金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

苦手が多い発達障害の人が簿記の資格を取るには?

簿記の勉強は?

簿記の資格を取るために
  • 「発達障害」の方におすすめしたい「簿記」の資格についての知識
  • 「簿記」の資格を活かして働ける職場の特徴
  • 「簿記」の資格を取るための準備

発達障害当事者および支援者の方々は、日々「発達障害ならでは」の苦労を取り除く方法を考えていらっしゃると思います。
今回の記事では、発達障害の中でも「ADHD」に注目し、「ADHD」の方の就職事情についてご紹介したいと思います。

近年、メディアや報道の中でも取り上げられる機会が増え、認知度が高まっている「ADHD」。
多くの人の理解が深まる一方で、彼らが働くための環境が整っているとは言い難い状況が続いています。
この現状を踏まえて、彼らはどのような対策をしながら就職に臨むべきなのでしょうか。

まずは、就職に活かせる資格を取ること。そしてその資格を活かして働く業界が「ADHD」の特性を活かして働ける職場であること。
この2点に絞って、考えてみると道が切り開けるかもしれません。

今回取り上げるのは「簿記」の資格。「ADHD」を抱える方に、ぜひおすすめしたい資格です。
新しい未来を切り開くための、第一歩。まずは、資格についての理解から進めましょう。
会計士の仕事








「簿記」とは、どのような資格か?


簿記の資格とは
  • 「簿記」は取引を帳簿に記入して決算書を作成する作業
  • 経理に限らず、一般的な事務の就職活動、株式投資にも役立つ
  • 「単式簿記」「複式簿記」があり、基本的には「複式簿記」を目指したい
  • 会社は儲け・財産を明らかにするため「簿記」資格を持つ人を求めている
  • 高校生で取得する人もいるので、気楽に挑戦してほしい
  • 公害防止管理者

簿記とは、取引を帳簿に記入し最終的に決算書を作成する一連の作業を指します。
経理事務に役立つのはもちろん、一般事務などの就職活動の際にもアピール材料に。

簿記には、大きく分けて「単式簿記」「複式簿記」という2種類があります。
「単式簿記」はお小遣い帳や家計簿のような物で、日付・項目・詳細・入金額・支出額・残高を記入します。

お金の泥入りを確認するための方法であり、儲け・財産までを確認することは不可能です。
より高度な簿記を行うのであれば、お金を「取引」という視点で捉えて儲け・財産を明らかにする「複式簿記」の知識が必要です。
就職活動でアピールしたいのであれば、ぜひ「複式簿記」を取得しましょう。
リモートワークができる仕事






一人で稼げる資格

一人で稼げる仕事


——————自分の力だけで稼げる資格が欲しい⁉️

すべての会社は、銀行とお金をやり取りしながら経営しています。
儲け・財産についての情報が明らかな会社じゃないと銀行はなかなかお金を貸しません。

そのため、簿記によってこの数字を明らかにする必要があるのです。
したがって、すべての会社は儲け・財源の状況を客観的に表せる「複式簿記」のスキルを持つ人を求めています。
「簿記」は専門用語が多く難しいというイメージもあるかと思いますが、実際は高校生が取得している例もあります。
小学校5,6年性の算数の授業で習った文章問題のバージョンUPされた問題が解けれる自信があるなら受ける価値ありです!
ぜひ、挑戦してみてください。
在宅で稼げる資格

「簿記」はどんな人に向いているか

簿記の資格は発達障害に?

資格を取得するメリット
  • 「簿記」資格の取得自体よりもどのような仕事に就くかで向き不向きを考える
  • 経理の仕事は数字に苦手意識のない人に合う
  • 時には大雑把に考える心の余裕も必要
  • 起業秘密の情報を扱うので口の堅さは必須条件
  • 一般事務の仕事でも、数字に関わる仕事が多いと思われるので上記のような点に注意

「簿記」資格は勉強すれば高校生でも取得可能な資格です。
言ってしまえば、資格を取得すること自体の難易度は高くありません。
取得後に就く仕事が向いているかどうかという視点で考えるといいでしょう。

「簿記」資格を取得すれば、基本的には経理を中心とした事務作業を任される仕事を目指せます。
経理は数字を扱う時間が多いので、他者と感情的に向き合う時間は多くありません。

それどころか、学習障害を持っていても資格の試験中に電卓も使ってもカンニングにならないのです。
学習障害でなやらんでる人も取得してる例はあります。
向いてる資格






資格取得

資格取得


——————資格を取得して知識を学ぶ⁉️

スキル的な話ではありませんが、「口の堅さ」は絶対に求められるポイントです。
企業秘密である情報を扱うことが非常に多いため、信用が大切です。
他者にぺらぺらと話す性格ではないという方は、何も苦ではありません。

そもそも仕事においては、他言無用のことが多いです。
その中でも特に気を付けるべきが経理分野であるということです。
無料プログラミングスクール

「簿記」はどんな人に向いていないか


資格を取得するデメリット
  • コミュニケーションの機会は少なめの仕事
  • やる気・モチベーションの管理は自分で行う必要がある
  • 数字に関する資料の内容を言葉で説明する場面も
  • 勉強が苦手な人は資格取得の過程で疲れてしまうかも
  • ぶっちゃけ、どのような資格・仕事でも勉強は必要なので気にしすぎないこと

「簿記」に関する仕事は基本的に数字と向き合う仕事です。
業務中、他者とのコミュニケーションは多いとは言えません(もちろん、ないわけではありません)。
元々他者とのコミュニケーションが得意ではない人は、何も苦ではないかもしれませんが、実は重要なポイントがあるのです。それは、モチベーションの管理という問題です。
人は、他者から褒められることで自分の成長を感じ取ったり、やる気を向上させたりします。
コミュニケーションが少ない環境では、自分の気持ちをコントロールできないとうケースもあるのです。
もちろん、そのようなタイプじゃないという人は気にする必要はありません。

また、数字について資料を作った際にどのような内容かを説明する場面があります。
自分の作った物について、言語化することが求められるのです。
このような「説明」が極端に苦手な場合は注意が必要です。
ただ、得意である必要はありません。「極端に」苦手じゃない限りは挑戦できるレベルです。







面接対策

面接対策


——————資格取得と並行して勉強しないといけないこともある⁉️

最後に、勉強することが嫌いという人は注意が必要です。
簿記は計算力が求められるので勉強の延長線上で手に入れるスキル。
そもそも勉強が苦手という人は資格取得の自転でやる気を削がれてしまうかもしれません。
ですが、考えればどの資格も、どのような就職活動も勉強は避けて通れない物。
勉強が苦手だから他の資格・仕事に…と思っても、結局はどこに行っても勉強が必要かもしれません。
あんまり苦手なようであれば考え物ですが、気にしすぎることもありません。

大切なのは自分に必要な「資格」のみを取得することなのです。

「一人で稼げる資格」を片っ端から取得すれば良いわけではないのね。
発達障害の特性に合った資格選びは大切だわ✨
大切なのは面接中に「一人で稼げる資格」を取得したことではありません。
面接官に「自分はこの仕事に向いてる」ことを示さなければ一人で稼げる資格を取得しても無駄になります。

資格取得と並行して最低限必要なコミュニケーション能力を磨く本を読むことも大切です。
「資格」を取得することだけに専念してしまい挫折してしまってる人は多いのは正直なところなのです💦
仕事探し方


「簿記」資格を取るには、どんなことを勉強すれば良いか

1級の資格は?

1級までの資格が不要な理由
  • 簿記や会計に関する資格は通信講座を活用するのがおすすめ
  • おすすめの通信講座はいくつかあるので、自分に合う物を選んでみる
  • 「簿記検定」「ビジネス会計検定」の2種がありレベルが異なる
  • ExcelなどのPCスキルは事前に抑えたい
  • 勉強中に合わないと思ったら、方向転換のキッカケにしてもオッケー

ここからは、「簿記」資格を取るための準備についてご紹介します。
経理の仕事に就きたい場合は会計に関する資格を取得することが推奨され、その中でも「簿記検定」が広く知られています。
「簿記検定」に挑戦して実際に数字に触れることで、自然と経理の仕事への向き不向きを確かめられるのもポイントです。
勉強の過程であんまり苦手なようであれば、方向転換を考えるのもいいかもしれません。

また、「簿記」検定以外にも挑戦する価値のある検定があります。
それは「ビジネス会計検定」です。
「簿記」検定は、儲け・財産について資料を作成する力を身に付ける物ですが、一方「ビジネス会計検定」は資料に対して、「分析」を加えることを求められます。
自分の作った資料を元に、上司や経営者、銀行や投資家へ説明する仕事はやりがいも大きい物です。

検定の機会は6月・11月・2月の3回です。難易度としては「簿記」3級から挑戦するのがいいでしょう。
まずは3級への挑戦で自分に合っているかどうかを確かめてください。
簿記や会計に関する資格は参考書を参考に自分で勉強するのは難しい部分も多いと思います。
ぜひ、通信講座を活用してみてください。以下のような通人講座が代表的です。
簡単な仕事

資格を取得するためのサービス


スタディングで学べる一人で稼げる資格は?
  • 危険物取扱者
  • マンション管理士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 日商簿記
  • 基本情報技術者
  • TOEIC

【スタディング】受講者60,000人超!スマホで学べる人気のオンライン資格講座の良さはクオリティが高いだけでなく安いことです。
通勤時間を利用して、「一人で稼げる資格」の勉強ができます。
低価格でカウンセリング関係以外でしたらスタディングがオススメです!

1つの講義が5分から10分程度にまとまっているので合間合間に勉強できるので発達障害の私たちにとって継続できます。
スマホのアプリから気軽にいつでも勉強できるのです。

スマホ1台でも勉強ができるのが大きな魅了です。
通勤時間だけでなく会社の休み時間でも勉強できます。

転職のための勉強でしたら会社に資格の勉強をしてることがバレるとややこしいです。
本だと表紙で気付かれますがスマホだと安心ですね!
質問ができないのは唯一の欠点だけれどスマホ画面から気軽にできるので継続して勉強できそうです✨
特にどんな仕事か実感さえ分からない私にとって「質問も気軽にできるから授業料が高い講座」を無理に受けるよりは良いわ!
変に高いと途中で解約もしづらいから私にとってはこれぐらいが丁度良いわ💓
向いてる仕事

まとめ

結論だけ言えば、資格取得に執着心を持ち続けてる人は多いです。
自己PRが苦手だから「資格」でPRするのは間違った選択肢ではありません。
資格ばかり取得して他のことを勉強できずに転職を繰り返したケースは多いです。

しかし、自己PRが苦手な発達障害の私たちにとって「一人で稼げる資格」が1つでもあると心強いのです。
「一人でできる仕事」の面接なら他の業種と比べるとコミュニケーション能力は合否の判断されることはありません。
下記3つの講座の中から1つだけ選ぶだけで人生観が変わります。

簿記の資格を勉強するなら が良いです!
先ずは会計士の仕事が向いてるか確かめるためにも簿記の資格を取ることからスタートしましょう。
面接が苦手な方でも「簿記」の資格を持ってるだけで有利になります!

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「資格取得」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「簿記」の資格を持ってる発達さんも居たので勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る