金輝きんき 発達アートギャラリーカフェ・バー

大人の発達障害


人口の1〜2割弱ほどの人が発達障害を持つと考えています。
学生時代を思い出して下さい。
何処の学校にも一人は居たと思います。
本を読めな子、九九が出来ない子、遅刻魔、忘れ物の王者。

中には誰にも理解してもらえず本人の甘えか親のしつけの問題として片付けられてしまい負の連鎖に陥ってしまい二次障害持ってしまう程追い込まれることもあります。
今となれば幼少期に周りの先生に気付いてもらえるケースも少しずつは増えてはいますが誰にも気付かれず成人してから気付く人も多いのが現状です。
ニュースとかで、大人の発達障害について放送される頻度が増えてきました。
ADHDアスペルガー症候群自閉症スペクトラム学習障害などがあります。
しかし、名前でだけが一人歩きしている状態であるため発達障害の症状や対策が全く認知されていないのです。

人の空気が読めない人、暴走してしまう人、やる気を起こせない人、仕事でミスをしてしまう人。本人は精一杯努力してるのに思うように結果が出せない人が身近に居ます。
甘えてるわけでもなく悪い人でもないのに、周囲と比較すると他の人よりも浮いている。
二次障害を持ってから病院で診断されて初めて気づく人も多いです。
発達障害の支援センター就労支援も増えてきていますが、病院で診断される人があまりにも増え過ぎてしまい追い付いていない状態です。
病院でも酷いところであれば、予約をするだけで1年待のケースもあります。

日常生活や職場の様子で分かる発達障害の診断チェックリスト

  • 人付き合いが苦手
  • 転職歴が多い或は勤務期間が短い
  • 一人だけ浮いてしまう
  • 二つのことを同時にできない
  • 計画性や段取りが悪く不注意


能力があっても仕事に付けれない発達障害の人のための【ラルゴ高田馬場】 など、インターネットで登録をして金輝付近で大阪にある発達障害の就職支援を受けれるサービスも近年は充実しております。
東京や大阪にある就労移行支援でのスキルアップやメンタルのトレーニングもサポートできます。
関東オフィスだけなく、大阪にも金輝付近にある関西オフィスもあるのでとっても便利です。
私達は、やる気さえあれば定職に就ける環境は少ないながらも整ってはいます。
適職に就けるように相談しながら職場選びをしっかりと事前に行いましょう。

発達障害の人が甘えと言われ理解されず苦しむ原因


単刀直入に言えば、日本社会では個性の強い考え方は受け入れない社会なのが根本的な原因です。
高速道路や新幹線のように組織的に大勢の人の力で作るモノは世界的に需要が高く評価されていますが、残念ながら事業家や芸術家のような強い個性を受け入れてくれる環境が殆どありません。

協調性が重視され必要以上に完璧性を求められています。
本来なら大事な意見だとしても、出る杭は打たれる社会なので斬新なアイディアだと評価されるべき点であっても批判されてしまうのです。 個性か強いと周囲の輪を崩してしまう考え方が尊重してしまっています。

発達障害の症状が軽くても周囲から気付かずに自分に甘えているだけだと思われてしまい苦しむ人も多いのです。
周囲から浮いてしまう存在として扱われてしまいます。
次第には、フォローしてくれる人も減り「できない」のでなく「やらない」と思われてしまい怠け者扱いされ評価され任されるのです。
個性として評価されるはずの特性も見逃されてしまい組織全体の評価が優先されてしまい個々の評価はどうでもよい存在となってしまうのが日本社会なのです。

個人としては評価の高い発達障害の人が、日本社会の仕組みで生きていくと能力があっても貶されてしまいます。
活躍するべき人も「自分はできない」と思ってしまいやる気を失い社会に溶け込めなくなってしまうのです。
このように私達が持っている症状が甘えと思われてしまい苦しんでしまうのです。

天然キャラな注意欠陥/多動性障害(ADHD)

ADHDは10〜20人に1人とも言われるほどの最も多い発達障害でもあります。
本人の性格は真面目なのに宿題を毎日忘れる子。職場の勤務態度は真面目なのに何度も同じミスをしてしまう人。じっとしていられない人。

本人のやる気はあるのに周囲からやる気がないと思われてしまい自尊心を失ってしまいます。
その一方、独自の感受性を持ったり行動力が高い人も多く居ます。
計画的に行動を起こせない人があまりにも多いだけなのです。

身近にいる場合は、ダブルチェックの作業を当たり前にしたり周囲を引っ張って行動を起こすのと行動を起こすための計画を立てるのを役割分担させることです。
行動力を暴走と思わないようにする。
注意力散漫だけど中には周りを常に見れるタイプも多いのです。

グループ行動が苦手な広汎性発達障害(PDD)・自閉症スペクトラム(ASD)

人の顔を覚えたり相手の気持ちを読んだり空気を読むのが苦手な人です。
コミュニケーション能力に欠けているのです。

特定のパターンを好むので人と話す仕事や臨機応変な対応が求められる仕事に向いていません。
その一方、単調作業や規則に沿った作業に向いています。
分析関係やIT関係の仕事で活躍できる方も多く居ます。

特定の能力が苦手な学習障害(LD)

ある能力に偏りがある人です。
文字の読み書きが苦手な人。計算が苦手な人。
苦手分野の職種は極力避けるべきでしょう。

その一方、得意分野の仕事に就くと成功しやすいです。
計算が出来なくてもレジのような機械を使用すれば計算が出来たり文字を書くのが苦手でもパソコンなら打てるパターンもあります。
アインシュタインのように死ぬまで計算が苦手なのにノーベル物理学賞を取ったり。
大きな実績を残せるのは稀なケースかもしれませんが、計算が苦手でも電卓を使えば計算ができるようにフォローする何かしらのものがあれば十分に生活していけるのも大きな特徴です。

発達障害者支援法によって支えられてること

2016年5月、発達障害者支援法が改正されました。
この法律により充分とまでは行きませんが、国レベルで発達障害を支援しないといけなくなる動きになります。

これまで知的障害の方のみの支援でしたが、広汎性発達障害自閉症スペクトラムADHD学習障害の方も支援の対象になるようになります。
この法律のよって私達は以下のことが支えられるようになるのです。
  • 社会的障壁の除去
  • 障害にわたり切れ目のない支援。教育・福祉・医療(病院)・労働
  • 就労の定着を支援(数論支援)
  • 教育現場において個別支援企画、指導計画の作成を推進
  • 支援センターの増設

女性の発達障害が持つ特徴


発達障害の診断基準は男性向けに作られています。
そのため医者からも女性の発達障害は見逃されやすいのです。
女性は男性と比べ元からコミュニケーション能力も高いのです。

コミュニケーションができるのに発達障害だと矛盾しているようですが、よく見ると特定の分野しか話せなかったり話の視野が偏っていたりします。
よく見ると特定の分野のみ得意だったりするので人によってコミュニケーション能力の評価が異なっていたりするのです。
原因不明の体調不良になることも多くメルトダウンしてしまうこともあります。

コミュニケーション能力が高いので分かりずらいかもしれませんが男性よりもトラウマを抱えやすいのも大きな特徴なのです。
求められるコミュニケーション能力も男性よりも高いので上手く行っているように見えてしまうのです。


発達障害のグレーゾーン


何かしらの理由で発達障害の支援を受けれない人達のことをグレーゾーンと呼ばれています。
大阪にある金輝のお客様に多いパターンです。
支援を受けれない理由は様々です。

病院の診断を受けようにも症状が軽く鬱になってるわけでもないので受ける理由がない、親の反対がある、周囲に理解者がいない、本人が気づかない。
実際のところ、こういう人達は支援を受けたくても受けれないどころか一番苦労しています。
理解もなくその程度なら努力すればできると思われてしまい罵声を浴びられやすいので苦労しやすいのです。
鬱になっているわけでもないのでまだ大丈夫だと認識されて改善されるまで何度も怒られてしまい不安になりやすいです。
危うい状態でしたら逃げるのも大事です。

鬱になる前に必ず発達障害の診断を受けて自己分析をすることを強くオススメ致します。

発達障害といじめ問題


発達障害を持つ人の悩みを聞くと殆どの人が学生時代のいじめを今でも忘れずに過ごしてしまっている人が多いようです。
大阪にある金輝でも、いじめをテーマにした哲学カフェバーの集まりを開催したりしています。

クラス全員に否定され続けてしまい「自分がダメ」と思うの当たり前になってしまっている。
悩まなくてもいいことを悪く考えてしまいトラウマになってしまってる。
不登校になってしまい学校で勉強することもできなくなってしまったケースもあります。
中には刑事責任を問われるような内容のいじめもあります。

対応方法としましては加害者が悪いのは言うまでもない話ですが、被害者にならない工夫は尽くすべきです。
お金のない人に美味しいレストランへ行ったなど裕福な思いをした話をしない等、人によって距離を置く場所が違うことを少しずつ学んでいきましょう。

自分がさりげなくした行動は世界中の誰も同じようにできるわけではありません。
逆に言えはこの人にはある分野の自慢話や冗談を言っても良いとか人によって超えても良い境界線を判断できれば話しても良いのです。
この境界線は相手が我慢してくれるとかではなく自分に対して興味を持ってくれるかの見極めが必要なのです。
妬まれないように自分を出す工夫も大事なのです。

上に戻る

Copyright (C) 2016-2017 ネクストBOX All Rights Reserved.