金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

ADHDの人に教師は向いている?向いていない?

教師の道を目指したいと思ったことは?

ADHDの人が教師に向いてるか確かめるための記事
  • 「ADHD」の方が「教師」として働くためには
  • 「教師」が働く学校の環境について
  • 「教員免許」を取得するための準備

「教師」という職業について読み解きたいと思います。
学校の先生は身近な職業でもあり目指したいと思ったことは一度や二度はあるでしょう。
いざ、教師になるために勉強したけれど、先生いじめに遭った、教員免許が受からない、いろんな壁をぶつかり苦労した悩みは多いです。

人を教える仕事はやりがいを感じる方は多いです。
しかし、向き不向きが分かれる仕事なので挫折してしまう人も多いのも正直なところです。
ADHDを持つ方が「教師」という職に就くためのコツは何かしらあるのでしょうか。

人を教える仕事を目指されているADHDさんのための情報を記事にまとめました!
教師の道を目指すための第一歩。
まずは、資格についての理解から進めましょう。









教師とはどのような職業か

教師とは、どんな仕事か?
  • 教師の仕事の基本は「授業」。事前準備も丁寧に行う必要がある
  • 学校の先生以外にも、塾教師、家庭教師、支援学校、放課後デイサービスがある
  • 文部科学省が定めた「学習指導要領」に沿って、「学習指導案」を作成する
  • 児童・生徒とのコミュニケーションが大切な仕事
  • 勉強さえ教える仕事、個別授業かクラス授業か、教える人の対象を自分の特性に合わせて選ぶ

教師とは、いわゆる「学校の先生」です。
メジャーな所で言えば小学校、中学校、高校の先生がイメージしやすいと思います。
もう少し広い目で見れば、幼稚園の先生や保育士、大学の講師なども「教師」と呼べるかもしれません。
ここでは、小学校、中学校、高校の先生の仕事を中心に、紹介していきたいと思います。

学校の先生と言えば、まずイメージできるのが授業だと思います。
小学校教師の場合は担任となったクラスで、国語・算数・理科・社会などの教科をすべて指導することになります。
最近では、学校によって教科ごとに専門の先生にバトンタッチすることも時々あるので、「自分のクラスの国語・理科・社会は担当するけど、算数はプロの先生に入ってもらう」などのケースもあるといいます。
また、家庭科や図工(図工)といった教科でも専門の先生が入ることが多いようです。

さて、授業をするのが教師のメインの仕事ではありますが、急に教室に入ってその場で授業を始めるわけではありません。
授業を成立させるための準備が必要になります。
授業を行うためには「学習指導要領」という、文部科学省が定める決まりに従って「学習指導案」という資料を作ります。
その資料には授業の流れや、児童・生徒の反応の予測など、様々な要素を記載します。
この資料をもとに、授業を成り立たせることが大切なのです。

自分の知識を一方的に教えるのではなく、子どもたちの反応を予測してコミュニケーションの中で知識と「問題を解決する力」を授ける。
これが教育の本質です。







WEBライター

WEBライター


——————本当はライターの仕事がしたい

教師の仕事は授業だけに留まらないのね。
小学校なら給食を通じた食育も大切ですし、中学校、高校であれば部活動の顧問としての仕事が求められることもあるのね💕
こうした様々なことがマルチタスクだと感じるなら普通の学校よりも支援学校や塾などにも視野を広げてみると良いかも✨
1年ごとに児童・生徒が変わるので、その子たちの名前や性格を覚えてよりよい教育の形を目指す。
こうした繰り返しすべてを含めて教師の仕事なのです!
もし、生徒のアドバイスとかに特化したいならカウンセラーの仕事も良いかもしれません。
カウンセラーの仕事

教師はどんな人に向いているか

教師のお仕事が向いてる人の特徴は?
  • 教職は子ども好きにおすすめしたい
  • 子どもの成長を喜べる人が向いてる
  • 自分のキャラを作れる
  • 勉強が苦手な人の気持ちが分かる
  • 人に合わせて教えれる

まずは、根本的に「子どもが好き」ということが前提条件かもしれません。
好きということが原動力になることは確かでしょう。

大人になってからだと理解できないことがあります。
子供同士のトラブルは、大人からみると「何でそうなったの?」ってこはよくあります。
だかこそ、ADHDのじっとできないとか同じことの繰り返しができない特性は向いているのです。

小学校の授業中に生徒がおしっこを漏らした方がやりがいがある。
逆に、真面目に授業を受けられるとこっちが授業に落ち着かないことがボロにでてしまって解雇されそうだ。
日々、いろんなことのアクシデントが楽しめる人には学校の授業は向いてるのかもしれません。

ADHDだとじっとできないことはありませんか。
邪魔が入ってくれた方が逆に自分がダメ人間だとばれないので仕事ができるように見える。
そんなADHDで悩む人にも向いているのかもしれません。
ADHDの人は学生の頃遅刻をしまくったせいで怒られっぱなしだからできない子の気持ちが分かる。
だから、ADHDの人に向いてるのね✨
合わせて「ADHDの向いてる仕事」についてもチェックしなくちゃ⁉️
ADHDの向いてる仕事






知識を楽しく教える!

知識を楽しく教える!


——————知識を楽しく教える!

知識だけをとにかく教えたいのでしたら偏差値の高い学校の教師、大学受験のための塾、YouTuberが良いかもしれません。
〇〇だから向いてるとか向いていないというよりも自分ならどの生徒さんなら教えれるかを見極めましょう。

多動力の勢いとかが怖いとか思うならHSPのページもチェックしてみましょう。
もし、勉強が好きなだけで教師を目指したけれど「パワハラ」みたいな考えが無意識にでてしまうなら念のためチェックしておく必要があります。

きっと、自分のあの能力だ、とピンと来ている人もいるはず。
ぜひ、あなたの「例え力」を存分に発揮してください!
HSPの向いてる仕事

教師はどんな人に向いていないか


教師の仕事が向いてない人の特徴は?
  • 向き不向きというよりも自分に教えれる仕事選びが大切だ
  • 意見を押し付ける人は不向き
  • 自分のキャラが弱い人はキャラ作りが必要だ
  • 感情のコントロールが苦手という方も気を付ける必要がある
  • 教師として、正しい視点で「叱る」ことが求められる

教師が向いているか向いていないかよりも、自分が教えれる生徒かどうかが大切です。
致命的にマルチタスクが苦手なら、個別指導が向いています。
生徒さんが立派に成長してほしいと思うなら、支援学校や偏差値の低い高校とかは避けるべきです。

感情のコントロールが苦手という方も気を付ける必要があります。
教育の現場では、怒りなどの感情をコントロールして子どもたちと向き合う必要があります。
時には、子どもたちの無垢な表現に傷付かず、「叱る」ということも求められるのです。

こういった時に「叱る」必要がありますが、ただ感情をぶつけるのでは、「怒られるから、今度から言わない」という思考に繋がってしまいます。
それでは、意味がありません。教師として、正しい視点で「叱る」ことが求められる環境は良くも悪くもストレスを感じる場所なのです。

結論だけ言えば、向き不向きは教える生徒によって変わります。
発達さんの経歴を見てみると、放課後デイサービス、通信制高校、塾、支援学校、個人教室の道に進むと長く続けれた人も多いです。
個人教室の開き方のページもあるので是非そちらも読んでみてください!
教師だと、小学校や中学校ぐらいしかないイメージだったけれどそうでもないのね💕
視野を少し広げてみると、教える仕事ってこんなにもあることが分かったわぁ✨
個人教室の開き方

先生からのいじめはどう対応すれば良いの

あってはいけないが先生からのいじめも
  • 学級崩壊ならまだ理解できるが先生同士のいじめもある
  • 実際に先生同士のいじめで退職された口コミはリアルで聞く
  • 最初に目をつけられないようにするかが大切だ
  • 自己愛の強い人が教師をしてることもある現実も知る
  • 教師同士のいじめの1番の対策は孤立しないことだ

教師の道で挫折する理由で、先生同士のいじめが原因なケースもあります。
残念ながら自己愛の強い人が教師をしてることがあるので最新の注意が必要です。

万が一遭遇しても、自己愛の末路のページを読んでおきましょう。
自分のことしか頭がない人ってよく見ると利用されてるだけなことはよくある話です。
いじめから守りたい仕事をしたいなら「人を助ける仕事」のページをチェックする方が現実的にできるのかもしれません。

そんな人から守るために、生徒とはしっかりと仲良くしておきましょう。
いじめをする先生から見ると、生徒と仲良くしてる先生はいじめ難いのです。
職場は友達を作る場所ではないことを早い段階で気づきましょう!

教師同士のいじめから守るための1番の対策は生徒と仲良くすることです。
先生同士のいじめをしてる先生は、敵を作りたくないので生徒と仲良くするといじめ難いのです。
自分を守るためにも最初の頃は、逆に生徒を甘やかすなと思われるぐらいが丁度良いのかもしれません。
人を助ける仕事

教師になるための転職エージェント

特にまだ学生の方は特に塾講師とかのアルバイトをする方をおすすめします。
アルバイトを通して「教師」になるために必要な実務経験を得れます。

万が一、教師の道が合わないと分かれば卒業までに方向性を変えることできるのです。
仮に合わなくても教師の道が「向いてない」と分かることも1つの経験です。
大学の授業とかでなかなか学べなかったリアルな現場で学べることはたくさんあります。

>>塾講師のアルバイト特集

もし、最初から正社員希望でしたらDODAエージェントサービスから探しましょう!
塾だけでなく放課後デイサービスなどの求人も豊富にあります!

アルバイトを通して教師の道が向いてるかをどうか気づけます。
教師の採用に受からない人も先ずは塾のアルバイトから練習するのも1つの手です。
いきなり正社員なんて無理だと思うならアルバイト情報なら“マッハバイト” で検索してみましょう!

※障害者雇用で人を教える仕事を目指すならatGP
教師での障害者雇用も増えてきています。
ニッチな仕事が多いatGPならタイミングが合えば探すことができます。
>>障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

まとめ

人を教える仕事についての記事をまとめました。
この記事を読んで、ご自身が「発達障害」「アダルトチルドレン」「HSP」の傾向があるかもしれないと思った方は、ぜひ他の記事にも目を通して、理解を深めていただければと思います。

結論、教師の道は自分の特性を見極めてどんな生徒なら指導できるかが分かれば長く続けることができます。
ただ、最初の1ステップ目がキツいだけです!

また、自分一人で抱え込まず、周りの人へ相談することも有効的です。
困った時はぜひ、発達障害アートカフェバー金輝へお問い合わせください。
教師の道を目指したいなら
が良いです。
未経験でも教師の道を目指せます!
どれが良いか判断ができないのなら無料なので3つ登録して後から決めましょう。

もし、もっとリアルな転職体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「転職」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと転職についての話題が出たわ✨
「転職の仕方」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る