金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

発達障害の人が自動車免許を取得するべき?

車の免許は?

車の免許を取りたい理由は?
  • 自動車免許についての基礎知識
  • 自動車免許を取得する方法とメリット
  • 自動車免許を取得するための準備

発達障害「ADHD」を抱える当事者の方々が車の免許を取るべきなのか?
普段職場とかでミスをしてると車の運転ができるイメージがわかない。
今回の記事では「ADHD」の方が自動車免許を取得する方法、そのメリットについてご紹介します。

けど、車の運転免許を取得すると便利です。
仕事の視野も広がります。
車の運転ができるとできる仕事が1つ増えます。

車の運転ができると「一人でできる仕事」なので職場の苦痛から避難することもできます。
ここは私たちにとって大きなポイントなので「運転できる」なら免許を取得したいと思ってる方も多いでしょう。
車の運転ができるだけで転職もしやすくなるのでこれから車の運転ができるタイプが自己分析しましょう!









今更聞けない車の免許ってどんなの?


車の免許って?
  • 自動車の運転免許は国内で自動車(原動機付自転車なども含む)を運転すために必要
  • ちなみに、日本で最も取得者が多い免許である
  • 免許にはいくつかの区分がある
  • バスやタクシーの運転手として働きたい場合は「第二種」まで取得する
  • 「第二種」の取得のためには、「第一種」免許の取得から3年間運転経験する必要がある

自動車の運転免許とは、国内で自動車の運転を特別に認める免許です。
日本では、国家公安委員会・警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格として取得できます。
ちなみに、日本で最も取得者が多い国家資格でもあります。

運転免許というと、一般的に道路で見掛ける4輪のいわゆる「車」を運転するための免許を思い浮かべるかもしれませんが、この運転免許には、「原動機付自転車」なども含まれています。

道路交通法が適用される道路では、自動車や原動機付自転車は免許なしで運転することを許可されていません。
これらを運転するには、必ずこの免許を取得する必要があります。







車の運転

車の運転


——————車を運転する仕事をしチア⁉️

「第一運転免許」「第二運転免許」に分かれ、「第一種」が最も基本の免許なのね💌
一般的に「免許」という場合はこれを指します。
一方で、「第二種」は旅客自動車(バスやタクシー)など、旅客自動車運送事業に関わる運転をするために必要が免許です。
簡単に言えば、運転することで報酬を受け取る場合に必要な免許と言えるでしょう。
取得は21歳以上で、素手に第一種免許を取得し、3年間の運転経験が必要です。
タクシードライバー

どんな人が取るべきか


車の免許が得意な発達さんの特徴は?
  • 空間認知力が高ければ車の運転ができる可能性がある
  • ゲームセンターのレースゲームが得意なら運転ができる可能性がある
  • 「第二種」を取得すれば、人を乗せるバスやタクシー業界の就職先が広がる
  • 運転手の仕事はワークライフバランス高収入が期待できる
  • 苦手な人間関係を避けた一人でできる仕事ができる
  • 「第一種」の取得でも、十分役立つ

運転免許はどんな人が取得するべきでしょうか。
当たり前ですが、車を使いたいと思う人が取得する必要があります。
また、就職先を増やすという意味で取得を目指すという考え方も。
特に「第二種」の取得でタクシーやバスの運転手を目指すことができます。
これらの仕事はあんまり知られていませんが、ワークライフバランスが整っており高収入も期待できます。

発達障害「ADHD」を抱える方には、車を運転する仕事が合っている傾向があります。
それは、車を運転する仕事の多くは業務中一人だからです。
例えばタクシーの運転を行う際、後部座席にお客様をお乗せしますが、業務自体は一人で行います。
上司の目を気にすることがない上に、そもそもタクシー業においては上司・部下という関係性が非常に薄いという特性もあります。
一人で黙々と作業できる環境が合っているという方には、車を運転する仕事という視点での就職活動はおすすめです。

また、必ずしも「第二種」免許の取得を目指す必要はありません。
「第一種」の取得でも、視野は広がります。
まず、営業職に就きたい場合は運転免許を持っていることで就職先の幅が広がります。

報酬を受け取る運転については「第二種」の免許が必要ですが、営業の運転はあくまで移動手段です。
引越しで賃貸アパート・マンションの内見を行う際に、担当者の方の車で移動することがありますが、これは送迎ですので報酬が発生しません。
引越し業者のトラックも物を運ぶ作業として必要な運転なので、第一種免許で問題ありません。
向いてる資格






免許取得

免許取得


——————資格を取得して知識を学ぶ⁉️

働きたい業界が既に決まっている場合でも、思わぬタイミングで必要なのが運転免許。
高卒で勉強が苦手で資格がない悩みだった人にも取得して間違いないと思います。
また、空間認知力が高ければ「ADHD」を抱えていても取得は可能なのでご安心ください!
高卒で稼げる資格

どんな人に向いていないか


車の免許が向いていない人は?
  • 歩いてるだけでよく壁にぶつかる人
  • ゲームセンターの車のゲームが致命的に苦手な人
  • 変に難しく考えてしまうの人は苦手

運転免許は、比較的誰でも取得できる資格です。
そのため、「どんな人に向いていない」と明らかに言える物ではありません。
ただ、あくまで一般論として運転免許の取得が苦手かもしれないと思う人や、免許を拒否・保留される場合についてご紹介します。

また、一般的に苦手と言われる方で「考えすぎてしまう」「引っ掛け問題に引っ掛かる」などの特性があります。
しかし、前向きに考えれば簡単な引っ掛け問題でもあります。

もし無理なら諦めるのも1つの手だね。
だけど、運動もできないのにやってみると思っていたよりも向いていた車女子もいたわ✨
咄嗟の判断能力も求められることがあるので運転するために必要な「スキル」ではあります。
それでも、もしパターンを覚えまくり対策できないならリタイアするのも1つの手です。
一人で稼げる資格

どんなことを勉強すれば良いか


車の運転免許は悩むぐらいなら教習所へ通ってみるだけ
  • 事前に勉強するべきことはあんまりない
  • 学ぶべきことは教習所で習う
  • 真面目に授業を受けないとなかなか合格できない
  • 勉強に集中できないという特性を持つ人は何かしら対策を
  • 資格取得自体は難易度が高くないのでご安心ください

運転免許を取得するために勉強することはいくつかありますが、自分で事前に準備することは少ないと思います。
というのも、免許を取得するためには、必ず教習所に通う必要があり、勉強する内容は教官の方々にご指導いただけるからです。

教科書なども教習所で貰う物を使用するため、個人で用意する必要がありません。
真面目に授業を受け、教習を受ければ問題なく取得を目指せるでしょう。

ただ、この授業と実車での教習がすべてという見方もできます。
ここで躓くと合格を受けられず免許が取得できません。

車の免許は実践のみです。
自分には無理だと思っていたけど、やってみると案外できた人はたくさんいる。
簿記や会計に関する資格は参考書を参考に自分で勉強するのは難しい部分も多いと思います。
ぜひ、通信講座を活用してみてください。以下のような通人講座が代表的です。
※IQテストで空間認識のIQが高い人であれば車の免許を取ることをオススメします!
事故を起こす不安もあるかもしれませんが、人間関係にぶつかることもなく自分の世界だけで仕事ができるというメリットもありますよ。
また、車の運転ができると配達の仕事が出来るようになるなど仕事の幅も広がります♪
>>全国の大学生が選ぶ教習所を一覧紹介


まとめ

本記事では発達障害を抱える方に向けて「車の運転免許」についてご紹介しました。
また、自分一人で抱え込まず、周りの人へ相談することも有効的です。
困った時はぜひ、発達障害アートカフェバー金輝へお問い合わせください。

40代と50代から「車の運転」にチャレンジできたケースもあります。
車が好きなら免許取得にチャレンジする価値はあります!
「一人でできる仕事」も車の運転免許があればたくさんあるので拘束されるのが苦手な人には向いています!
もしまだ、車の運転免許を持っていないのでしたら全国の大学生が選ぶ教習所を一覧紹介から応募してみましょう。
免許を取るのは今からでも遅くありません!

「発達障害」の方、「アダルトチルドレン」を取り巻く環境には「トラウマ」「共依存」「機能不全家族」「自己嫌悪」「対人恐怖症」「劣等感」「自己肯定感」「虐待」「毒親」「うつ病」「摂食障害」「インナーチャイルド」「パニック障害」「依存症」などの言葉も関係しています。チェックリストと合わせて、上記のような言葉にピンと来た方のお問い合わせもお待ちしております。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「車の免許」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「車の運転」ができる発達さんも居たので勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る