金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

境界性パーソナリティ障害と発達障害

周りに境界性パーソナリティ障害の人は?

境界性パーソナリティ障害について?
  • 「境界性パーソナリティ障害」の悩み
  • どんな原因で発生するのか
  • 克服の仕方

「発達障害」を抱える方々、身の回りに「発達障害」を抱える方を持つ方々、すべての皆様へ向けて「パーソナリティ障害」についての情報をお届けします。
この記事で紹介するのは、様々な種類を持つ「パーソナリティ障害」、その一つである「境界性パーソナリティ障害」です。
複合的な問題を抱える「境界性パーソナリティ障害」、その当事者が抱える苦労を取り除くための支援の方法は様々です。

通院してる病院で境界性パーソナリティ障害と心療内科で診断されたわ💦
いっつも前に進めずに立ち止ってしまう‥‥‥‥‥‥orz
ちょっとしたことまで真に受ける発達障害の症状がある人にとって「二次障害」として発症することがあります。
どうやって上手く「境界性パーソナリティ障害」と付き合えば良いかをこれから一緒に学んでいきましょう!
病院一覧








境界性パーソナリティ障害とは


境界性パーソナリティ障害とは
  • 「パーソナリティ障害」は他者と違う反応や行動を取ることに苦痛を抱えている
  • 対人関係が不安定になり、日常生活や仕事に支障を引き起こす
  • いわゆる「性格」や「個性」に問題があると勘違いされやすい
  • 他の精神障害が併存する場合がある
  • 併存する精神疾患の方が表に出るため、しばしば「黒幕」と表現される

「境界性パーソナリティ障害」を解説する前に、そもそも「パーソナリティ障害」とは何でしょうか?

「パーソナリティ障害」とは、多くの人々との共同生活の中で他者と違う反応や行動を取ってしまうことに対する苦痛を抱えるという精神疾患です。
「この他者と違う反応や行動」によって対人関係が不安定になり、日常生活や仕事に支障を引き起こしてしまうのです。

当事者の「パーソナリティ自体が病的」と解釈され、いわゆる「性格が悪い」と理解されてしまうこともあるのね‥‥‥‥‥‥orz
これは間違いだわ⁉️
治療によって徐々に改善が期待できるわ。
「パーソナリティ障害」には、他の精神障害が併存する場合があります。
「境界性パーソナリティ障害」の場合は一例として、PTSD、摂食障害、依存性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害、回避性パーソナリティ障害、社交不安障害、薬物依存、うつ病、など様々な併発が知られています。
「境界性パーソナリティ障害」とその併存する精神疾患では、後者の精神疾患の方が前面に出ることが多いため、「境界性パーソナリティ障害」は、しばしば背後から悪影響を及ぼす「黒幕」であると表現されます。
アダルトチルドレンの生き方

境界性パーソナリティ障害の特徴


境界性パーソナリティ障害の特徴
  • 「見捨てられている」という不安感から対人関係の維持、円滑なコミュニケーションが難しい
  • 自分が悪いという心理状態から、趣味や意見など自分の特性を無理やりに変えようとする
  • 自身の衝動をコントロールできず、浪費や犯罪などのトラブルを引き起こす
  • 感情のコントロールが苦手で感情を表出してしまい、その後自己嫌悪に陥ってしまう
  • ストレスに由来して、現実的ではない判断をしてしまう

一つ目のキーワードは「対人関係」です。
「境界パーソナリティ障害」の当事者は、人から見捨てられることに敏感で常に不安を感じています。
これは、実際に見捨てられるような状況に陥る場合と、自身が見捨てられていると思い込みむ場合、両方が該当します。
この「見捨てられている」という感覚から不安や怒りが増幅し、自己のコントロールが難しい状況に陥ってしまうのです。 この対人関係を維持することの難しさは、孤独感への耐え難さとも言えるでしょう。
そのため、他者の気持ちに敏感なため、他者のために頑張ったり、思いやりを持って行動する場面も見られます。
しかし、その反動で数度会ったことのある相手を過度に信用してしまうこともあります。
自身のニーズを相満たすに値しないと分かると一転、その相手を極端に嫌うなどコミュニケーションに難しさを抱えているのです。

二つ目のキーワードは「自己像」です。
自身に対する評価、自身が持つ趣味や意見が一定でなく変化し続けるのです。
これは、すべての物事について「自分が悪い」と感じているという心理が関係しています。
周りの人々からの支えが不十分だと、この自己嫌悪が強くなり自分を変えようとする心理が働くのです。

三つ目のキーワードは「衝動コントロール」です。
他者から「見捨てられている」という感覚を引き金に自身の衝動をコントロールできなくなり、浪費・犯罪・過食・ギャンブル・薬物・安全でない性行為・自傷行為(リストカットなど)・自殺未遂を繰り返す傾向が生まれます。
これらの行動は、周りからの関心や助けを得ようとしたアピールであると誤解されてしまいがちですが根本は自身の衝動をコントロールし兼ねていることにあるのです。
冷静を取り戻した後で自身の行動を後悔し、その心理状態が様々な悪影響を及ぼすことも少なくありません。

四つ目のキーワードは「感情」です。
当事者は自身の感情をコントロールするのが苦手です。
そのため、他者を傷付けるような態度と言葉として表出されます。
自身の感情をぶちまけた後は、その恥ずかしさや申し訳なさに苛まれ、自己嫌悪が強まります。

最後のキーワードは「認知」です。
激しいストレスが掛かっている時にとても現実的とは言えない思考をしたり、現実逃避が増えたりすることがあります。
「見捨てられている」という不安に関連して、一時的に起きる症状です。
自傷行為や非行するスケープゴート

境界性パーソナリティ障害の原因

境界性パーソナリティ障害の原因は?

境界性パーソナリティ障害の原因って?
  • 「境界性パーソナリティ障害」の原因は解明されていない
  • 近年の研究で少しずつ解明が進んでいる
  • 「衝動コントロール」には神経系の機能低下が関係している
  • 「衝動コントロール」には発達期の苦難の体験が関連している
  • 養育環境や、養育期の辛い体験が発症に繋がっている可能性も示唆されている

「境界性パーソナリティ障害」の原因は、まだ十分に解明されていません。

しかし、近年の研究によって、「衝動コントロール」については中枢神経系を制御する神経伝達物質(セロトニン)が作用する神経系の機能低下に起因するなどの生物学的特性や、発達期の苦難の体験が関連していると明かされました。
養育環境や、養育期の辛い体験が発症に繋がっている可能性も示唆され、今も研究が続いています。

子供の頃、親にずっと命令されっぱなしだった😭
何を言われても拒まれてしまったわ💦
大丈夫!
自ら動ける力はしっかりと身についてます。
それに気付いて動くのに時間が掛かっているだけなのです!
依存性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の接し方


境界性パーソナリティ障害の接し方はそうすれば良いの?
  • 自身から発信し、身の周りの人々に「パーソナリティ障害」への接し方を広める
  • 職場、学校など様々なコミュニティで有効な手法
  • 自身の心地よい環境を整えられるので快適に生活できる
  • ただ、カミングアウトは利点ばかりとは限らない
  • カミングアウトを選択する際には主治医など専門家の意見を仰ぐべき

「境界性パーソナリティ障害」を抱える人の身の回りの方は、どのような支援をするべきでしょうか。
身の回りの人々の適切なサポートを叶えるためには、当たり前ですが身の回りの人々に最初に「境界性パーソナリティ障害」の特性について周知する必要があります。

働いている方なら会社に自身の症状を伝えましょう。
「パーソナリティ障害」についての理解が深まれば、通院を考慮した勤務形態を整理したり、適性に合った業務を割り振ったりなど、会社を自身の心地よい環境に変えられます。
会社以外のコミュニティや学校など、様々な場所で有効です。

自身の「パーソナリティ障害」について会社やコミュニティ、学校などに公表するか悩んでいる方は一度主治医など専門家に相談してください。
必ずしも最有効とは限りませんので、専門的な判断を持ってカミングアウトをしましょう。
ダメ人間に近づくケアテイカー

境界性パーソナリティ障害の治し方


境界性パーソナリティ障害の治し方って?
  • 「弁証法的行動療法」は自殺行動の減少や感情のコントロールに効果があるとされる
  • 「メンタライゼーション」は自身と他者の適切な距離の理解を助ける
  • 「スキーマ療法」は週数回のセッションで自身のトラウマを克服する
  • 治療に繋がった事例は少なく、併存する他の精神疾患の治療のため医療機関を訪れる人が多い
  • 治療法の研究は進んでおり、今後さらなる効果的な治療法が見付かることも期待される

「境界性パーソナリティ障害」が治療に繋がった事例は多くありません。
医療機関受診の多くは、他の精神障害が併発している場合です。

治療法には、以下のような方法が挙げられます。

一つ目は「弁証法的行動療法」です。
「境界性パーソナリティ障害」の治療に最も効果的とされる治療法で、唯一、自殺行動の減少に効果が発揮されていますまた、感情のコントロールにも効果があると考えられています。

二つ目は「メンタライゼーション」です。
自身と他者の感情や思考、欲求を理解した上で、自身および他者との適切な距離を保つためのトレーニングを行います。
グループセラピーと個人療法の両方を約2年間受け、メンタライゼーション技能を発達させる手法を取ります。

三つ目は「スキーマ療法」です。
数種類の治療法を統合した方法です。
「境界性パーソナリティ障害」の症状を子ども時代に発達し生涯を通して進化し続けるスキーマに由来すると捉え、週数回のセッションを3年間行うことで改善を目指します。

上記の他にも治療の方法が模索されていますが、どれも研究段階であり治療法は確立されているとは言えない状況です。
しかし、今後の研究次第ではさらなる効果的な治療法が見付かることも期待されます。

まとめ

本記事では発達障害を抱える方に向けて「境界性パーソナリティ障害」についてご紹介しました。
この記事を読んで、ご自身が「発達障害」「アダルトチルドレン」の傾向があるかもしれないと思った方は、ぜひ他の記事にも目を通して、理解を深めていただければと思います。
また、自分一人で抱え込まず、周りの人へ相談することも有効的です。困った時はぜひ、発達障害アートカフェバー金輝へお問い合わせください。

「発達障害」の方、「アダルトチルドレン」を取り巻く環境には「トラウマ」「共依存」「機能不全家族」「自己嫌悪」「対人恐怖症」「劣等感」「自己肯定感」「虐待」「毒親」「うつ病」「摂食障害」「インナーチャイルド」「パニック障害」「依存症」などの言葉も関係しています。上記のような言葉にピンと来た方のお問い合わせもお待ちしております

もし、もっとリアルな意見を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「境界性パーソナリティ生涯」で悩んでる人と交流もできるのでリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと後ろめいた過去のある人がいたわ✨
「境界性パーソナリティ障害」で悩んでいた実機があるみたいだったので勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?


上に戻る