーズに叩けるので仕事を継続できます。

コミュニケーションが苦手でも大丈夫!!
仕事をしながら患者と話してると自然とコミュニケーション能力が磨かれます。
一から覚えないといけない分野も医師の免許があれば「研修」を受ければ良いのです。
発達障害を持つと病院で働けないと思っていたけれど違うのね💦
前の病院で苦戦したことが次の病院で思わぬところで生かされることもあるねのね✨
病院一覧

薬局で薬剤師になるのも1つの手

薬局で働くためには?
  • 薬剤師の資格があると良いが登録販売者だけでも良い
  • 手先が不器用でも働ける
  • コミュニケーション能力は必要だが医師ほど求められない
  • 女性社会特有の派閥が病院ほどない
  • 病院ほど重い病気の人も多くないので

医師の業務が難しいと感じるなら薬局で働くのもありです。
急な対応。
資格よりも「啓発本」に書かれたことを伝えれる「歩く啓発に特化したWikipedia」になることを目指しましょう。

ユーキャンの登録販売者講座から相談できるネタを本から探してみましょう。
ただ、資格を取っておけばより就職に有利と言えるでしょう。
資格取得への最も近い道は大学院で心理学を学ぶことと言われています。

薬剤師の仕事は接客力も求められます。
医師や営業の仕事と違ったコミュニケーション能力が求められます。
発達さんにとって接客だと「簡単だった」との口コミもありますが念のため接客のページもチェックしましょう!
接客の仕事 ※薬剤師を目指すなら無料登録をしてから相談
マッチング率の高い薬剤師の転職をお手伝いをしてくれるのがお仕事ラボです!
面接への同行などしっかりとサポートしてくれます。
>>ユーキャンの登録販売者講座

医師の転職支援サービス

>>医師転職ドットコム
医者ドットコムが選ばれ理由は?
  • 業界でトップクラスの求人数がある
  • すばらく対応してくれるのでスムーズに就職できる
  • 病院の内部事情まで把握してくれる
  • 医師の転職に詳しいコンサルティングが提案してくれる
  • 自分にピッタリな病院と巡り会える

医療ドットコムに無料相談すれば自分の特性に合わせた病院を選んでくれます。
研修を受ける必要はあるのですが、精神科とかに転職するのも1つです。
同じ立場の悩みがあるので、同じ立場になってコミュニケーションも取れるので評価されやすいです♪

病院の内部事情を知りながらどんな病院が合ってるかを教えてくれます。
前の病院で躓いたことを正直に話すことによりスムーズに働ける職場で働けるのです。

無料相談は面接ではないので誤魔化す必要はありません。
ここで発達障害の悩みをカミングアウトしても良いのです!

新しい病院で働けば新卒と同じ気持ちでもう一度やり直せます!
初心に戻って働きましょう。
精神科だと先輩達が発達障害の悩みを持っていたりするので馴染めやすいです。
発達障害で悩んでる人が働いてることが多いので精神科は働きやすいわ✨
病院を変えたり精神科に転職したりするだけでこんなにも変わるのね!
私も転職してみようっと💓
苦手な面接対策 ※がっつり働くのが難しいならアルバイトとして医師を目指す
同じ病院でもアルバイトとして働くことにより負担を減らせます。
アルバイトでも医師として働けば生活できるだけの収入もあります!
>>医師のバイト探しなら「医師バイトドットコム」

まとめ

本記事では発達障害を抱える方に向けて「医師の仕事」についてご紹介しました。
医師の仕事をしても人命に関わる仕事を避けることもできます。
薬局や精神科に通うだけでこんなにも働きやすくなると思ってもなかった口コミは多いのです。

薬局で働くなら国家資格を取るのでなくユーキャンの登録販売者講座を取得するのが最短で取れます!
また、自分一人で抱え込まず、周りの人へ相談することも有効的です。
困った時はぜひ、発達障害アートカフェバー金輝へお問い合わせください。

発達障害を持つと医師の仕事ができないことはありません!
薬剤師に転職をしたり病院へ通うだけでも働きやすくなるのです。
自分自信を変えるのも悪くはりませんが思い切って自分を変えるのも賢明な判断です!
病院を変えてもう一度初心に戻って働きたいなら
が良いです。
手先が不器用でも簡単に転職できます!

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「転職」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る