金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

発達障害の人が会計士になるには

会計士の仕事に興味は?

会計士の仕事とは
  • 数学が嫌いでも良いので小学校の算数で出た文章問題が得意な人に簿記の資格を向いてる
  • 電卓が使えるので学習障害が原因で計算ができなくても目指せる
  • 会計士の障害者雇用も増えてきてる

「苦手なことが多い。でも、きっと得意なこともある!」「やる気はある。でも、何からどのように始めるべきか分からない!」…そんな「発達障害」「アダルトチルドレン」の方々のために、本記事では、彼ら・彼女らにおすすめできる職業を紹介します。

自身の置かれた環境と自らの特性に向き合い、それぞれの苦労を解消しようと努力されている当事者の方々。
そして彼ら・彼女らを支える保護者や身の回りの人々。
すべての人たちにとって「働く」ことは、どこかハードルが高いように感じられていませんでしたか?

この記事を最後まで読めば、彼ら・彼女らが活躍できる仕事とは「どんな仕事なのか」「どうすればその仕事を始められるのか」が分かります。
あなたの未来を切り開くための特別コラム、ぜひ最後までお目通しください。
障害者雇用おすすめサイト








楽しい会計士は、どんな仕事なのか

会計士の仕事

会計士の仕事


——————会計士ってどんな仕事?
楽しい会計士の仕事の特徴は
  • 「監査業務」は正確性が求められる仕事である
  • どちらかと言えば大人しい人が多い職場だ
  • 仕事中でも雑談がないときつい人には向かない職場もある
  • 大企業のサポートでは協調性が求められる場面が多い
  • ベンチャー企業であれば周りをリードするリーダーシップが大切
  • 金融機関は協調性もリーダーシップも活かせる職場である
  • 独立開業して経営コンサルティングを行うという選択肢もある

公認会計士の業務内容は多岐にわたるため、一言で「どんな人に向いている」と表現するのは少々難しいのですが、公認会計士としての活躍の数パターンに分けて解説を進めたいと思います。

まずは、公認会計士の独占業務である「監査業務」についてです。
高度な専門知識が必要であり決められたルールをしっかりと遵守することが求められますので、業務の正確性が維持できる人に向いている作業でしょう。

大企業のサポートであれば、大勢のチームで業務を行うため協調性が求められます。
小規模のベンチャー企業であれば、自分の力で周りをリードするリーダーシップが求められる立ち位置でもあります。
また金融機関であれば、大手、小規模と両方あるので自分に合った道を選べるでしょう。
個人事業の仕方

会計士は、どんな人に向いているのか

会計士の仕事の特徴は
  • 経理、会計の業務を行うのが会計士の仕事である
  • その会計士の中でも国家資格を取得した者が「公認会計士」である
  • 代表的な仕事は企業などの監査業務で「公共の利益を守る」仕事に従事する
  • 内部統制やリスク管理などの多様なスキルを活かして幅広い業務に当たる
  • 経営の知識を使ったコンサルティングもできる

この記事では、いわゆる「公認会計士」という職業について解説します。
その名の通り、経理・会計の業務を行うのが会計士の仕事ですが、その会計士の中でも国家資格を取得した者を指して、「公認会計士」と表現します。

公認会計士の代表的な業務は企業の監査を行うこと。
書類を調べその整合性を確認し、公開されている財務情報の信頼性を保証します。
「公共の利益を守る」という目的で、公認会計士は日本経済全体を支え、さらなる発展のために寄与しているのです。

内部統制、リスク管理など、会計以外でも高度かつ多様なスキルを持ち合わせている公認会計士は、その経営の知識を活かしたコンサルティング業務を行うことも可能です。
別途試験を受けることなく税理士として登録することもできるため、幅広い活躍が期待できるのです。







会計士

会計士


——————会計士の仕事をしたい⁉️

どうしても協調性を保つのが難しい場合は、「独立開業」という選択肢もあります❗️
在宅で働きたい方募集中~会計事務所経験者~【ジャスネット在宅スタッフ】 を活用して顧客を獲得する必要があるわ✨
会計士の仕事はリモートワークの仕事も多いので興味があるから「リモートワークのみの仕事」もチェックしてみなくちゃ。
ガツガツと自分からコミュニケーションを取りながら、自身の金銭面などのマネジメントを同時に行うマルチタスクの能力が求められるでしょう。
また、経営コンサルタントとして企業等に経営のアドバイスを行うという選択も可能です。
この場合も多くは独立開業という形を取ることが多いでしょう。
リモートワークのみの仕事

会計士は、どんな人に向いていないのか

会計士の仕事が向いていない人

会計士の仕事が向いていない人


——————会計士ってどんな人に向いていないの?
会計士に向いてない人
  • 大きな問題点を見てないといけないので細かすぎない
  • 正義感がない
  • 自己中心的な行動を取ってしまう
  • 黙々と事務の仕事がするのが苦いてないがコンサルなできる可能性あり
  • 論理的思考力が高いと既存の中でしか考えてしまうので合わない

どんな仕事でも言えることですが会計士が「向いてない」ではなく楽しめるかが対せです。
がっつりと真面目に仕事をしてる人よりも会計士の仕事を楽しめるかが向き不向きのポイントとなります。
事務仕事が多いように見えますが、コンサル業務もあるならじっとするのが苦手な人も向いてる傾向があります。

発達障害だから細かいミスを見つけれないといけないから向いてないのでは?
っと思いますがむしろ細かいミスを見つけることはどうでも良いです。
それよりも大きな問題点を探していくことが大切です。

お客様の意見を合わせながら仕事をしないといけないこともあるのでズバズバ正論をぶつけてるようではダメです。
自己中心的に意見をぶつけてしまうなら飛び込み営業電話対応の仕事とかにチャレンジしてみましょう。

もし、細かいミスをずっと見つけていく仕事がしたいならゲームのテスターとかが向いてるかもしれません。
細かい作業他得意ならプログラマーの仕事もおすすめです!
会計士の仕事が向いてないなら他にちゃれにするのもありなのね!
無料プログラミングスクールもあるし転職の相談もできるのね💫
安心だわ💓
無料プログラミング教室

おすすめの資格の試験対策

お金関係で興味のある資格は?

会計士の資格を目指すための試験対策
  • 会計士の資格取得は門戸が開かれている
  • 誰でも合格を目指せる環境がある
  • 資格試験予備校に通って勉強を進める人もいる
  • 先に書いたように書店で購入したテキストから始めるのもあり
  • まずは公認会計士の方に実際に会って相談してみるのが早いかもしれない

「公認会計士」は、高等教育機関での勉強なしでも挑戦できるほど門戸の開かれた資格。最近では法学部や理数系学部など様々な学部の出身者が合格しているように、誰でも合格を目指せます。
合格者には「資格の学校TAC」や「LEC東京リーガルマインド」や「資格の大原」などの資格試験予備校にも通って勉強を進める人もいるようです。
自身の力だけで公認会計士の資格を取得するのには少し不安があるという方は、上記のような資格試験予備校を活用しながら合格を目指すというのも一つの手段ではないでしょうか。

簿記や税理士などの資格があると就職に有利になります。
求人サイトに簿記3級以上必須などの項目があることもあります。
資格を取るだけでも面接を受けれる企業を他の人よりも選ぶことができるようになります。
簿記の資格 ※無料で学べる簿記の資格講座「CPAラーニング!」
会計士の超人気スクールが運営してるので無料で学べるだけでなく品質も高いです。
問題集も掲載されているのでお金のない受験生におすすめです。
>>簿記を無料で学習するならCPAラーニング!

会計士のおすすめ求人サイト

会計士に就職

MS-Japanが選ばれる理由
  • 経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した人材紹介会社です
  • 2万人以上の方々の転職させた実績がある
  • 弁護士・公認会計士・税理士・USCPAなどの有資格者については、600名以上の方の転職をサポートした実績があります
  • 性別は問われず20代〜40代を中心に転職活動ができます
  • 50歳以上のシニア層も可能です
  • 求人数は4000件以上あります

会計士や税理士を目指すなら【MS-Japan】無料登録!とは、税理士や会計士などに特化した転職エージェントとなります!
管理部門に特化しているので大手転職エージェントにない求人もあります。

特に簿記や税理士とかの資格を活かしたい人におすすめです!
他の業界と比較しても転職が許される業界なので転職エージェントサービスを活用すれば収入もアップします。

面接中ではなかなか言えない福利厚生の交渉もしてくれることもあります。
特に面接に何度もチャレンジしても受からないなら無料なので先ずは登録だけでもしましょう。
就職はできるけれど就職後にボロが出やすいADHDさんには良いサービスだわ✨
面接で言い難いことまで交渉して転職のアドバイスをしてくれるんだって!
安心だわ💓
atGPの評判
※障害者雇用で会計の仕事がしたいなら
一般雇用だと何かしら支障が出てスムーズに仕事ができない。
それなら、障害者雇用で就職してみましょう!
>>障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

まとめ

本記事では発達障害を抱える方に向けて「会計士の仕事」についてご紹介しました。この記事を読んで、ご自身が「発達障害」「アダルトチルドレン」の傾向があるかもしれないと思った方は、ぜひ他の記事にも目を通して、理解を深めていただければと思います。
また、自分一人で抱え込まず、周りの人へ相談することも有効的です。

会計士や税理士の仕事をするなら がおすすめです!

転職の仕方が分からなくても無料で相談してくれます。
プロの人が転職のアドバイスをしてくれるので心強いです!

会社で働くの嫌なら個人事業をするのも一つの手です。
在宅で働きたい方募集中~会計事務所経験者~【ジャスネット在宅スタッフ】 なら経験やスキルがあれば個人でも仕事をもらうことができます!
もし、スキルが足りないなら資格にチャレンジするのも一つの手です!
簿記を無料で学習するならCPAラーニング!から会計士や税理士になるための資格を得ることができます。
先ずは、簿記3級からチャレンジしてみましょう!

困った時はぜひ、発達障害アートカフェバー金輝へお問い合わせください。
「発達障害」の方、「アダルトチルドレン」を取り巻く環境には「トラウマ」「共依存」「機能不全家族」「自己嫌悪」「対人恐怖症」「劣等感」「自己肯定感」「虐待」「毒親」「うつ病」「摂食障害」「インナーチャイルド」「パニック障害」「依存症」などの言葉も関係しています。チェックリストと合わせて、上記のような言葉にピンと来た方のお問い合わせもお待ちしております。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「転職」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る