金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

障害者手帳を取得するメリットとデメリット

障害者手帳は?

発達障害の診断を受けたら障害手帳を取るかの見極め方
  • 結論だけ言えば障害者雇用で働く人のみ手帳は必須だ
  • ローンや保険が入れるところと入れないことがある
  • 症状の重さにより等級が別れる
  • 地域によって受けれるサービスはバラバラだ
  • 税金の減額や各サービスの割引を受けることができる
  • 申請に1、2ヶ月掛かることがある
  • 就労支援などの福祉のサービスを受けれるようになる

発達障害の診断を受けると「障害者手帳」を取らないといけないの?
結論、各自の判断なので法的に取らないといけないわけではないのですがルールに従ってしまう私たちに取って取得したくなる人多いです。
実際のところ、デメリットもあるので「一般雇用」で働く意思があるなら不要です。

障害者手帳があれば就労支援などの福祉サービスを受けやすくなります。
しかし、障害者手帳がなくても「障害福祉サービス受給者証」があれば利用が可能です。

そこで、障害者手帳を取得するメリットとデメリットのまとめてみました!
この記事を読めば必要か不要かが分かります。

障害者雇用で働くなら「障害者手帳」は必要です。
仕事ができず悩んでるなら福祉のサービスを活用して社会で働くことは良いことです。
だけど、何も知らず「障害者手帳」を取得するのも怖いと感じると思う方も多いのでこの記事を通して説明します!
病院一覧







障害者手帳を取得するメリット


障害者手帳に入るメリット
  • 障害者雇用で働ける
  • 医療費や所得税、住民税、自動車税を減らしてくれる
  • 特定の施設の割引サービスを受けれる
  • 受けれる福祉サービスが広がる
  • バリアフリー等のリフォーム費用の助成を受けれる

今の生活が送れないと感じるなら、「障害者手帳」を取得するのも一つの手です!
一番のメリットは、障害者雇用で働く選択肢が増えることです。

マルチタスクができない、分かりやすく説明してくれないと仕事ができない、仕事のスピードが追いつかない‥‥‥‥‥‥。
うつ病で苦しんでるのに容赦なく上司に叱責されたりしてませんか?

最初は抵抗があるかもしれませんが、障害者雇用などの福祉のサービスを受けるためには「障害者手帳」が必要です。
支援を受けることによりスムーズに仕事が捗り長く仕事を続けれるようになった金輝 発達障害カフェバーのお客様もいました。
障害者雇用について知りたいなら、「障害者雇用おすすめサイト」のページもチェックしてみましょう。

一番のメリットは障害者雇用で働けることなのね。
発達障害を持っていてもちゃんと働きたいわぁ✨
障害者雇用だと障害でできないことを避けた仕事ができるんだって!
障害者として受け止められるので「障害者手帳」を受けることに抵抗はあるかもしれませんが‥‥‥‥‥‥。
一般雇用で働けないなら迷わず「障害者手帳」を取得して障害者雇用を受けましょう。
支援を受けて働くのも一つの手です。
障害者雇用おすすめサイト






障害者手帳の等級は?

障害者手帳の等級の違い
  • 1級:常に支援がないと日常生活が過ごせない
  • 2級:障害者雇用なら働けるが長時間勤務が難しくホームヘルパーからの支援が必要なこともある
  • 3級:一般企業で働けないが障害者雇用で働ける状態だ

精神障害者手帳は3つの等級に分けられます。
発達障害、うつ病、躁鬱病、薬物依存症、薬物依存症が対象になります。
日常生活において、どの程度支障が出るかによって振り分けられます。

常に福祉のサービスを受ける必要であれば1級となります。
障害者雇用であっても、1日8時間以上働けないのであれば2級となります。
2級だと短時間のみの労働しか働けないので、退職NOTEから障害年金の申請を受けながら働くことも可能です。

金輝 発達障害カフェバーに来店できるならほぼ100%2級か3級のどちらかだね。
1級だと常に介助が必要ひとばかりみたい💦
金輝 発達障害カフェバーに来店できるならほぼ100%2級か3級のどちらかです。
うつ病の治療中でなく障害者雇用で長時間労働が難しいなら2級の可能性が高いです。
2級を取得して障害年金が必要なら最大21ヶ月間もらえる給付金の申請ガイド【退職NOTE】へ問い合わせてみましょう!

障害者手帳を取得するデメリット

障害者手帳を持って困ったことは?

障害者手帳に入るデメリット
  • 入れない保険がある
  • ローンが組めない
  • 今後制度が改悪される可能性がある
  • 基本的には障害者手帳を取得すると一般雇用では働けない
  • 等級を減らされることがあり今までの福祉を受けれなくなることがある

金輝 発達障害カフェバー立ち上げ時期と比べると、障害者手帳を取得したことを会社の人に伝えた途端解雇されたケースもありました。
しかし、発達障害が世間に認知されるようになってかれは会社に報告しても通常通り働けてる人が殆どとなりあす。

入れない保険があったりローンが組めない相談も受けますが仕事で悩んでるならあまり関係の悩みだと思います。
仕事ができず収入も高くない状態でローンを組むと生活に支障が出るので誘惑に負けないブレーキだと思うようにしましょう。
他にあえてデメリットがあるといえば、申請してからもらえるまでに1~2ヶ月かかるぐらいです。

ローンや保険が入れないのは辛い💦
たかがでさえ貯金も少ないのに大きな病気にかかって入院したら‥‥‥‥‥‥orz
大丈夫!
自立支援や高額療養費制度などがありますので保険に入らないと入院できわいわけではありません!
詳しくは、「障害者が入れる保険」のページをチェックしてみましょう。
障害者が入れる保険

ローンや保険は組めないの


ローンや保険に入る前にチェックすること
  • 発達障害の診断があると入れる保険と入れない保険が出てくる
  • 途中でどんな診断が出た場合でも継続して入れるので解約する必要はない
  • 保険に入る時に契約違反になるような病気の告知は必ず守る方が良い
  • 基本的にはローンは組めないと思った方が良い
  • 本当に借金ができないかと言えば嘘になるがおすすめはできない

障害者長を持っていても保険に入ることは可能です。
入れる保険と入れない保険があり特別高いわけではありません。

障害者手帳を持ちながらローンを組むことは可能なケースもあるようですが‥‥‥‥‥‥。
結論だけ言えばあまりにお勧めできません。
あえて言えば、信頼をつくるために楽天カードを取得して支払い能力があることを示せる経歴を作りましょう。

保険に入れることは分かったけどローンを組むのは難しいみたいだね‥‥‥‥‥‥orz
やっぱり、障害者手帳を取得するかしないか悩んでしまう💦
大丈夫!
ローンとかもクレジットの支払う能力があると示せれる経歴があれば組めることもあります!
クレジットを実際に使ってみて自分の特性では危ないと思うならローンを組むのはやめておきましょう!

診断を受けて月日が経った後に思うこと

あまりにも早く発達障害の診断してしまい
今思えばもう少し頑張れてたのではと
思ったことは?

診断を受けて後悔する理由
  • 頑張らない言い訳を作ってしまった
  • 若い頃にもっと頑張れたら人生変わっていたかもしれないと後悔した
  • 同じ症状を持つ人で自分よりも障害者雇用以外で活躍してる人がいた

10年後振り返って、「もうちょっと頑張れたのでは?」と後悔して悩んでる当事者もいます。
最初から無理だと決め込んでしまい同じ立場の人と比較すると追い抜かれてしまいます。

もし、一般雇用で就職できてうつ病になりそうになければ障害者雇用で働くよりも一般雇用の中で「向いてる仕事」を探すのも一つの手です。
障害者雇用でないと仕事ができないわけではりません。
一般雇用から、「できる仕事」を探してみましょう!

保険の営業マンから値段が高い保険を紹介されてしまった‥‥‥‥‥‥orz
私の給料だと払い続けれる自信がないわぁ💢
もっと安い保険を紹介してほしかった💦
大丈夫!
それなら、いい保険から安いプランを提案してもらいましょう!
大きな「病」が少ないならまだまだ安い保険がたくさんあります。

取得するかの見極めは一般雇用で働けるか働けないか

障害者手帳を取得した人で仕事は?

結論だけ言えば障害者雇用もしくは福祉サービスを受ける予定がある人のみ推奨
  • 必ずしも障害者手帳を受けないいけない義務があるわけではない
  • 障害者雇用を受ける人のみ必要だ
  • 一般雇用で働けるけど福祉サービスを受けないといけない場合は必要だ

障害者雇用から就職することにより大手企業に就職できたケースもあります。
もちろん、障害者雇用で働く選択肢を選ぶことは悪いことではありません。
しかし、もしまだ年齢も若く体力がまだまだあるなら、もう一度「一般雇用」で頑張ってみましょう!

まだまだチャンスがあるのに、発達障害の診断を受けてから頑張れなくなったりしてませんか?
何でも会社の人に、「発達障害だからできなくのは仕方ないね‥‥‥‥‥‥」と言われてしまった人も多いのではないでしょうか。

障害者だから障害者手帳を取得しないといけないわけではないのね✨
一般雇用やフリーランスの働き方もあることが分かったわぁ!
頑張れる時に思いっきり頑張る方が後々後悔しないで良いのかも💕
但し、障害者手帳が必要なら是非とも取得しましょう!
一般雇用が無理なら「障害者雇用で働くべきです」
もしどちらか迷うなら、「一般雇用と障害者雇用の違い」のページもチェックしてみましょう
一般雇用と障害者雇用の違い

まとめ

ローンは不可能ではりませんがもし「障害者手帳」を持とうとしてるなら組まない方が良いでしょう。
支払う力がないのに借金が増えてしまうと生活に支障が出てしまいます。
どうしても組みたいなら、楽天カードを取得して支払い能力がある経歴を今のうちから作っておきましょう。

もし、長時間働けず長時間労働ができず生活ができないと感じたら最大21ヶ月間もらえる給付金の申請ガイド【退職NOTE】へ相談してみましょう!

結論だけ言えば、障害者雇用を受けるなら「障害者手帳」を取得しましょう!
もし一般雇用で働けて福祉のサービスを受ける必要がないなら取得しなくてもオッケーです。
何だかんだ言って途中から「一般雇用」で働けた人も多いです。
保険は組めるプランもあるので
に相談してみるのも一つの手です🎶
まずはクリックしてどんなサービスかチェックしてみましょう!

もし、もっとリアルな障害者雇用体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「障害者手帳」の取得で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「障害者手帳」の取得で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?

上に戻る