金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

一般雇用と障害者雇用の仕事内容の違いを知ってから転職

雇用形態は?

一般雇用と障害者雇用喉力で悩むポイント
  • 親にバレるかバレないか
  • 給料の違い
  • 職場に馴染めるか
  • うつ病になった時に休みやすいか
  • マルチタスクがあるかないか

このページでは「障害者雇用」をしたいけどなかなかできず悩む人に必要な知識お伝えします。
障害者雇用だと体調が不安定な時に休みやすいけど給料が低い。
給料が高い一般雇用で就職してしまうといつもうつ病になって倒れてしまう。

一般雇用と障害者雇用だと、どんな違いはあるの?
自分の特性だとどちらがよいか分からない………orz

どちらが良いかは人によって違います。
そこで、一般雇用と障害者雇用の違いは徹底分析します!

「障害者雇用」だと給料が低いイメージもありますが一般雇用と変わらないぐらいの優遇な会社も増えてきました。
その一方で、「障害者雇用」だと給料が低い口コミも………orz
結論、業種は会社によって優遇は様々なのでしっかりと事前に下調べをしてから転生をしましょう!
障害者雇用おすすめサイト








一般雇用が選ばれる理由

理想論だと一般雇用で?

発達障害を持ってるけど一般雇用を選んだ理由は?
  • 仕事の選択肢が広がる
  • 障害の有無に関わらず仕事のチャンスがある
  • 実力を磨けば仕事を与えてくれる
  • マルチタスクがある場合がある
  • 昇格しやすい
  • 一般枠と同じ条件で働ける
  • 他の人よりも苦労するが成長しやすい
  • 予想外の向いてる仕事に出会える
  • 会社に評価されると職場で自分の意見が通せる
  • 残業が多く給料が高い
  • 実績がなくても正社員として働ける求人もある

障害者雇用と違い「一般雇用」だと仕事のチャンスは幅広いです。
責任のある仕事なので「やりがい」もあり成長もしやすいのが大きな特徴です。

「発達障害」として生まれてしまったから他の人よりも苦労はするかもしれない。
だけど、障害に負けないように頑張ってる私たちの邪魔をしないで欲しい。
障害にたいする「配慮」のせいで成長できるチャンスを奪われるのは辛い意見も多いです。

障害者雇用でなければ、会社で怒られることも多いけど前に進めた。
年齢が若い時の方が困難を乗り越えれやすいので成長しやすいのです。

発達障害の早期発見がその子の将来のためになる!
金輝 発達障害カフェバーのお客様の中にも、この言葉を子供の頃に信じ込んでしまった悩みを持つ方もいます。
今思えばもっと「頑張れたのでは?』と後悔してる相談は多いです。
若い頃だと今と違い体力もあるので自分を変える「チャンス」はあったはず………orz
頑張ってる私たちの邪魔をしないで欲しい💢
「正社員に就職する方法」のページをチェックしてしっかりと自分を成長したい。
正社員に就職する方法






一般雇用

一般雇用


——————頑張ってる僕たちの邪魔をしないで欲しい

若いときにしか苦労はできなので「一般雇用」を選びたい。
障害に対しての「配慮」はありがたいけど今なら発達障害に負けない自分になれるはずだわ💦
一般雇用で頑張れば成長できるのに………orz
大丈夫!
発達障害を持ちながら一般雇用で正社員の仕事ができる人もいます。
先ずは、小さな経験を積むためにも「正社員で簡単な仕事」を探してみましょう!
正社員で簡単な仕事

働きやすい障害者雇用が選ばれる理由

障害者雇用が働きやすい理由
  • 上司には障害をオープンにして働ける
  • 障害を理由に配慮してくれる
  • マルチタスクが少ない
  • 業務改善のやり方を学べる
  • 自分のペースで働ける
  • 残業がほぼない
  • 休職がしやすい
  • 苦手な分野を避けてくれる
  • 短時間労働の選択肢を選べれる
  • 入社前に特製を伝えることができる
  • 転職のハードルが低いので転職しやすい
  • 特性に合わせた向き不向きの仕事選びができる
  • 予め極端に障害を受け入れない会社を避けれる
  • 障害者手帳が必要となる

配慮をしてくれるので心理的負担が減り「うつ病」が発症し難くなります。
特に、大手企業が運営してる働きやすい仕事ばかりができる特例子会社の仕事なら働きやすいのです。
障害者雇用なので、職務経歴書に「障害」をカミングアウトした状態で応募できます。

無理に「一般雇用」に努めて迷惑をかけるなら最初から「障害者雇用」を選ぶのも一つの手です。
中には「障害者雇用」になると評価されれるようになって給料が上がったケースもあります。
書類選考に自信なければ、未経験で職務経歴書が書けないならのページもチェックしましょう!

障害者雇用に偏見を持つ親だと選べない………。
そう嘆く当事者もいますが就職活動をして採用されすれば一般雇用とほぼ変わらないので安心して働けます。
結婚生活を続けながら「障害者雇用」で働く人もいます。

無理にできないことを「できる」と言ってしまうと後から迷惑をかけてしまうだけです。
初めから「できない」ことを素直に伝えれる障害者雇用なら、面接も通りやすいので安心して転職活動ができます!
働きやすい職場環境そのものが、障害者転職相談ができる障害者雇用が選ばれる理由なのです。
特例子会社の評判

一般雇用で働くなら発達障害を持つ人が働いてそうな職場を選ぶ

一般雇用を選ぶなら自分と同じ特性の人が働きやす職場を選ぶ
  • 障害者雇用が進んでそうな業種の求人を探す
  • 気の合う友人が働いてそうな職種を選ぶ
  • できるだけ自分と同じ悩みの人が働いていそうな職場を選ぶ
  • 入社すれば障害者雇用も一般雇用もほぼ変わらなくなる
  • 入社直後までなら障害者雇用だと優遇されやすい

結論だけ言えば、一般雇用と障害者雇用の違いは最初の配慮以外は殆どありません。
口コミだけの判断だと発達障害のことをオープンとして最初から働けるかどうかの違いです。
それでも、職場では言い辛い「障害」の特性を最初からオープンにできるので「障害者雇用」の人気は高いです!

それなら、同じ会社で最初から一般雇用で働いておけば良いのでは?。
障害者雇用に限らず、派遣社員やアルバイトでも給料が違うだけで入社すると配慮が殆ど変わらないのが正直なところです。
一般雇用だと、入社前の面接さえクリアすれば優遇されやすく働けるのです。

一般雇用で求人を探す場合は、この会社なら発達障害の人が多そうだと感じる会社を選びましょう。
逆に、発達障害の人が活躍してなさそうな職場は避けましょう‥‥‥‥‥‥‥。
同じ特性の発達障害の人が多そうな職場だと居心地が良いと感じるので長く勤めることができます。



一般雇用で働ける仕事が分からず、どの求人に応募すれば良いか分からない悩みはありませんか?
それなら、今まで会った気の合う人を先ずは思い出してみましょう!
その5人が働いてる職場環境があなたの向いてる仕事です。
向いてる仕事

障害者雇用から一般雇用に転職するやり方

障害者雇用から一般雇用に転職できたことは?

脱フリーター専門の転職エージェントなら一般雇用に転職できる理由
  • 一般雇用の面接対策は障害者雇用と違う
  • 脱フリーターの面接対策は脱障害者雇用に面接対策と似てる
  • フリーターや障害者雇用の経歴があっても受け入れてくれる会社を紹介してくれる
  • 向いてる仕事を紹介してくれる
  • 過去の経歴よりも頑張る人を応援してくれる

職務経歴のの欄に「フリーター」や「障害者雇用」があると受け入れてくれない………orz
働いた会社で「正社員」としての経歴があるかないかだけで評価が変わることはありませんか?

転職歴があるのは中途採用なので大丈夫だけど、働いた会社の経歴がないので辛い。
障害者雇用なので、自慢できる実績がないので面接で落とされてしまう。
それなら、「脱フリーター」を受け入れてくれる転職エージェントを活用すれば良いのです!

「フリーター」や「障害者雇用」だとしても、転職する職場で生かされるような実績は必ずあります。
もしなければ、会社選びをしっかりとすれば正社員として活躍できる職場に出会うことができます。
「脱フリーター」に強い転職エージェントを活用して「障害者雇用」から「一般雇用」にチャレンジしてみましょう!

入社後は、障害者雇用で成功しても一般雇用とあまり変わらない優遇であることも多いのです。
自分の力だけで動ける力があるなら一般雇用にもチャレンジする価値は高いです!
発達障害の人が働いてそうな一般雇用を探すのも一つの手です。
相談できる障害者雇用のやり方 ※障害者雇用から一般雇用に転職したいなら脱フリーターを受け入れるneo
障害者雇用やフリーター、派遣社員で転職するとずっとそのままの雇用でしか転職できない人は多いです
脱フリーターを受け入れてくれる転職エージェントを活用せず挫折してしまってるのが大きな理由なのです。
>>既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

障害者転職相談ができる転職エージェントのやり方


障害者枠で就職を希望してるならdodaチャレンジ から応募しましょう!
金輝 発達障害カフェバーのお客様の口コミは障害者枠の中ではかなり高いのです。
無料で転職アドバイザーが履歴書や職務経歴書のチェックからどんな仕事に向いているかアドバイスを受けれるのです。

職場の雰囲気とかは実際に転職をしてみないと分かりません。
環境が合わずに転職を繰り返してしまうと転職回数が増えてしまうだけです。
そこで、転職エージェントから業界の内部事情とかを聞いて面接前から続けれる職場かのチェックができるのです 。

職場選びは、コミュニケーション能力に悩む発達障害にとって慎重になりたいところです。
プロの転職アドバイザーによるチェックをしてから転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

dodaチャレンジ の口コミは障害者枠の転職エージェントの中でもっとも評判が高いです。
発達障害の特性に合わせて仕事も選んでくれるだけでなく求人も豊富です。
安定した大手企業の求人もたくさんあります!
障害者枠なら大企業で働けた人も多く正社員での募集をしている企業もありました。
アルバイトとしての契約の方が多いけれどしっかりと選べば月収20万円以上の正社員求人もあった💘
一般雇用よりも入りやすく最初から障害をオープンとして働く「やり方」が合っていたわぁ✨
dodaチャレンジの評判







アットジーピー【atGP】 は無料会員登録をWEBですると、2000件以上の求人を検索できます!
簡単な仕事だけでなく「障害者雇用」で資格や技術を活かせれる仕事も多いのです。

関西地方の求人も多く発達障害を持つ人だからこそ活躍できる大手企業の求人情報がたくさんあります。
ここでは不安な人のために「できる仕事」がある会社を紹介してくれる転職支援サービスがあり、アドバイザーが面接の日程や応募のお手伝いをしてくれます。
atGPの評判

まとめ

安心して長く働きたいなら「障害者雇用」を選ぶと良いでしょう!
今の自分よりも成長したいなら「一般雇用」を選ぶと良いです。
できるだけ自分と同じ特性を持つ発達障害の人が働いてそうな一般雇用を出してる職場を選びましょう!

一般雇用で働きたいなら、既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】を活用しましょう!
特にフリーターから活躍できたと宣伝をしてる転職エージェントサービスなら就職しやすいのです。
障害者雇用から「一般雇用」で働けるアドバイスを受けることができます。
一般雇用で頑張るのも良いのですが、転職期間が長引いてしまってるのでしたら「障害者雇用」からチャレンジしてみましょう。
3年ほどの実務経験を積んでから「一般雇用」に転職する方が現実的です

障害者雇用だと特性に合わせた「向いてる仕事」に出会うことができます!
転職アドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。
発達障害の転職エージェンだと
がおすすめです🎶
迷うぐらいならどうせ無料なので気軽に全て登録をして片っ端から相談しましょう。
合わなければ早い段階で辞退すれば良いだけなのです。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「転職」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る