金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

やばい市役所の福祉課で相談できることと冷たい闇

やばい市役所の福祉課で相談できることと冷たい闇

やばい市役所の福祉課で相談できることと冷たい闇

国が運営してるからこそ裏がある市役所の福祉課にある闇
  • 自ら申請しないと生活保護はもらえない
  • しっかりと支援を知らないと福祉を受けれない
  • 支援者と同伴するだけでも対応が違うことがある
  • 障害者手帳をもらうための申請をしたら、嫌そうな顔をされることがある
  • 市役所の人も障害年金や生活保護をもらうことが本人から見ても悪いことだと思ってることがある
  • 特定のバックがある団体が運営してる福祉施設でパワハラが報告されても無視される
  • 福祉課の人に夜の仕事をすすめられる場合がある

金輝 発達障害カフェバーのお客様からも、市役所からは何も支援に関して教えてくれないと口コミはあります。
市役所からすれば、誰でも生活保護を申請できるようになると、誰も働かないような国になるといけないので市役所としては全力で止めます。
しかし、必要な人には当然、支援を受ける権利はあるので福祉の人と同伴するだけでも詳細な事情を伝えれるのでスムーズに進むこともあります。

しかし、その一方で逆に市役所の人から頼むから生活保護を受けてくれと言われたこともある口コミもあります。
日本の国は制度がしっかりしてるので、本当に危ない人に関しては市役所から生活保護を渡そうとすることがあります。
良くも悪くも、支援を受けることが逃げてで変な見栄があり中にはそう言ったケースもあるのです。

ただし、大半は知らないと損をするような情報もあります。
基本的には、最後までは頑張らないといけないのは間違いありませんが、危なくなったら国に頼ることも大事な判断です。
今記事を通して、「やばい市役所の福祉課で相談できることと冷たい闇」についてお伝えします!

市役所から自ら支援を受けることを言わないと通せないことがあります!
中には、バックに裏事情がある団体が運営してる福祉施設だとパワハラを訴えても市役所が動かないこともあります。
もし、福祉の制度を利用する前に「病院一覧」から診断をもらいましょう。
病院一覧








生活に困ってるのに市役所の福祉課が冷たいなら

市役所の福祉課に通ったことは?

市役所の福祉課が冷たいと感じたら試すこと
  • 支援員と一緒に来てもらい市役所の福祉課に相談してみる
  • 病院の診断を提出して、すぐに回復できない状態であることを示す
  • 受けたい支援をできるだけ調べてから伝えて確認すると受けれる支援も受けやすくなる
  • 基本的には必要な時のみ、受けれる支援を受けて方が年を取った時に自分を守れることも知っておく
  • 通ってる事業所のパワハラを訴えてもスルーされるのであれば事業所を変えるもしくはバックに何かがあることを疑う
  • だけど、自分がもっと頑張れば何とかなったのかもっと思うようなことを考えることも大事だ
  • 無駄なプライドが邪魔をして「できる仕事」があることに気づいてないこともあることも知る

市役所の福祉課からすると、頑張れるのに頑張ってない人が来てしまっている。
もしくは、プライドが邪魔をして本来なら支援を受けるべきなこともあります。
中には、市役所の人から生活保護を受けるように命令された人もいるようです。
ホームレスになったり、道端で倒れないためにも、市役所の福祉課が話を聞かないからとはありません。

人によっては、信じられないのかもしれませんが支援を受けるぐらいならホームレスになってしまう人もいます。
本来なら、生活保護をもらうことは悪いことではなく必要なのであればもらっても良い制度なはずです。
ADHD系のホームレスタイプのも多く、経営者になったりホームレスになったりのどちらかの人生を繰り返しています。
どうしても、国に頼るのが苦手なら先ずはカウンセラーから相談してみましょう。
ネットからなら、365日いつでも気軽に!無料相談受付中【メザニン】 (広告)がおすすめです。

ただ、支援を受けれるはずの人が支援を受けたくて「やばい」と感じてしまってる人がいるのも間違いありません。
子供がいるのであれば話は別ですが年収が400万円以上もあるのに、自力で頑張ろうとせずに障害年金をもらおうとしてる人もいます。
しかも、税理士や会計士の仕事をしてる人がもらってたりするので、国の法律ってどうなのって思ってしまいます。
スタバで、心療内科の先生を騙して障害年金を国からもらったことを大声で自慢してる人を見た口コミもあります。

もっと残酷なケースだと、通ってる事業所でパワハラを受けても福祉課で相談できることなのにスルーされてしまうケースもあります。
そこの事業所の社長が本当にトップなのかどうか言葉では説明できないけれど違和感がありモヤモヤしてしまう。
市役所の福祉課がちゃんとパワハラ相談を聞かないのはどうしてと思うなら、パワハラでB型に行きたくないと思ったらを読みましょう。
これ実はあなたの勘は間違っていないのかもしれませんので、冷たいと感じたら事業所を疑うことも大事な判断です。
実際に、人権団体も動画として,現役解放同盟支部員が語る、部落と役所とカネで伝えています。

そう考えると、市役所の福祉課が冷たいと感じてしまうのも、職員側の気持ちを考えると一部の人のせいで納得してしまいます。
ですが、必要なのであれば国からの支援を受けることは、けして悪いことではないので支援を受けたい時は受けても良いのです。
口が弱くて、メンタルが不安定で、市役所の福祉課にお願いができないのであれば先ずは病院で診断書を書いてもらいましょう。

そして、次に就労移行支援の職員さんと一緒に市役所に相談してもらうことをお願いしてみましょう。
特に福祉を意識した就職支援をしてくれる、就労移行支援のCocorport (広告)に相談してみましょう。
ここなら、職員さんと一緒に市役所の福祉課の人と相談してくれるのを手伝ってくれます。
詳しい口コミは、ココルポートの評判のページを読みでみましょう。

日本の国は、最後は生活保護を受けてるように支援も整っています!
しかし、残念ながら生活保護や障害年金を受けることにより仕事をしない若者も増えてきているのも現場です。
若いうちから頑張れるところからでも良いので、頑張ることは大事ですので支援を受けながらでも働く準備をしましょう!
障害年金がもらえるから働かなくなって若者もいるのね。
市役所の福祉課は、ベーシックインカムを推奨してわけではなくホームレスになって倒れない人を助けようとしてるのね💕
自分に危機感を感じたらなら、「ホームレスになる人の特徴ときっかけ」のページをチェックしなくっちゃ。
ホームレスになる人の特徴と
きっかけ







必要な支援だけを受けることが大事なな理由

必要な支援だけを受けることが大事なな理由


——————受けれる支援があるからと言って全て受けても良いわけではない

必要な支援だけを受けることが大事なな理由
  • 全ての人が生活保護や障害年金を申請したらベーシックインカムを導入してるようなかものだ
  • 受けれないはずの人が受けれないような状態になってしまってる現実もある
  • 年々、国の支援制度は変わってしまい毎年減ることがあっても一時的にしか増えることがない現実もある
  • 支援によって、生活保護や障害年金を受給することにより自立できない人も増えてきてしまってる
  • 生活保護受給者の8割は、残念ながら自立できずにそのままの生活を送ってしまてる口コミもあります。

ここに関しては、難しい問題だと思います。
もちろん、生活保護や障害年金がもらえる制度は素晴らしい制度なのでもらう必要があるのだれば申請しても良いと思います。
しかし、残念ながら支援を受けなくても生活できる力があるのにも関わらず心療内科の先生を騙して取得してる人もいます。
もちろん、こんなことが市役所の闇だとか「やばい」とか言われても福祉課が許すわけがありません。

現に、生活保護を受給を停止された人もいます。
そして、国に控訴しても対応が冷たいので国が勝った事例もあります。
もしかすると、それなりの事情はあったのかもしれませんが、最後は自立するととを目指す前提で相談できるこを聞きましょう。
基本的に、福祉を使わないと生きていけない状態でないと相談できることがないと思っていた方が無難かもしれません。

ここで福祉の現場では、働けないどころかしっかりと申請もできない人もいるかベーシックインカムの制度が欲しい。
そう思ってる方もけして少なくはありませんが、このような制度も罠になってしまいます。
全ての人が支援を受けれるようにした方が、みんなが平等になりそうで実はなりません。
この件に関しては、福祉の世界だとデメリットが多いベーシックインカムでお伝えします。

生活保護をもらってる人ほど国に対して不満を言い続けて損をしてるように感じています。
最後は、本人が自力で自立しないと支援員や福祉課の人が、精一杯頑張っても何も変わりません。
それでもモヤモヤ感があるなら、ばかばかしい市役所のむかつく職員にクレームのページもチェックしてみましょう。

正直なところ、生活保護を一度もらうともらい続ける人の方が多いのが現実です。
あから、あまりにもいい加減な人に対しては途中で打ち切りもあるのです。
あから、しっかりと就労甲子園などを活用して就職の準備をしてることを市役所の福祉課に示さないといけないのです。
ここで、闇が深いとか「やばい」とか言われても行動していない状態が続くと最後は誰にも助けれくれなくなってしまいます。

市役所の福祉課も、自立できないような態度を示し続けると冷たい態度が取られることもあるのね💢
確かに最初は「やばい」とか思っていたけれど、何もしていない人に支援を受ける資格はないわぁ💦
もし、本当に何もできないならせめて通院して薬物治療ぐらいはしないとね………。
大丈夫!
あなたに、しっかりと動いてることを示せば市役所の福祉課も受け入れてくれます。
ここを理解できなくて悩んでる支援員も多いので、「就労継続支援B型で働く職員の悩み」のページもチェックしましょう。
就労継続支援B型で働く
職員の悩み

生活保護や障害年金、障害者手帳を受けたいなら

福祉課で支援を受けれる状態にしておく

福祉課で支援を受けれる状態にしておく


——————病院の診断を受けてから福祉課で支援を受けれる状態にしておく

福祉課で相談できることを増やすためには
  • 先ずは病院の診断を受けることだ
  • 医師が書いた診断書を心療内科の先生からもらって市役所の人に見せる
  • 障害者手帳がなあると、受けれる支援も継続して受けやすくなる
  • 可能であれば仕事をしていない時期で相談することがおすすめだ
  • 生活保護は通らない可能性も高く、長期化して抜け出せないこともあるので福祉の人と一緒にいくことだ
  • 治療費が足りないなら、自立支援医療制度を申し込めば治療費用を1割負担にんできる
  • 安定してる状態で市役所の福祉課に通うと冷たい態度をされて断られることもある
  • 受けたい福祉サービスの支援者と一緒に市役所にお願いするとスムーズに話ができる
  • 最終的には自立できるようにすることもしっかりと福祉の人と話すと良い

先ずは頑張りたくても頑張れず生活に困ってることを証明するために心療内科とかで診断を受けましょう。
もちろん、身体障害であれば心療内科以外に通って診断を受けても良いです。
医師から市役所の福祉課に提出できる診断書を書いてもらうことが大事です。

病院代だけでもハンパなく高い。
仕事もできないし、ストレスも溜まる。
それなら、自立支援医療の申し込みをしてみましょう。
利用すれば病院代が1割負担までなるので、負担なく病院に通うことができます。

他にも、生活保護を受ければ病院の治療費がタダになることがあります。
ここまでになると最終手段になるとので、できる限り他の制度を活用したときのみに利用するべきです。
生活の制限も掛かるので、本当にお金がない場合でないと気軽におすすめできません。

確かに、診断書を書くてもらうのもお金が掛かります。
しかし、自立支援医療などを受けたい、障害年金をもらいたい、生活保護を受けたい。
それであるなら、診断書を書いてもらわないと、もらえるもののももらえなくなります。
診断書がないと市役所の福祉課からすれば、この人はやる気がないだけで頑張ればできるはずだと判断されてしまいます。

医師から書いた診断書の力は、私達からすれば紙切れにしか見えないかもしれません。
診断書もお金が掛かるので、これだけで市役所が動くはずがないと思いますが動きます。
診断書で長期的な治療が必要と書かれているだけで、市役所の福祉課で相談できることが無限大に広がります。

また、障害年金の申請はできる限りお金の負担かあったとしても、社労士に依頼しましょう。
一度でも落とされると再申請しても、現状の病気がよっぽど悪化しないと通らないことが多いです。
確かに社労士と話していて、プライバシー的なことが聞かれたり思い出したくことも聞かれます。
相談中に泣いてしまうこともあるかもしれませんが、もらえなくて泣くよりはまだマシです。

福祉のサービスを受けたいなら、仕事をしていないことよりも病院の診断書が重要になります。
病院の診断書がないと、頑張れば働けるのではと市役所の福祉課に思われてしまうので支援を受けれません
もし申請の仕方で悩むなら、「生活できないなら生活保護」のページもチェックしましょう!
生活できないなら生活保護

福祉サービスを利用したいなら福祉課

福祉のサービスを受けたいなら先ずは福祉課

福祉のサービスを受けたいなら先ずは福祉課


——————福祉のサービスを受けたいなら先ずは福祉課へ

福祉のサービスを受けたいなら先ずは福祉課
  • 市役所の福祉課に相談すると福祉のサービスを受けれることがある
  • 就労移行支援も基本的に2年までだが、福祉課で最長3年まで延長することを相談できることもある
  • できる限り支援を受ける人よりも、受けたい福祉サービスの支援者と一緒に行くことが望ましい
  • 基本的に自立出来ることを前提として、頼まないと冷たい態度をされて断られることもある
  • 福祉を受けれる機嫌も決められてるので、症状が治らない場合を除いて完全に頼りきらないことも決めておく
  • 福祉のサービスを受けることは良いが、年々規制が厳しくなっていることも理解しておくことだ
  • 同じような事業省であっても、良い口コミも悪い口コミも鵜呑みにせずできる限り自分の目で確かめることだ

障害者グループホーム、就労移行支援、ホームヘルパーなどを利用したい。
福祉のサービスを受けるためには、市役所の福祉課で相談できることですが、あなたに合った事業所選びは自分で調べるしかりません。
確かに、支援を希望する利用者からすれば、自分で仕事を決めれないから福祉課で相談できることをだと思ってた。
そう、思うかもしれませんが、最終的な判断は一人一人の利用者自身が選択することとなります。

支援を受けてる利用者の口コミを伺っても、事業所は悪くはないが利用者の希望と合っていないと感じることはります。
軽度よりであれば、福祉っぽさよりも厳しさがなく自由度が高い、もしくは職業訓練よりの就職支援が必要になります。
例えば、ミラトレの評判のページの通り就職活動の自己PRの書き方についてテクニックが学べるところもあります。
中度よりもしくは重度なのであれば内容が厳しいので、福祉を意識した支援施設がおすすめとなります。

最後は合う合わないだけでなく、中度よりと軽度よりの利用者同士のトラブルも懸念されます。
軽度よりの人が、福祉を意識したところで福祉サービスを受けると、重度のいじめ後遺症で悩んでるトラブルとぶつかることもあります。
学生時代に、犯罪レベルのいじめを受けた人が軽度よりの人と些細なことで口論になり、片方を辞めてもらうしかない状態になったこともあります。
軽度だけどしかりと自身もないので福祉のサービスを受けたいからと言って、軽度よりの支援を受けないとトラブルの原因にもなります。

できる限り、受けたい福祉サービスの職員と一緒に市役所の福祉課に行きましょう。
支援を受ける立場の人が、一人で行くとそもそも福祉の力を頼ることさえできないこともあります。
大事なのは福祉の力を頼ることが、国のお荷物だと思わないことです!
最後は自立して、仕事をして税金を納めて国に恩返しすれば良いのね✨
福祉の力を頼ることに罪悪感を感じていたけれど、そうでもないのかもね💕
興味が持てたから自立するためにも、「精神障害者が住めるグループホーム」のページを読もうっと‼️
精神障害者が住めるグループホーム

福祉の闇とさられるバックに裏があり冷たい思いをすることも

やばい市役所の闇と繋がりがある事業所

やばい市役所の闇と繋がりがある事業所


——————福祉関係の団体で怪しいところほど市役所で相談できることがない

やばい市役所の闇と裏の繋がりがある冷たい福祉事業所
  • 江戸時代にあった差別の制度によって今も苦しめられてる人によって今も国がおかしくなってしまってる
  • 実際に地域差別で、就職できなかったったり結婚できなかたったりして苦しんでトラウマになってる被害者側も多い
  • 一部の被差別部落地区の人だけが、同和問題を盾にすれば国が何も言わないことを利用しておかしくなってる
  • 被害者側で苦しんでる当事者も、どちらかと言えば国が制度上甘やかすのが問題だと唱える人も多い
  • 福祉以外にも、建設業や廃棄物業界と国が、えせ同和行為として繋がってることがある
  • もちろん、被差別部落出身者で真面目に福祉をしている人もいるのでそこは注意が必要だ
  • 被差別部落地区出身者の事業所で起きたパワハラ問題を市役所の福祉課に相談をしても聞きながされる事例もある

これに関しては難しい問題だと思います。
差別を盾に、えせ同和行為が福祉の世界でも問題になっています。
実際に、地域差別を受けてる側の意見を聞くと、どちらかと言えば国の対応が悪いことも話しています。
地域差別が原因で市役所の福祉課で、パワハラがあるA型事業所でのトラブルの相談をしても無視される報告まであります。

完全な被害を受けた側だと、就職差別や結婚差別を受けた人もいるので、センシティブな問題でもあります。
同和問題は日本特有の問題で市役所の福祉課で相談できることをができなくなることも何故かあるのです。
地域差別は「昭和の闇」とも言われており、差別の意識は根強く同和対策事業特別措置方が執行されるほどの大きな問題となっています。
しかし、残念ながらその差別を盾にして、国から不正に補助金を得てる福祉の団体があるのです。

それどころか、信じられないニュースが2024年5月14日に報道されました。
公益通報した和歌山市職員が自殺してしてまったのです。
復職した男性職員が処分を受けた職員と同じフロアに配置されるなどをして、不正支出と戦った市役所職員が亡くなってしまったのです。
これ、市役所で起きてしまってる以上、事業所の不正受給問題を解決できる日が来るのでしょうか。

市役所も、補助金の不正受給に気付いていたとしても、見てみないふりをしていることもあります。
障害者がパワハラを受けて、市役所の福祉課に相談しても、同和地区出身者の福祉弾代だから見逃されることがあるのです。
同和問題は、昔と比べて少なくなりましたが男女差別問題と同じで簡単になくならない江戸時代から続く問題となっています。
女性差別がなくせば、女だから甘えたり、陰湿な職場いじめが増えて男性差別も出てくると同じように差別は簡単になくなりません。

同和問題と関わってる事業所の問題として有名なのであれば、福祉以外でもあり、「大阪の万博」の建設問題もやばいことで有名です。
大阪が同和と関わってる建設業界を優遇することにより、建設の遅延などのニュースが報道されることがありました。
これが大阪市がめちゃくちゃな提案を強制してること悪いのか、建設業界が非現実的な計画を受け入れたのが悪いのか。
こちらについては、私自身も意見を共有する権限がないので、各自がご自身の意見を持っていだければ幸いです。

障害者差別も同じであり、正直なところ難しい問題と思います。
発達障害があるからこそ仕事ができるような制度により、障害がない人の差別も問題にっています。
現に、仕事をしていないお金がもらえてしまうことがある障害者雇用代行サービスで有名なわーくはぴねす農園の批判も出て来ました。
こちらが関わってるかは分かりませんが、やばい市役所にある福祉課の繋がりとかの闇が深いです。

こう言った事業所だと国からもらえる補助金を不正受給してることも決して珍しくありません。
それどころか、やばい市役所の福祉課だと闇があり不正受給してることに気づいてもわざと見落としてるのです。
そんな事業所に通わないためにも、「助成金目当てのA型事業所はやめとけ」のページもチェックしてみましょう!
助成金目当ての
A型事業所はやめとけ

まとめ

奈落に落ち込んでしまったとしても、市役所の福祉課に相談すれば対処してくれます。
ただし、市役所の福祉課で相談しても必ずしも、誰もが自由に生活保護を受けれるわけではありません。
誰でもしんどいから仕事がしたくないから生活保護を受けてしまうと、市役所からしたらベーシックインカムを導入してるのと同じです。

正直なところ、仕事がしたくないから生活保護を受けてる人もいるので市役所の福祉課からしたら悩ましいことです。
かと言って、本気でスキル不足で仕事ができず苦しんでる人ほど、助けを求めるコミュニケーション能力さえありません。
市役所の福祉課で相談ができて生活保護の申請ができる力があれば面接は通ると言いたい気持ちもご理解もしています。
残念なことに本気で苦しんでる人ほど、支援を受けれず不平等さを感じる当事者の生の声もけして少なくはありません。

もし、どうしても困ってるのに支援を受けれないなら、カウンセラーや就労移行支援の職員に相談してみましょう。
支援員と一緒に市役所に通って相談すれば、丁寧にあなたの代わりに市役所の福祉課と話してくれるのでスムーズに進むことがあります。
就労移行支援の職員さんと一緒に相談すると、生活保護の申請とかもできるようになった口コミも少なくありません。

もし、市役所の福祉課がおかしいことで悩んでるならカウンセラーに相談してみましょう!
365日いつでも気軽に!無料相談受付中【メザニン】 (広告)ならネットから相談することができます!
不満も話してるだけで、心がすっきりしたり解決したりすることがあるのでカウンセラーは頼りになります。
だけど、どん底に落ち込んで生活できないけど福祉の力に頼って支援を受けたいけれど、口が弱いと市役所に断られてしまう。
それなら、就労移行支援に相談して支援員と一緒に障害年金や生活保護の申請を手伝ってもらいましょう。
特に、支援を受けることを重視したいなら
がおすすめです🎶
生活訓練があるので、福祉よりの支援を受けれるようにさぽーとしてくれます。

もし、もっとリアルな福祉課で相談できることを聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「市役所」とのやり取りで悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと実際に福祉課に相談したことがある人の話題が出たわ✨
市役所の福祉課で「支援」を受けるかで悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る