金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

HSPの人がWEBデザイナーになるには【ADHDも可】

WEBデザイナーの仕事に興味が?

繊細な人が憧れるWEBデザイナーの仕事
  • WEBデザイナーの仕事についての概要
  • WEBデザイナーに向くHSPの傾向
  • 必要なスキルや面接対策の方法

細部まで拘ることが得意な「HSP」や「ADHD」の方がWEBデザイナーとして働くために必要なスキルや面接の対策などの情報を整理してご紹介します。
答のないデザインの世界では、「HSP」や「ADHD」ですが、「物事を深く考える」ことが得意です。
苦手でなく得意を活かすため、WEBデザイナーの仕事がおすすめです。

身の周りの当事者をサポートする方々、または、ご自身の症状と向き合い生き方を決めたい方々へ。
その指針として活きる情報を整理しておりますので、ぜひ最後までお目通しください。

この記事を最後まで読めば、WEBデザイナーが「どんな仕事なのか」「どうすればその仕事を始めのか」が分かります。
この記事を読んでWEBデザイナーの仕事に興味を持てたり向いてるかもって思っていただけば幸いです。
また、デザインよりも文書が得なら「ライター」の仕事についてもページもチェックしてみましょう。
ライターの仕事








WEBデザイナーは、どんな仕事なのか

WEBデザイナーはどんな仕事?
  • WEBデザイナーはWEBサイトをデザインする仕事
  • がっつり稼ぎたいならSEO対策も勉強する
  • 働いてる人の年収は二極化され中間層がない
  • WordPressを使いこなせると仕事の視野が広がる
  • HTML、CSS、jQueryを覚える必要があるが丸暗記せずグーグルさんに答えを探してコピペできるレベルでも十分だ
  • お客様の希望に合わせてプロダクトデザインを意識したサイトの構築を目指す
  • WEBデザイナーの中にはディレクションからすべてを一人で行う人もいる
  • IllustratorやPhotoshopなどのツールを活用しながら仕事を進める
  • まとめると、設計図を元に「見た目」の部分を作って制作者に渡すという一連の作業

「Webデザイナー」はサイトを見やすくする仕事です。
お客様の会社やお店のサイトを作理お客様の事業をサイト内で紹介する仕事です。
シンプルに言えば、お客様の集客をお手伝いするお仕事です。

名刺代わりにHPをWEBデザインする仕事だけならIT企業の会社らしい給料は望めません。
ただ、サービス残業が多いけど発達さんにとって音楽を聴きながら仕事できるし、アニメ見ながら仕事できて、スピードも求められません。
ブラックな会社だと言い張る人はいますが、ある意味私たちにとってホワイト企業だったりもします。

構成やレイアウトの元となる部分は、ディレクターが決定します。
ワイヤーフレームという形で設計されたサイトの設計図を参考にしながら、WEBデザイナーが実際のサイトを作るのです。
WEBデザイナーの中には、このディレクションからすべてを一人で行う人もいます。

デザインは、IllustratorやPhotoshopなどのツールを活用しながら進めます。
デザインが完成してお客様の確認が取れたら、コーダーに依頼をして実際のサイト制作に進みます。
このように、設計図を元に「見た目」の部分を作って制作者に渡すという一連の作業が必要となります。
がっつり働きたいならトーク力を重視してSEO対付きのWEBデザイナーが良いね💕
自分のペースで働きたいならサービス残業が多いけどSEO対策なしでデザイン力を意識して働くのが一番✨
絵も得意だから「絵を描く仕事」についてもチェックしてみなくちゃ。
絵を描く仕事

WEBデザイナーは、どんな人に向いているのか

WEBデザイナーの仕事が向いてる人の特徴は?
  • 制作意欲が高い人や地道な作業が好きな人が向いている
  • 似合う服を直感的に選ぶことができる
  • プリクラの作成、Twitterのフリート、インスタのストーリーズの機能を使いこなすのが得意だ
  • イラストは描けたら良いが描けなくても良い
  • 自身の好みでなく周りのデザインに合わせて作れる
  • 考え込む傾向の強いHSPの人は細部までこだわり抜いたデザインができる可能性も
  • ADHDの先延ばし癖がある人の方がじっくり企画できるので効率よく稼げる

次に、「どんな人が向いているのか」について解説します。

結論から整理すると、制作意欲が高い人や地道な作業が好きな人が向いていると言われています。
「デザイナー」という言葉からはアクティブな印象を受けますが、実際は地味で根気のいる作業が多いのです。
地道な作業を繰り返して、お客様のニーズに応えられるデザインが出来上がった時にやりがいを感じられます。

また、こだわりが強い人にも向いていると言えるでしょう。
個性を活かしてクリエイティブに溢れたサイトを作るためには、デザイナー自身の感性が求められます。

細かいデザインの拘りが強いHPSには合っているでしょう。
ただ、自身の好みを押し付けすぎるとお客様のニーズを満たせなくなってしまうので気を付けましょう。
できる限り自分が得意とするWEBデザインと同じ傾向の会社選びをすることが大切です。
HSPの向いてる仕事






営業は接客と違いお客様を選べれる

面白い文書を書く!


——————WEBデザイナーの仕事にチャレンジ!

このようにこだわりの強さが強みになる仕事なので、考え込む傾向の強い内向的・神経質なHSPの人に適性があることもあります。
周囲の状況や他者が気付かない点に注意を払うので、細部までこだわり抜いたデザインが可能なのです。

また驚きなのが怠け癖のある人に向いている仕事なのです。
怠け癖がある人は、どうすれば仕事が楽になるかを考えます。

デザインの仕事はツールをどう扱うか、その順番で作業をするかによって大きく所用時間が変わります。
自然と楽な方法を探す性格の人は効率よく仕事ができる可能性があります

ADHDよりのWEBデザイナーならグーグル検索順位を上げるためのSEO対策は覚えておく方がお得です。
コミュ力を活かせば「SEO対策」に強いWEBデザイナーにもなれるので高単価案件も獲得できます。
ADHDはお客様とのヒアリングも得意なので「ADHDの向いてる仕事」についてのページもチェックしてみましょう!
ADHDの向いてる仕事

WEBデザイナーは、どんな人に向いていないのか


WEBデザイナーの仕事が向いてない人の特徴は?
  • クライアントのニーズをヒアリングするためのコミュニケーション能力が必要
  • 自分の好みだけで作りビジネスとして捉えられない人も難しい
  • 時間やスケジュールの管理ができない人も向いていない
  • 細かい作業が苦手な人は注意にも合っていない
  • クリエイティブな作業に抵抗のある人も注意

クライアントのニーズをヒアリングしてWEBサイトのデザインに起こすには、コミュニケーション能力が求められます。
WEBサイトを自分の好みで作ってしまい、ビジネスとして捉えられない人には向かない仕事でしょう。

また、クライアントのやり取りが重要なので時間やスケジュールの管理ができない人も向いていません。
制作の仕事には納期がありますので「趣味」と「仕事」の作業の区別をつける努力が必要です。
決められた時間に間に合わせる義務感を持って仕事に臨まなければトラブルに繋がるケースもありますので注意してください。

WEBデザインの仕事が楽しいと思うなら克服できます。
発達さんは興味の無いことは必ずミスします。
しかし、興味のあることなら夢中になり乗り込めることができるのです。
これなら練習次第で克服できるポイントでもあるの私にもできそう💕
大切なのは楽しみながら仕事をすることなのね✨
向いてない仕事

WEBデザイナーを目指すために、何を勉強すれば良いか

WEBデザイナーになるために必要な知識は?
  • WEBデザインの知識は通常のグラフィックデザインと異なるので勉強方法に注意
  • WEBデザインの流行りは移り変わりが激しいので常にチェックが必要
  • IllustratorとPhotoshopなどのツールを扱えるスキルを身に付けたい
  • WordPressの勉強をすると仕事の視野が広がる
  • HTML、CSS、jQueryのスキルはコピーペーストして使いこなす程度でも良い
  • SEO対策に詳しくなるとがっつり稼げる
  • SEO対策に必要なタグは覚えると良いが最後はユーザが使いやすくニーズの高いページを作れば自然と検索上位に上がる

WEBサイトのデザインをするためにはデザインに必要な知識を蓄える必要があります。
グラフィックデザインとは少し異なるので、WEBデザインのスキルを身に付けるようにしてください。
またWEBデザインの流行りは変わりやすいので、今どのようなデザインが主流であるのかチェックしておく必要もあります。

業務を行うためにはデザインを行うツールを扱うスキルの習得も必須です。
特にIllustratorとPhotoshopは扱えるようにしておきましょう。
本で読んで分からないなら「WEBクリエイター講座」を受けて一から勉強するのも手です。

ちなみに卒業している大学の学部などはあまり関係ありません。
専門学校でツールの扱い方を学べる所もありますが、書店で売っている参考書を読みながら始めることもできます。
それよりも、「WEBクリエイター講座」を受けてで作った「作品」で評価されることがあるのです!
WEBクリエイター講座

自信がない人のための面接対策

前職と違う職種に就けたことは?

WEBデザイナーとしてお店での仕事は
  • WEBデザイナーを名乗るために必須の資格はない
  • 資格の有無よりもデザインスキルを示せれるかが大切だ
  • 実際はポートフォリオがどれだけ充実しているかの方が評価される
  • 面接中に、資料を持ってきた過去の成果物の資料を見せると確実に受かりやすい
  • 過去の成果物を作った場合は、使用したソフト、持ってるスキル、掛かった時間を説明できるようにする
  • 資格取得よりも、クリエイター教室や専門学校などで学ぶのがおすすめ
  • トーク力がある人は「SEO対策」を意識したWWEBデザインのアドバイスをPRできることを伝える

WEBデザイナーを名乗るために必須の資格はありません。
過去に作った成果物の資料やSEO対策のアドバイス、デザインの提案ができるかのどれかが受かるポイントとなります。
コミュニケーション力はそれなりにあるけど技術的な話し方になると急にできなくなるのでしたら営業の仕事とかも良いかもしれません。

過去の資料を見せた場合、スキルが足りていない、デザインの方向性が合っていない、やる気が見えないのどちらかがなければ基本的に受かります。
可愛い系のデザインが得意だけど、その会社がナチュラル系のデザイン専門だった場合は受かりません。

受ける会社の名前は、面接の前にしつこいぐらいグーグル検索しましょう。
最低でも5ページ目までにヒットしてる記事を全て読むべきです。
できたばかりの会社とかでヒットしないならまだ良いのですが、たまに入社してから怪しい夜のお店専門ののWEB製作会社だったことがあります。
特に出社時間が10時までの会社とかなら良いのですが11時以降に出勤する会社は、ADHDで遅刻魔な悩みがあってもおすすめできません。

求められるスキルは就職する会社によって異なります。
受ける会社がどんな「WEBデザイナー」の会社なのか知らずに受けてしまうと落ち続けてしまいます💦
会社のHPを入念にチェックして企業研究は予めしておくことをおすすめします。
苦手な面接対策
※就労支援でWEB製作スキルを身に付けたいなら
関東地域限定になりますが、デジタルハリウッドと提携しながら就労支援でWEBの勉強ができます。
現役のWEBデザイナーから個別指導が受けます!
>>Webスキルを身につけ、働き方に自由を【atGPジョブトレIT・Web】

WEBデザイナーの業界なら個人事業の方が強いこともある

社畜に馴染めないなら個人事業を目指すのもあり
  • 営業ができないならココナラやクラウドワークス、ランサーズなどのエージェントサイトで案件を受注する
  • 企業に依頼するよりも直接営業を掛ける方法も
  • 未経験の場合は練習で作ったサイトなどをまとめたポートフォリオを使う
  • 優秀なWEBデザイナーほど個人事業として独立する傾向がある
  • 初めての案件を取るまでが大変だが2件目以降はスムーズに案件がもらえる

WEBデザイナーは、個人事業主として始めることも可能です。
営業に臆病なHSPの人向けのサービスとして、ココナラやクラウドワークス、ランサーズなどのエージェントサイトで案件を受注すれば案件がもらえます。。
未経験ではWEBデザイナーとしての実績がないので、練習で作ったサイトなどをまとめたポートフォリオを使って受注を目指しましょう。

また、時にはアライアンス(仕事を依頼できるパートナー)との協力も必要になります。
「デザインは組めるが文章は書けない」などの場合は、ココナラやクラウドワークス、ランサーズなどのエージェントサイトでライターを探して依頼をするなど臨機応変な対応が求められます。

会社に働くことが苦手ならHSPやADHDの人にとって「個人事業」としての生き方はまさしく天職でもあります。
煩わしい人間関係を避けられたり、寝坊しても許される個人事業の世界だと活躍できる人は非常に多いのです。
優秀なWEBデザイナーほど個人事業として独立するので怖がる必要はありません。

フリーランスになると、ディレクションを自分で行います。
そのため、クライアントに直接ヒアリングをしてニーズを引き出すコミュニケーション能力が必要です。
その他の時間は自宅などのデスクワークを行いますので一人の時間が多くなります。
自分で仕事を探すのは大変だけどフリーランスとして叩きたい💕
会社だと仕事の邪魔をする上司もいるのでハードだわ💦
WEBデザイナーとしての実績が付けばだんだんと稼げるようになりそうだわ✨
個人事業のやり方

初心者向けWEBデザイナー の仕事が貰えるサービス

無料ITスクールに通えるから未経験でも就職できる

無料ITスクールに通えるから未経験でも就職できる


——————無料ITスクールに通えるから未経験でも就職できる⁉️
初心者でも安心できるIT求人ナビが選ばれる理由
  • 新卒や未経験でも対応できる
  • フリーランス向けの求人もある
  • 全国7拠点の幅広い地域に対応してる
  • WEBデザイナーの求人がある
  • 研修制度のある求人もあるので安心できる

完全に未経験でも20代で未経験でWEBデザイナーを目指したいならIT求人ナビなら就職できます!
無料のITスクールまで案内してくれるので初心者にも安心できます。

無料登録しないと求人は見れませんが有料で無いので先ずは迷わず登録してみましょう。
もし合わなければ後から断れば良いだけです。

未経験でも入社後にお給料をもらいながら教育を受けることができる企業をご紹介することが可能です。
WEBデザイナーの仕事がしたいけどITスクールに通うお金がないなら迷わずに相談してみましょう!

WEBデザイナー初心者には優しいサービスとなっています!
少しで興味があるなら先ずは無料登録だけでもしましょう。
自分に合ったWEBデザイナーの仕事を自分で生み出すことができるのです。
デザイナースクールに通いたいけどお金が無いからIT求人ナビは強い味方だわ✨
今まで不安ばかりだったけどここならちゃんとやっていける気がする!
私もやってみようっと💓







自宅でおしゃれにWEBデザイナー

自宅でおしゃれにWEBデザイナー


——————自宅でおしゃれにWEBデザイナー⁉️
リモートビズでどんな仕事ができるの?
  • 引きこもりながらWebデザイナーの仕事ができる
  • キャリアコンサルタントが担当してくれる
  • 自宅に居ながら正社員としての身分を得れる
  • 定期的な案件の紹介ができるのでブランク期間がありません
  • 固定報酬でなく安定の時給制なので安心して働ける
  • 週2日から稼働可能な案件もあるので脱ニートをしたい人にも向いてる

リモートの正社員紹介【リモートビズ】 なら時短、副業等、個人に合わせた仕事のスタイルが可能です!
ブランクなく定期的に高額な収入を得れるのです。
キャリアコンサルタントがユーザーに寄り添った提案をしてくれます。

無料のオンラインサロンも参加できるので情報交換ができて安心して仕事を受けることが可能です。
フルリモート可の「正社員」の案件の紹介もあります。

無料登録をすれば、WEBクリエイターに特化したリモートワークを紹介できます!
無料のオンラインサロンもあります。
フルリモートの案件で営業が苦手な人も仕事が貰えます。
WEBデザイナーの仕事もあるのね✨
HSPで人間関係が苦手な私も参加できそう!
営業力や住んでる場所に問われず仕事ができるのは大きな魅力だわ💓
リモートワークのみの仕事

まとめ

本記事では発達障害を抱える方に向けて「WEBデザイナーの仕事」についてご紹介しました。
この記事を読んで、ご自身が「発達障害」「アダルトチルドレン」の傾向があるかもしれないと思った方は、ぜひ他の記事にも目を通して、理解を深めていただければと思います。

また、自分一人で抱え込まず、周りの人へ相談することも有効的です。
困った時はぜひ、発達障害アートカフェバー金輝へお問い合わせください。

発達障害で悩んでいてWEBデザイナーの勉強をしたいなら、Webスキルを身につけ、働き方に自由を【atGPジョブトレIT・Web】 へ通いましょう!
関東在中の方限定になりますが、就労支援でWEBデザイナーの勉強ができます。
WEBデザイナーとして活躍したいなら
が良いです。
スキルがなくても簡単に転職ができます!
どれが良いか判断ができないのなら無料なので全て登録してから決めましょう。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「転職」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る