金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

発達障害でプログラマーが向いてる人と向いてない人の違い

プログラマーの仕事に興味は?

パソコン1台だけあればできる「WEBプログラマー」の仕事
  • プログラマーとは、どんな仕事なのか
  • 発達障害でプログラマーが向いてる人とは
  • プログラマーとして働くための準備や勉強

ゲーム好き、ロボット好き、ネット好き、そんな発達さんにとって憧れの職業でもあるのが「プログラマー」の仕事です。
プログラマーの仕事は憧れるけど、「発達障害」で今まで苦労したことを考えると就職できないかについて考えたいと思います。

プログラミングをしてコードのミスはしないの?
ADHDだから飽きたりしないの?
でも、パソコンが好きだからプログラミングの仕事をしたい。

そんな発達さんの悩みをまとめてみました。
プログマーは向き不向きがはっかり別れる職業でもあります。
発達の中でも自分が向いてる人の一人かどうかチェックしてみましょう!

テーマは「プログラマー」。
発達障害だと向いてるとも言われるプログラマーとして働くための準備や勉強などの情報をご紹介します。
新しい未来を切り開くための、第一歩。
まずは、資格についての理解から進めましょう。
WEBデザイナー








WEBプログラマーとは、どんな仕事か?

プログラマーとは、どんな仕事か?
  • プログラマーは、プログラミング言語を使ってシステムやソフトウェアを作る人
  • 生活の中で目にする物の多くには、プログラミングが関係している
  • プログラミング業界は本当に発達でなくても発達っぽい考え方をする人も多い
  • 発達障害だとむしろ向いてるという意見もある
  • 高収入を安定した生活を目指せる職業でもある

プログラマーとは、プログラミング言語を使ってコンピュータを動かし、システムやソフトウェアを開発する仕事です。
少々難しいのでもう少し噛み砕いて表現しましょう。
きっと皆様も使われている「Amazon」のお買い物アプリがあると思います。

Amazonで欲しい物をクリックして決済をすると届きますよね。
その過程として、登録している住所を確認したり、登録しているクレジットカードで決済したりという作業があります。
しかし、この作業は毎回あなたはしていません。

また、商品を売っている業者もこの作業をしていません。
すべては、Amazonが作ったシステム上で自動に行われるのです。
こうした自動の流れ作業を作っているのも一つのシステムです。
プログラミングの力があれば、こうした技術を作り上げることができるのです。

こうした技術は、「AがBした時は、Cして」などの法則を作ることで成り立っています。
この「AがBした時は、Cして」こそがプログラミング言語です。
プログラミング言語を扱う人が、いわゆる「プログラマー」と呼ばれる存在です。
コンビニで決済する電子マネーも、ニンテンドースイッチのゲームも、このプログラミングが関係しているのは面白いですよね。
一人でできる仕事






憧れのプログラミングの仕事

憧れのプログラミングの仕事


——————憧れのプログラミングの仕事

「プログラマー」と言っても様々な業界で活躍しているのが分かってきたわ💕
最早どの業界においてもプログラミングは関係なしでいられない存在なのね✨
だからこそ、今最も必要な仕事の一つでもあります。
需要が高く、高収入を目指せるプログラマーに、ぜひ挑戦してみましょう!
WEBライターの仕事

WEBプログラマーはどんな人に向いているか

プログラマーのお仕事が向いてる人の特徴は?
  • 対人の仕事よりPCと向き合う仕事の方が遥かに多い
  • 集中力、体力が求められる
  • 論理的思考力や規則・ルールに従う心を持つ人に向いている
  • 想像力を働かせることも大切
  • 「対人じゃない」は「協調性が要らない」じゃないので注意

プログラマーは、対人の仕事よりPCと向き合う仕事の方が遥かに多いです。
パソコンと長い時間向き合い続ける集中力、体力が求められるでしょう。

また、プログラミング言語は「AがBした時は、Cして」という風に論理的に組み上げる物です。
「何となく」という感覚的な考えが許されない環境ですので、論理的思考力や規則・ルールに従う心を持つ人に向いています。

ミスがあると気付いた際には、どこが間違っているのかを論理的に調べるという場面も。
こうした時には集中力も論理的思考力もフル稼働で仕事に臨む必要があります。妥協しない心も必要ですね。

「何となく」が許されないと言いましたが、一方で想像力を働かせることも大切です。
論理的に組み上げる途中で、「もしかすると別の方法が合っているかも?」と想像できれば、もっといい商品を作ることができます。
もっといい物を、という好奇心があれば、楽しみながら仕事に取り組むことができるでしょう。

注意しなければならないのは「対人じゃない」は「協調性が要らない」じゃないということ。
プログラマーは、自身の作ったデータを他者に渡したり、共同で一つの仕事を成し遂げたりなど、他者との協力が必須の仕事です。
PCと向き合っている時間は、実は周りの仲間と一緒に仕事をしている時間でもあるのです。
ここを間違えてしまうと、プログラミング言語を学べば一人で仕事ができると勘違いしてしまいます。
もちろん、業務中一人で集中できるというメリットはありますが、「周りを気にせずに」じゃないので気を付けましょう。
リモートワークのみの仕事

プログラマーはどんな人に向いていないか


プログラマーの仕事が向いてない人の特徴は?
  • PCが苦手という方には難しい仕事かも
  • 論理的思考力が乏しいと苦戦する
  • 細かい作業が苦手な人は不向き
  • 数学や国語が苦手だった人や興味関心がないという方は注意
  • 時代の流れが速いので新しい物よりも古い価値が好きな人はおすすめしない
  • 勉強が嫌いな人には厳しい
  • ものづくりを面白いと思えない方は面白さが分からない可能性も
  • 常に学習の繰り返しなので、極端に意識が低い方は難しさを感じる

プログラマーに必須なのは、PC。PCが苦手という方には難しい仕事かもしれません。
ただ文章を打てたり、表を作れたり…というレベルでは、なかなか追い付けない物です。
パソコンに詳しいという人が目指すのが近道でしょう。

もちろん、PCについての知識がない状態で、イチからプログラマーを目指すのも不可能ではありません。
しかし、相応の時間を要することは覚悟した方がいいでしょう。

また、プログラミング言語を扱うという特性上、数学や英語の知識がある人の方が有利です。
これらの教科が苦手だった人や興味関心がないという方は、苦痛を感じることがあるかもしれません。

そして、ものづくりを面白いと思えない方も注意です。
プログラミングは形はありませんが、ものづくりと同じです。
何もない場所に、言葉を組み上げることでシステムを作ること。その仕事にやりがいや面白みを感じられない場合は、仕事のモチベーションを持てないと思います。

上記のように技術的なハードルがあるプログラマーですが、精神面でも多少ハードルがあります。
学習の繰り返しですので、極端に意識が低い方は難しさを感じることでしょう。
また、ミスを見付けた時になぜ間違っているのかを追究し続ける集中力と面倒臭がらないやる気が必要です。
この辺りは、意外にもいわゆる体育会系のような精神論が必要だと思います。

どの仕事にも言えることですが、ミスが気になるようでしたらADHDの向いてる仕事についても調べてみましょう。
ADHDの向いてる仕事

プログラマーとして働くには、どんなことを勉強すれば良いか

プログラマーになるために必要な知識は?
  • プログラマーになるために必ず必要な条件はないが、プログラミングを学べる大学・短大・専門学校への進学が一般的
  • しかし、プログラミングを学べる大学・短大・専門学校への進学が一般的
  • 学歴主義の世界より、職人の世界といったイメージ
  • プログラマーとしてのスキルを客観的に示せる資格もある
  • 中でも経済産業省が認定する「情報処理技術者試験」という国家資格は武器に
  • 作品作りに挑戦することがスタート。一度でもプログラミングに触れている人の方が面接官には好印象

これらの知識を学べるのは大学・短大・専門学校の関連する学部です。
もちろん、関連する学部じゃない場合でも自力で学べば問題ありません。

プログラミングを学べれば、どこでもオッケー…ではありますが、とても専門性が強い学問ですので、できれば関連する学部を選びたい所です。
専門知識を十分学べる環境があれば、学歴はそんなに関係のない世界でもあります。

また、プログラマーは仕事の成果…すなわちポートフォリオ(これまでの製作実績)で評価されることが多いのも特徴です。
実力のあるプログラマーを採用したいと思う人たちが、「この人なら任せられる!」と思えるような実績を示すことができれば、採用にいち早く近付けるでしょう。

実力が伴っていないからポートフォリオも作れない…という方もいらっしゃるかと思います。
ですが、作品がないとスタートラインに立てないというのも事実です。
まずは、「ここまでなら作れます」という意思表示をするためにも作品作りに着手してください。
それが高度な物じゃないとしても、「実際にプログラミングに触れているのだな」と相手に伝わることが大切です。

同じ初心者でも、実際に勉強している人と採用が決まってイチからスタートする人では面接官へ伝わるイメージが違います。
まずは作品作りから始めてみましょう。
※障害者枠でWEBプログラマーを目指したいならatGP
現役ライターが講師をしており、お手本になれる人に教えてもらえます。
WEBライターとして活動したいが、ライティングスキルに不安を抱えて一歩踏み出せない人におすすめです。
何をすればよいか分からないのなら先ずは実績のある講師が働いてるスクールを受講してみましょう。
>>Webスキルを身につけ、働き方に自由を【atGPジョブトレIT・Web】
無料プログラミング教室






面白い文書を書く!

面白い文書を書く!


——————プログラミン着技術を磨く!

学歴より、作業が丁寧かなど、プログラマーとしてのスキルを見られる傾向に。
学歴主義の世界より、職人の世界といったイメージです。

と言っても、プログラマーとしてのスキルを客観的に示せる資格のような物が欲しいという気持ちも分かります。
就職する場合や、フリーランスとして仕事を受注する際の武器として取得するのもおすすめです。

中には、経済産業省が認定する「情報処理技術者試験」という国家資格も。
取得すれば履歴書に書ける資格ですので、取得を目指してみるのもアリかもしれません。

もし、プログラミング技術に自信が持てないのでしたら「インフラエンジニア」になることも検討しましょう。
コマンドをサーバに入力する仕事なのでプログラミングよりも簡単に覚えれます!
インフラエンジニア講座

WEBプログラマーになるための転職エージェント

未経験からでもITエンジニアを目指せる転職エージェントです。
20代と未経験の人が活躍しています。

累計2,000人以上の就業マッチングを実現しています。
未経験からでも可能なので求人紹介や面接対策だけでなくITスキルを学べる学習動画コンテンツもあります。
>>ITエンジニア就職に特化した【ウズキャリIT】

IT企業ってブラックだから離職率が心配な人も多いのではないでしょうか。
入社後の定着率が97%以上も高いので入社後も安心して働けます!
不安が消えないなら会員登録後してから無料相談 してみましょう!







クリエイター

クリエイター


——————クリエイターになる‼️

※将来自営業を目指してる発達さん必須のクリエイター求人
男女や経験問わず25~40歳の人が活躍しています。
IT・WEB・デザイナー、ソーシャルゲーム業界を目指したい人にオススメです。
もし、障害者枠でプログラマーになりたいのならatGPなどの障害者に特化した転職エージェントを活用しましょう!
>>フリーランスエンジニア、副業向けの求人・案件をまとめて検索!【テックゲート】

リモート可能な案件を多数掲載してくれます!
営業や条件交渉が苦手なHSPの人におすすめなフリーランス向けの仕事の求人をもらうことができます。
特にHSPの人はリモートワークができる仕事とかならクリエイター以外でもおすすめです⁉️
atGPの評判

まとめ

簡単で気軽にできるWEBプログラマーの仕事ができます。
ただ、最初の1ステップ目がキツいだけです!
また、自分一人で抱え込まず、周りの人へ相談することも有効的です。困った時はぜひ、発達障害アートカフェバー金輝へお問い合わせください。

障害者枠で支援を受けながらWEBプログラマーの勉強をしたいなら、Webスキルを身につけ、働き方に自由を【atGPジョブトレIT・Web】 をしましょう!
プログラミングの経験のある講師から学べます。
WEBプログラマーとして活躍したいなら
が良いです。
未経験でもやる気さえあれば簡単に就職できます!
どれが良いか判断ができないのなら無料なので3つ登録して後から決めましょう。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「転職」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る