金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

大人の発達障害

人口の1〜2割弱ほどの人が発達障害を持つと考えられています。
学生時代にこんな人はいませんでしたか?
本を読めない子、九九が出来ない子、遅刻魔、忘れ物の王者‥‥‥‥‥‥
どこの学校にも一人はいたかと思います。

発達障害に気付いたきっかけは?


中には誰にも理解されず「本人が甘えている」、「親のしつけの問題」として片付けらてしまった結果、二次障害を発症してしまうほど追い込まれてしまうケースもあります。
最近では早期診断されるケースが少しずつ増えてはいますが、自覚症状も乏しく誰にも気づかれないまま成人してから診断を受けるケースも多く存在します。

「発達障害」とひとつに括ってもADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)、広汎性発達障害、LD(学習障害)などがあり、その症状は多岐にわたります。
しかし、名前だけが独り歩きしてしまい発達障害の症状や接し方などが全く認知されていないのが現状です。
病院一覧








発達障害を持つ人の悩みを聞くと殆どの人が学生時代のいじめを今でも忘れずに過ごしてしまっている人が多いように感じます。
大阪にある金輝でも、いじめをテーマにした哲学カフェバーの集まりを開催したりしています。

二次障害を発症してから病院で診断される人も多いです。
発達障害を持つ方を対象とした支援センターや就労支援なども増えてきてはいますが、病院で診断される人の数に対して追いついていない現状があります。

場の空気が読めない人、トラブルメーカーになりやすい人、やる気が空回りする人、仕事でミスをしてしまう人など本人は精一杯努力しているのに思うように結果が出せない人が身近にいます。
甘えてるわけでもなく悪い人でもないはずなのに、周囲と比較すると他の人に比べて浮いている‥‥‥‥‥‥‥。
病院によっては、初診の予約が1年以上先になるケースも‥‥‥‥‥‥‥。
この状態が改善されるまで、まだまだ時間が掛かりそうだわ。
取巻く環境


日常生活や職場で分かる発達障害の診断チェックリスト

  • 人付き合いが苦手だ。
  • マイペースだと言われる。
  • 電車の時刻表など特に意味のない数字に興味を示してしまう。
  • 学校や職場でいじめられやすい。
  • 1日が終わるとぐったりと疲れる。
  • 雑音が入ると集中できなくなる。
  • 余計なことを話してしまう。
  • 約束が守れない。
  • 転職歴が多い或は勤務期間が短い。
  • 一人だけ周りから浮いてしまう。
  • 2つのことを同時にやるなどマルチタスクが苦手だ。
  • 計画性がなく段取りが悪い。
  • 優先順位が決めれない。

アダルトチルドレン
症状は人それぞれなので、当てはまる項目が多いからといって発達障害であるとかを決めつけないことが大事。
チェック項目は一つの目安なので全て当てはまっていてもお互いの意見が食い違っているだけで発達障害でないケースも私の周りであったわ。
発達障害は先天的な脳の障害だとい言われていますがまだまだ解明されていないのも正直なところです。
脳はまだ3%も解明されていないと言われており中には後天的に3歳迄に発症する論文も出ています。

※これが原因だと決めつけるのでなく柔軟に対策が取れる社会にシステムが今後重要となります。
そこで、動画を眺めてるだけで転職活動だけでなく異性にモテたりして自己肯定感をUPさせるコミュニケーション検定サービスも出てきました。
半年間で33,000円(税込)なので1ヶ月間でたったの5,500円で人生を変えることができます!
>>苦手な上司・部下の理由と解決策がわかる!伝え方コミュニケーション検定

おっちょこちょいな注意欠陥/多動性障害(ADHD)

ADHD診断チェックリスト
  • じっとするのが苦手だ。
  • 貧乏ゆすりをしてしまう。
  • 喋りすぎてしまう。
  • 他人の話を理解できるが従うのが苦手だ。
  • 計画性がなくよく考えて行動しない。
  • 順番を待つのが苦手だ。
  • 疲れやすい。
  • 静かにするのが苦手だ。
  • 気をつけてもミスをする。
  • 気が散りやすい。
  • 片付けが苦手だ。
  • 物忘れが多い。
  • 物をよく失くす。
  • 他人の行動を妨害したり邪魔をしたりする。
  • 過干渉なところがある。

ADHDは10〜20人に1人とも言われるほどの最も多い発達障害でもあります。
本人の性格は真面目なのに宿題を毎日忘れる子、職場の勤務態度は真面目なのに何度も同じミスをしてしまう人、じっとしていられない人‥‥‥‥‥‥。







学生時代では1番あるあるだったのは?


本人のやる気はあるのに周囲からやる気がないと思われてしまい自尊心を失ってしまいます。
その一方、独自の感受性を持ったり行動力が高い人も多く居ます。
計画的に行動を起こせない人があまりにも多いだけなのです。

身近にいる場合は、ダブルチェックの作業を当たり前にしたり周囲を引っ張って行動を起こすのと行動を起こすための計画を立てるのを役割分担させることです。
行動力を暴走と思わないようにする。
注意力散漫だけど中には周りを常に見れるタイプも多いのです。
ADHDの人が向いてる仕事

グループ行動が苦手な自閉症スペクトラム(ASD)

自閉症スペクトラム診断チェックリスト
  • 一人が好き。
  • 言葉の遅れがあった。
  • 雑談が苦手だ。
  • 会話の抑揚が異常だ。
  • 会話がかみ合わない。
  • 友人を作るにが苦手だ。
  • 敬語が不自然だ。
  • 言葉の裏側の意味が理解できない。
  • 細かい点だけが気になり周りを見れない。
  • 特定の拘りがある。
  • 数字や時刻表、時計、電車の動きなど規則正しいものの執着心が強い。
  • 没頭しやすい。
  • 頭の切り替えが苦手だ。
  • 言葉通りの身を口に出して怒られることがある。


学生時代では1番あるあるだったのは?


人の顔を覚えたり相手の気持ちを読んだり空気を読むのが苦手な特徴があります。
コミュニケーション能力が劣っているので大人しいケースもいればおしゃべり好きで常に話さないといけないパターンもあります。

特定のパターンを好むので人と話す仕事や臨機応変な対応が求められる仕事に向いていません。
その一方、単調作業や規則に沿った作業に向いています。
分析関係やIT関係の仕事で活躍できる方も多く居ます。

一人でできる仕事

特定の能力が苦手な学習障害(LD)


学習障害診断チェックリスト
  • 特定の学習が苦手だ。
  • 計算が苦手だ。
  • 数の概念がそもそも理解できない。
  • 文字を書いたりもしくは読んだりするのが苦手だ。
  • 話を理解できないわけでない。
  • 特定の文字だけが鏡文字になる。
  • 本人の努力や視覚障害や聴覚障害ではない。

ある能力に偏りがある人です。
文字の読み書きが苦手な人、計算が苦手な人‥‥‥‥‥‥
苦手分野の職種は極力避けるべきでしょう。

その一方、得意分野の仕事に就くと成功しやすいです。
計算が出来なくてもレジのような機械を使用すれば計算が出来たり文字を書くのが苦手でもパソコンなら打てるパターンもあります。

アインシュタインのように死ぬまで計算が苦手なのにノーベル物理学賞を取ったり。
大きな実績を残せるのは稀なケースかもしれませんが、計算が苦手でも電卓を使えば計算ができるようにフォローする何かしらのものがあれば十分に生活していけるのも大きな特徴です。

学習障害の向いてる仕事

女性の発達障害が持つ悩み


  • 女性は集団行動が当たり前になっている。
  • 微妙な空気を読むことができない。
  • 休み時間ぐらい一人にさせて欲しい。
  • 女性の派閥に巻き込まれた。
  • 一人だけ違う意見に戸惑ってしまう。
  • 診断が男性向けなので病院でも理解されない。
  • 悪い男性の都合の良いように扱われた。

発達障害の診断基準は男性向けに作られています。
そのため医者からも女性の発達障害は見逃されやすいのです。
女性は男性と比べ元からコミュニケーション能力も高いのです。


私の場合だと、特定の分野のみ得意だったりするので人によってコミュニケーション能力の評価が異なっていたりするわ。
コミュニケーションができるのに発達障害だと矛盾しているようだけど、よく見ると特定の分野しか話せなかったり話の視野が偏ってしまう・・・。
原因不明の体調不良にりメルトダウンしてしまった過去が私にもあったわ。
コミュニケーション能力が高いので分かりずらいかもしれませんが男性よりもトラウマを抱えやすいのも大きな特徴なのです。
求められるコミュニケーション能力も男性よりも高いので上手く行っているように見えてしまうのです。
発達障害と女性


WISC-Ⅲを受けて発達障害を診断!

WISC-Ⅲの診断を受けたことがある?


  • 言語性IQ
  • 動作性IQ
  • 全検査IQ
  • 言語理解
  • 知覚統合
  • 注意記憶
  • 処理速度

WISC-Ⅲのテストで知能の数値化してIQを計り学力ではなく目的通りに動けるかを調べることができます。
平均IQは100となり69以下は知的となります。

地の内数は頭の良し悪しを決めるものではありません。
知的に近い人が合理的に考えることができる場合もあります。


発達障害でなくグレーゾーンと診断されることも!?

医者の診断で発達障害でなくグレーゾーンって診断を受けた?


何かしらの理由で発達障害の支援を受けれない人達のことをグレーゾーンと呼ばれています。
大阪にある金輝のお客様に多いパターンです。
支援を受けれない理由は様々です。

病院の診断を受けようにも症状が軽く鬱になってるわけでもないので受ける理由がない、親の反対がある、周囲に理解者がいない、本人が気づかない。
実際のところ、こういう人達は支援を受けたくても受けれないどころか一番苦労しています。
理解もなくその程度なら努力すればできると思われてしまい罵声を浴びせられやすいので苦労しやすいのです。
鬱になっているわけでもないのでまだ大丈夫だと認識されて改善されるまで何度も怒られてしまい不安になりやすい😿
危うい状態でしたら逃げるのも大事だわ💦
鬱になる前に必ず発達障害の診断を受けて自己分析をすることを強くオススメするわ💖
職場復帰支援一覧

上に戻る