金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

発達障害がデータサイエンティストを学べるニューロダイブの評判

発達障害がデータサイエンストを学べるニューロダイブの評判

発達障害がデータサイエンストを学べるニューロダイブの評判

データサイエンティストを学べるニューロダイブの評判って?
  • 一般雇用のIT業界で働けない発達障害に向けた障害者雇用の就職支援を受けられる
  • データサイエンティストやAIの仕事をしたいならおすすめだ
  • 機械学習プログラミングに適した言語で、データマイニングの開発を学べる
  • フリーランスよりも、障害者雇用として会社で就職したい人におすすめだ
  • 東京、神奈川県、大阪、福岡の事業所がる
  • IT業界未経験でも通所できるが、見学の時に「この人だと難しいな」と判断されると断られることがある
  • 基本的に大卒以上でないといけないことにはなってるが、頑張る意欲を見学で示せば高卒でも受け入れてくれる
  • 数ヶ月に一度定期的に、企業のIT人事担当者が来てくれるので、作品を見せたら就職が決まった利用者もいる
  • 福祉っぽさが弱いので、知的障害があると、就職をすることが難しいか、もしくは通所を断られることがある

結論だけ言えば、金輝 発達障害カフェバーの中の人が知る限り一番内容が厳しい就労移行支なります。
3回ほど通所する前にニューロダイブに見学へ行くことになりますが、この人だと難しそうだと思われることもあると断れることもあります。
高学歴は言い過ぎかもしれませんが、大卒以上でないと通所できない口コミもありますが、実際には頑張る意欲を示せば高卒でも受けられます。

良くも悪くも、AIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】 (広告)は内容が難しいです。
その代わり、就職できている利用者はIT特化型の割には就職率は高く、障害者雇用でも大手企業に就職できた利用者もいます。
数ヶ月に一度に定期的に開催歳してるIT人事担当者が集まる機会を設けてくれますが、作品が評価されてヤフーに就職できた事例まであります。

頑張って評価されれば、障害者雇用でも年収500万円も夢ではありません。
障害者雇用で働きながら、子供を育てができるほど稼げるだけでなく家も買えます。
ただし、継続的に学ぶ姿勢がないと厳しく、この人は難しいと判断されると通所さえ断られることもあるのが唯一のデメリットとなります。
この記事を通して、「発達障害がデータサイエンティストを学べるニューロダイブの評判」についてまとめました!

障害者雇用でデータサイエンティストの仕事を目指せる就労移行支援となります。
発達障害があっても、ITの勉強が嫌いでなければ高収入な障害者雇用も夢ではりません!
もし、IT業界を続けられる心配があるなら「ITエンジニアに向いてないと思った時に試すこと」のページをチェックしましょう。
ITエンジニアに向いてないと
思った時に試すこと









IT特化型でもガチで学べる就労移行支援がニューロダイブ

AIの仕事を?

IT特化型でもガチで学べるのがニューロダイブ
  • 就労移行支援だから、内容が楽ではなくむしろ難しい
  • 福祉を最大限に意識した就労移行支援でない
  • ITの就労移行支援に通所するか、専門学校に通うか迷った人にもおすすめできる
  • 高スペックで高収入な、データサイエンティストの仕事に就ける
  • やる気のないところから、仕事ができず立ち止まってる人にはおすすめできない
  • 高学歴でないと断られる口コミもあるが、高卒であっても受け入れた事例もある
  • 余談だが、金輝 発達障害カフェバで開催したフェスタマイノリティ第二回に参加してくれた

ここでは何度でも言いますが、AIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】 (広告)は難しいです。
これがニューロダイブのメリットでもありデメリットでもあります。
その代わり、障害者雇用での年収ランキングの載るようなITエンジニアを目指せます。

福祉を重視していない分、かなり高度なスキルを学べます。
数ヶ月に一度定期的に開催してるIT業界の人事を集めた交流会も開催しています。
ここで、あなたの自慢のポートフォリを作品を見せましょう。
気に入られると、ここで就職が決まることもあります。

発達障害があっても、高度なAIやデータサイエンティストの仕事を目指すことができるのです。
特にIQが高いけど、生きづらいHSPギフテッドでうつ病になりやすいのであれば最高の就労移行支援となります。
実際に、大手企業して有名なヤフーに就職できた利用者もおり、高収入な仕事で働けた事例もあります。
障害者雇用で叩きながら、奥さんや子供を養えるだけでなく、家を買えた利用者もいます。

AIやデーターサイエンティストの分野はIT業界の中でも、単価の高い仕事が多く、業界全体で発展してきています。
グーグルの検索システムも、AIを活用して一人一人に合わせた検索結果を表示させています。
有名なAIツールだとGhatGPTなどがあり、ニューロダイブの卒業生が活躍しているのです。
卒業後は技術を更に学ぶだけでなく、高収入な仕事をして楽しくエンジョイしながら過ごせてます。

少し余談ですが、金輝 発達障害カフェバーが開催してるフェスタマイノリティ第二回にも出展してくれました。
講演会もしてくれたので、非常にも上がるだけでなく勉強になりまいた。
ありがとうございます!!!

ガチ向けがAIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】 (広告)はとなります。
正直、内容が難しいのでITに少しでも興味があるからだけだとおすすめできるわけではありません。
その代わり、しっかりとした環境であればITスキルがあるから頑張れる人はおすすめできます。
障害者雇用ならIT業界で
活躍できる理由






就労移行支援ニューロダイブの見学中は3回ほどあり入試テストだと思うこと

就労移行支援ニューロダイブの見学中は3回ほどあり入試テストだと思うこと


——————就労移行支援ニューロダイブの見学中は面接だと思うべき

就労移行支援ニューロダイブの見学中は3回ほどあり入試テストだと思うこと
  • 3回ある見学中に通所を断られた事例もある
  • 可能なら、過去に作ったポートフォリの作品などを見学中に用意しておくことだ
  • 大卒でないのであれば、高学歴でないと断られることがあるので可能なら卒業した学校の成績表も用意することがおすすめだ
  • 見学中でもしっかりとやる気を示すことが大事で、お客様としてではなく面接を受けてる気持ちで話すことだ
  • 3回ある見学をクリアできれば、ハイスペックなデータサイエンティストの勉強ができて就職の準備ができるニューロダイブに通所できる

ニューロダイブは厳しいけど、頑張れば立派なエンジニアになれる。
見学を希望するかどうかは、あなた自身の判断に任せます。
実際に非常に満足した利用者もいれば、福祉を意識した事業所でないので通所を途中から諦めた人もいます。
ここに関しては、エンジニアの才能や適性が問われるので、人それぞれなの判断となるでしょう。

中には3回ある見学の中で、ニューロダイブの職員から通所を断られた事例まであります。
それでもIT関係の仕事がしたいなら、atGPジョブトレの評判のページもチェックしてみましょう。
ここなら、断られず本人が通所を希望すれば、エンジニアになるための訓練ができます。

見学して本気で通所したいと思うなら、見学中もお客様だと思わず面接だと受け止めて職員にやる気をしましょう。
可能なら、過去に作ったポートフォリオの作品を見せて、頑張ればできることをPRしていきましょう。
プログラマーになりたいと夢を語るだけでは、見学をしても通所を断られることがあります。
もちろん、完全未経験なら仕方ありませんが、それでも具体的な夢を見学中に語るべきです。

また、大卒でないと難しい口コミもあるので、可能なら高卒や専門卒なら卒業した学校の成績表を持参しても良いでしょう。
大事なのは、どんな形でもデータサイエンティストの勉強が好きだということを示すことです。
勉強が嫌いなら、ニューロダイブの見学して通所することはおすすめできません。
IT以外の就労移行支援を選んで、通常の就労移行支援に通所しましょう。

大丈夫!
やっっぱり難しいと思うなら、他の就労移行支援に通所すれば良いだけです。
他を探したいなら、「就労移行支援おすすめランキング」のページもチェックしましょう。
就労移行支援おすすめ
ランキング

福祉さが弱く甘えてる人におすすめできないのがデメリット

福祉を意識した支援に弱いことが最大のデメリット

福祉を意識した支援に弱いことが最大のデメリット


——————福祉を意識した支援に弱いことが最大のデメリット

福祉を意識した支援に弱いことが最大のデメリット
  • メンタル管理などの支援を受けられることは、最初から期待するべきではない
  • 自主性がないと、正直なところ就職できることはかなり難しい
  • IT業界の障害者雇用でもハイスペックな仕事ができるが、簡単な仕事がしたい人にはおすすめできない
  • 知的障害がある利用者にとっては、かなり厳しい内容なので通所することをおすすめできない
  • 高学歴でないと見学の時点で通所を断られることもあるが、高卒でも通所できた利用者もいる

メンタル管理などを教える支援はあまり期待できません。
できる限りの発達障害の配慮を受けた口コミは確かにあるので全くないわけではありません。
例えば、ライトがまぶしいので照明を落としてくれるような配慮を受け流ことができた。
だけど、墓の就労移行支援と比べると、福祉を意識した支援は弱い傾向があります。

ハイスペックなデータサイエンティストのことを発達障害向けに学べるが簡単な仕事がしたい人にはおすすめできません。
関関同立やMARCHとまでは言いませんが、高学歴でないと通所することが難しいデメリットがあります。
大学卒業が望ましいですが、高卒でも頑張ることを示せば通所を許可してくれます。
見学の時点で「お断り」されることがあるので最大のデメリットではあります。

よく言えばそれだけ高いスキルの人が集まるコミュニティに入れるので就職は期待できます。
ただ、知的障害があるとレベルが高いので通所しても就職できない可能性が高いです。
もし知的障害があるなら勉強が好きなことを示して、ギフテッドよりの人でないと厳しい支援でしょう。

あとは、強いて言えばレベルが高い支援を受けられますが、日常生活のアドバイスには弱いことです。
通所して上場企業に就職できたが、社長に会議室で「お前、童貞だろ!!」と女性社員の目の前で説教された事例があります。
本人曰くネタのように口コミを話していましたが、良くも悪くもそれだけ、逆セクハラを受けるほどITの支援だけの集中しています。
アスペルガーだとストレートに受けてしまうので、気づきにくいですが仕事中に社長が恋愛面でこれだけ心配してくれるのは恵まれてると思います。

アスペルガーだとプログラマーが多いとも言われてるので、どうしてもここはプログラマーに向いてる人にとって大きな人生の壁ですね。
恋愛が難しい時代になってきてるので、発達障害向けの婚活を卒業後にオススメします。
でも、仕事はしっかりとしてるので発達障害で悩む男性もニューロダイブから就職が決まれば生活も安定するので結婚できた事例もあるので大丈夫です。

っと言っても、ここに関しては、就労移行支援の職員ではなく婚活アドバイザーに相談するべき内容なのですが………。
おそらく、これが悪いと言い出すとキリがなく、どの就労移行支援にも言えることとなります。
逆に仕事に関しては障害者雇用でも、奥さんや子供を養えて、家を買えるだけの収入のある仕事に就けます。

確かに就労移行支援なのですが、福祉を意識した支援ではありません!
残な話ですが、メンタル管理ができていない、もしくは知的障害がある利用者にとっては厳しい訓練です。
3回ある見学の中で、この人は利用者として相応しくないと判断されると断れることも………。
就職率だけでなく、就職先も大手企業だったり年収もたいけれど、内容は厳しいのね💦
就職したくないから、就労移行支援で甘えてダラダラしたい人には完全NGみたい。
もし、もっと簡単なしごとがしたいなら「境界知能の向いてる仕事」のページを見ても良いかもね。
境界知能の向いてる仕事

IT業界の中でも高収入な仕事と出会えるチャンスがあり

—ニューロダイブを通所する最大のメリットはハイスペックな仕事ができること

ニューロダイブを通所する最大のメリットはハイスペックな仕事ができること


——————ニューロダイブを通所する最大のメリットはハイスペックな仕事ができる

ニューロダイブを通所する最大のメリットはハイスペックな仕事ができること
  • 数ヶ月に一度のIT企業の人事担当者が集まる交流会を開催できる
  • このような機会は今のところ、他のIT業界の就労移行支援で聞いたことが一度もない
  • IT企業の人事担当者に作ったポートフォリオ作品を見せて気に入られて、ヤフーに就職できた事例もある
  • 障害者雇用なのに、一般雇用みたいに上流工程のIT業界の求人を受けることもできる
  • 利用者自身の本人気が希望すれば、一般雇用の就職を目指すこともできる
  • 年収500万円を超える高収入な仕事に就けた利用者もいる

ニューロダイブだ他の就労移行支援にない強みとしては、数ヶ月に一度のIT企業の人事担当者が集まる交流会を開催してることです。
ここで、人事担当者に作ったポーロフォリオを作品見せて評価されば、その場で就職することも可能です。
交流会に参加できたおかげで、ヤフーにできた利用者もいて、今も懸命に障害者雇用で働くととができています。
この日のためにも、通所後はポートフォリオ作品はしっかりと作っておきたいですね。

交流会でコミュニケーション能力高いと評価された利用者もいます。
障害者雇用なのに、一般雇用みたいに上流工程の仕事ができたこともあります。
他の就労移行支援よりも企業からスカウトが来る確率が高いのが、高いのがニューロダイブの大きな「強み」なのです。

しかも大手企業なので、障害者雇用でも年収500万円以上になることもあります。
これが外資系IT企業の障害者雇用だと、下手したらそれよりも高くなることがあります。
勤続年数が高くなれば高くなるほど、家を一軒買えるだけの貯蓄ができるようににもなります。
障害者雇用でここまで収入が高い仕事をするなら、TOIECで800点取るか障害者雇用で公務員になり勝ち組になるしか他に手はありません。

障害者雇用の中でもスペックの高い仕事ができるのね✨
年収500万を超えた企業に就職できた事例まであるみたい💘
上流工程の仕事に就くこともできるので、プログラミングをしないITエンジニアも目指せるみたい。
思っている以上に、障害者雇用なのに稼げた利用者も珍しくありません。
仕事の訓練の内容は厳しっかもしれませんが、ITに拘りたい人にとって納得のいく求人に出会えます。
IT業界で働きたいけど、発達省がが原因で就職できない人にオススメの就労移行支援となります!
無料プログラミング教室

自主性がもとめられる就労移行支援ので行動力は必須


>>AIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】
ニューロダイブが見学中に断られない条件
  • 週4,5通所できるかは大きなポイントだ
  • 自ら学んでいける自主性があるかどうかは大事だ
  • 高学歴でないと通所を断られるが、大学を出れば関関同立やMARCHでなくても良い
  • 高卒で通所できた事例もあるが、学校の成績表などご自身能力を示すものを提出する必要がある
  • 福祉っぽさが弱いので、メンタル管理を学べなくても何とかしていけるようにしておくことだ

結論、見学中にIT関係の勉強に興味があるか職員に示せれるかだけです。
基本的に大学卒業でないと厳しい口コミも少なくありませんが、実際に高卒でも通所を許可された利用者もいます。
頑張る意欲を示せれば、ニューロダイブの職員も見学中に断る理由がなくなるのです。

あとは、体調に問題ないかですね。
ここは、就労移行支援ですがミラトレの評判でも同じように、dodaグループだと週4以上でないと厳しい気がします。
特別な理由がない限り、週5でないと通所しても得られることがなくお互い時間の無駄になるだけです。
メンタル管理が通所できるベルまで達していないのであれば、病院一覧から先に近くの心療内科に通い治療を先に優先しましょう。

ただし、メンタルが不安定だから通所を断られた口コミは今のところ聞いたことがありません。
HSP限界サインを感じやすい人ほど、プログラマーとして活躍できる傾向もあります。
ニューロダイブの職員としても、ここの理由だけで通所を断ることがないのです。
どちらかと言えば、薬物治療を受けてメンタルを維持できて「通所できる」か「できない」かが大事になってきます。

アスペルガーやHSPがあるとメンタルが不安定な人も多いのかもしれません。
うつ病になりやすいITエンジニアとしても知られてるので、うつ病があるからお断りされる口コミは極論になります。
しかし、ニュールロダイブの就労移行支援では、細かい仕事あできて論理的思考力がある人だと評価されます。
だからこそ、心療内科でしっかりと治療を受けてから、見学をして通所すれば社会復帰ができます。
それどころか、障害者雇用なのに高収入の仕事ができて、豪遊できます。



福祉っぽさが弱いが視覚過敏の対応などの最低限のことはしてくれます!
見学の準備ができたら、AIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】 (広告)のけ額をネットから申し込みましょう!
少しでもやる気を示すためにも、過去に作った作品を提出できると評価されるかもしれません。
ADHDだとSEが向いていない理由

まとめ

他の就労移行支援と比べると、全く違うのがAIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】 (広告)となります。
内容か「難しい」ので、3回ほどある見学中だからと言って、やる気を示していかないと通所を断られることがあります。
見学中も入試テストの面接を受けてる最中だと思っておくことを、強くおすすすめいたします。

福祉っぽさも弱いので、基本的に通所するのも週4〜5でないと厳しいです。
週3しか通えないのでしたら、他のIT特化型就労移行支援をおすすめします。
もしくは、心療内科で治療を先に優先させましょう。

しかし、通所して思いっきりデータサイエンティストの学習をして作品を作れば、障害者雇用で大企業で働くこともできます。
障害者雇用でも年収500万円を超えた事例まであるようで、奥さんだけでなく子供も養えます。
勤続して働き続けて貯金をすることさえできれば、家も買うこともできるようにもなります。

一般雇用だと就職できないから、IT特化型就労移行支援に通いたい。
だけど、実際に通所してる口コミから、内容は簡単なのでITの勉強が得意な人には物足りない支援だと聞いた。
それなら、AIやデータサイエンスが学べる就労移行支援【Neuro Dive】 (広告)がおすすめです!

何度も言いますが、最大のデメリットとしては、福祉っぽさが弱いのです。
高学歴でないと断られますが、関関同立やMARCHまでは言い過ぎですが、高卒だと頑張る意欲を示すがIT関係の学校に通ってないとこ断られます。
もし、IT関係の学校だったとしても学歴に自信がないのであれば、せめて卒業した学校の成績や作ったプログラミングの作品を提出してみましょう。
そうするだけでも、あなた自身が評価されて、データサイエンティストを学ぶべき人と判断されて通所を許可してくれることができます。

もし、もっとリアルなIT専門の障害者雇用体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
IT業界の「障害者雇用」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「障害者雇用」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る