金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

就労移行支援事業所connectの評判とできること


>>精神・発達障害の支援に特化した就労サポート【就労移行支援事業所CONNECT】
就労移行支援事業所connect(こねくと)とは
  • 大阪にある発達障害の就職サポートをしてる就労支援だ
  • メンタルが不安定な利用者に対して声かけをしてくれる
  • 福祉っぽさがある就労移行支援なのに就職率が高い
  • 発達障害で悩んでいた過去がある支援員があるので親しみやすい
  • 就労支援connectのスタッフも楽しみながら仕事ができてるので居心地が良い
  • 難関資格やIT関係の技術を学びたい人にはおすすめできない
  • うつ病もなくグレーゾーンよりの発達障害の人には物足りない可能性もある

大阪にある精神・発達障害の支援に特化した就労サポート【就労移行支援事業所CONNECT】 では、就職できない人のサポートを受けれます。
大阪を中心に複数の事業所が多くあり87%の利用者が就職に成功しております。
就労支援全体の就職率が平均60%なので非常に高い数値となってます。

発達障害の中でも、知的障害や境界知能よりの人の口コミが高い傾向があります。
特に精神が不安定な人に対しての声かけは、他の就労支援にない独自のプログラムもあるのでおすすめできます。
利用者が持ってる障害も、38%が発達障害、37%がうつ病もしくは双極性障害、8%が不安障害、7%が統合失調症になります。

だけど………、精神が不安定な私たちにとって就労支援へ通うのは怖い。
そんなあなたのために、就労移行支援事業所connect(こねくと)をまとめてみました!

精神が不安定な人向けの就職サポートに強い就労支援です。
興味がある方は、ネットから「就労支援こねくと」の見学(無料!「就労相談」へ申し込む )に行きましょう。
就労支援の評判を知りたいなら、「就労支援の評判」のページをチェックしてみましょう!
就労支援の評判








就労移行支援事業所connectのメリット

就労移行支援事業所connect(こねくと)のメリット
  • 知的障害、境界知能よりの発達障害のサポートに強い傾向がある
  • スタッフ同士も仕事を楽しくしてるので利用者としては居心地が良い
  • 体調が悪くなったら、週1の面談を受けながらメンタルを整えることができる
  • カリキュラムは強制的に受けさせようとしないので就労支援に通ってうつ病になる心配はない
  • 事務、製造、工場、倉庫、サービス、警備、清掃、医療、介護、福祉の仕事に就ける
  • グループワークなどを通してコミュニケーションの練習ができる
  • 作業の練習は一人一人で行うのでやりやすい
  • いろんな仕事の体験を就労支援を通してできた
  • 大阪を中心に事業所を増やしている

他の就労支援と比較して、発達障害を持ちながら仕事の不安がある人向けの支援を受けることができます。
体調が悪くなったら週1の面談を設けてくれるので体調を崩さす通い続けれることができます。

無理やりカリキュラムを受けさせようとせずしんどい時はスタッフもそっとしておいてくれます。
後日、「大丈夫でしたか?」と前日不安だったことをちゃんとみてくれてるととを声かけしてくれます。
ここが利用者が安心して就労支援connect(こねくと)に通い続けて社会復帰できる大きなポイントとなってます。

ほとんどの利用者が無料でサービスを受けれる就労支援となっております。
通所にかかる交通費補助制度を独自に用意しおり負担なく通うことができます。

家で引きこもるぐらいなら就労支援で引きこもりましょう!
就労支援のスタッフと話してると心がすっきりします。
周囲から見下されるのは引きこもる場所を間違えてるだけです。
境界知能おすすめ就労支援






国から支援で生活

国から支援で生活


——————就労支援に通いたけど国からの支援で生活ができるか心配

就労支援は基本的にアルバイト禁止されてるから、障害年金んとかの申請をしなくちゃ。
発達障害を持ってるから申請が難しくてできないと思ったけど退職NOTEを使ったら簡単にできた。
ややこしい申請を親切に手伝ってくれたから「就労支援こねくと」に通えた!
「就労支援こねくと」に限らずどこの就労支援に通っても基本的には「アルバイト禁止」されてます。
そこで、国からの補助金がもらえないから退職NOTEに相談してみましょう。
バイトできない理由を知りたいなら、「アルバイト禁止な理由」のページをチェックしてみましょう。
就労支援に通うと
アルバイト禁止な理由

就労移行支援事業所connectのデメリット


就労移行支援事業所connect(こねくと)のデメリット
  • 大阪にしか通える事業所がない
  • 資格やIT関係などの技術を学ぶ場所ではない
  • グレーゾーンよりの人には物足りないような感じもする
  • 完全にとまでは言わなくてもうつ病の治療中で週3以上通えないならおすすめできない
  • 就労支援は国で統一されたルールとして一生の間に2年間しか通えないことになってる
  • 就職の準備が万端でない場合、根性論で利用者が背伸びして就職活動をすると止められてしまう
  • 今すぐにでも働きたいなら就労移行支援よりも転職エージェントがおすすめだ
  • 就労移行支援を利用してる間はアルバイトが禁止されてる

精神的に不安定でもなく発達障害の中でもグレーゾーンよりの方であれば物足りなさを感じるかもしれません。
福祉っぽさが強い就労移行支援なので根性論で自分を変えたいと思うなら他の就労移行支援が良い傾向があります。
利用者が背伸びをして無理やりでも就職活動をしてしまうと、すぐに辞めたり倒れてしまうといけないので止めれることがあります。

例えば、dodaチャレンジが運営してる就労移行支援ミラトレであればグレーゾーンよりの支援をしてくれます。
大学生の就活で経験できるインターンを受けてるような感覚で就労移行支援を受けることができます。
内容はレベルが高くて厳しいかもしれませんが、興味があるならミラトレの評判をチェックしましょう。

また、資格とかIT技術を学びたい人にはおすすめできません。
基本的に就労支援はすぐに仕事のできない人が社会復帰するための準備をする場所となります。
しかし、近年んではWEBデザインなどを学べるIT関係の事業所も増えてきましたので気になるならチェックしてみましょう。

「就労支援こねくと」では、発達障害の中でも二次障害を持つ人が働きやすいように支援をしてくれる場所でもあります。
グレーゾーンよりで「二次障害」や「仕事に対してトラウマ」がなくIT関係のことを学びたいなら物足りなさを感じます。
もしIT関係のことを就労支援で学びたいなら、「atGPジョブトレ」のページを読んでみましょう。
無料でWEB制作を学べる
atGPジョブトレ

できることが分かったら見学へ

就労支援に見学に行ったことは?

先ずは気軽に見学へ通うところからスタート
  • 見学に行けばあなたが通える就労支援かが分かる
  • 就労支援こねくとのスタッフにあなたの障害をカミングアウトすれば受けれてくれるかが分かる
  • 見学は遊びに行く感覚でも来ても良い
  • 就労支援の見学ではスーツでなく普段着でも良い
  • 仕事をする練習ができるので仕事に自信がない人ほどむしろおすすめでる
  • 負担がないようにできるだけ近い距離の事業所に通うことをお願いする
  • 過去に就労移行支援を受けて利用出来る期限が足りない場合は期限延長の交渉が必要なことも伝える

早く社会復帰できるように仕事をするための準備をしたいなら先ずは見学に行ってみましょう。
どんな場所が一度は見ないとおそらく実感はできないと思います。

就労支援は一生の間に2年間しか通えないので貴重な時間になります。
しっかりと自分の目で見てどんなところなのか見てみましょう。
通えるかもと思ったら迷わず受けてみましょう。

就労移行支援は国が決めた法律により一生の間に2年間しか利用できないことになっています。
もし、過去に就労移行支援を受けてしまい受けれる期間が十分でない場合は役所に期限延長の交渉をお願いしてもらいましょう。
しっかりとした理由を占めることができれば1年ほど延長してもらいしっかりとした支援を受けることができます。

すぐに働けないなら、ネットから「就労支援こねくと」の見学(無料!「就労相談」へ申し込む )に行きましょう!
どんなことを教わる場所か肌で感じて合わないスタッフがいないかチェックしてみましょう。
不安障害持ちでどんな仕事に就くイメージできないなら、「社会不安障害の向いてる仕事」のページをチェックしてみましょう。
社会不安障害の向いてる仕事

すぐに障害者雇用で働きたいなら


就労支援connect(こねくと)より転職エージェントがおすすめな人の特徴
  • アルバイトならとりあえずはできる
  • 面接ぐらいは受かる
  • 「就職できない」ではなく就職後に「仕事ができない」ことで悩んでる
  • アルバイトさえ禁止されるので少しでも働く意思があるならおすすめできない
  • うつ病などの治療中でもなく「すぐに働くこと」は可能だ
  • 自ら就職活動をする意思があるなら転職エージェントのサポートがおすすめだ

障害者枠で就職を希望してるなdodaチャレンジ から応募しましょう!
金輝 発達障害カフェバーのお客様の口コミは障害者枠の中ではかなり高い方です。
無料で転職アドバイザーが履歴書や職務経歴書のチェックからどんな仕事に向いているかなどの就職支援を受けれるのです。

職場の雰囲気とかは実際に転職をしてみないと分かりません。
環境が合わずに転職を繰り返してしまうと何度も転職活動をしないといけなくなります。
そこで、転職エージェントを活用して就職アドバイスを受けることにより業界の内部事情とかも面接前から知ることができるのです 。

退職理由は、コミュニケーション能力に悩む発達障害にとって慎重になりたいところです。
プロの転職アドバイザーによるチェックをしてから転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

dodaチャレンジ の口コミは障害者枠の転職エージェントの中でもっとも評判が高いです。
発達障害の特性に合わせて仕事も選んでくれるだけでなく求人も豊富です。
安定した大手企業の求人もたくさんあります!
障害者枠なら大企業で働けた人も多く正社員での募集をしている企業もありました。
アルバイトとしての契約の方が多いけれどしっかりと選べば月収20万円以上の正社員求人もあった💘
一般雇用よりも入りやすく最初から障害をオープンとして働けたわ✨
dodaチャレンジの評判

まとめ

就職したい気持ちはあるけど、今すぐに働くことができない。
仕事をしたけど、前職のトラウマや睡眠障害、うつ病とかが原因ですぐに働けない。
今すぐに働けないなら、「就労支援こねくと」に通いましょう。

「就労支援こねくと」なら、精神が不安定な人に強い発達障害のサポートを受けることができます。
独自のプログラムもあるので、就労支援に通うことができれば就職の準備をすることができます。

先ずは、精神・発達障害の支援に特化した就労サポート【就労移行支援事業所CONNECT】 へ見学に行きましょう!
インターネットから受付がができるので電話対応が苦手でも気軽に行けます!
自分の目でどんな就労支援なのかを確かめに行きましょう。
就労支援に通う間、生活費に困ってしまうなら障害年金の申請もできるだけ早い段階でやりましょう。
失敗しない給付のための必要な手続きをご案内【退職NOTE】へお問い合わせをしてみましょう。
申請に通ればお金に困らず就労支援へ通うことができます。

逆にすぐに就職活動ができる準備ができており、今すぐ働きたいなら障害者雇用に特化した転職エージェントを活用しましょう。
履歴書の書き方さえ分からなくても、dodaチャレンジ からネットで応募をしてお仕事の相談もできます。
修飾語のサポートもしてるので、今すぐにでも就職したいなら転職エージェントがおすすめです。

もし、もっとリアルな就労支援体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
実際に、リアルで「こねくと」へ通ってた人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「こねくと卒業生」と話せて参考になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る