金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

生きにくかた理由は発達障害もしくはアダルトチルドレン?

自分はアダルトチルドレンだと思う?


アダルトチルドレンの特徴とは?
  • 他人からの依頼を断れない
  • 0か100か、といった両極端なものの見方をする
  • 依存症になりやすい
  • 被害妄想に陥りやすい
  • 楽しいことを楽しめないもしくは楽しくないのに楽しいフリをする
  • 極度の寂しがり屋
  • 離人感(自分自身を第三者視点で見ているような感覚)を伴いやすい
  • 自分の意見より周囲の意見に合わせてしまう
  • 親密な関係になるのが苦手
  • 責任を必要以上に取り過ぎるか全く取らないかのどちらかしかない
  • 他人の顔色を伺ってしまう
  • 自分の肯定や存在に対して肯定や承諾を常に求めてしまう
  • 親の意見が絶対になってしまう
  • 反抗期を経験してない
  • 妙なところで真面目さが出る
  • 自分自信の軸が弱い
  • 恋愛依存気味のところがある

仕事や人間関係が円滑に進まないからといって発達障害と決めつけてはいけません。
発達障害と誤診されやすいアダルトチルドレンというものに「アダルトチルドレン」というものがあります。
子供の頃、親に強く叱責され過ぎたせいで自信を失くしてしまっているケースもあるのです。







アダルトチルドレン

アダルトチルドレン


——————アダルトチルドレン

発達障害と違い医師からは「アダルトチルドレン」とは診断されません。
「特定不能のパーソナリティ障害」もしくは「複雑性PTSD」と診断されアダルトチルドレンだと気づかない人も多いのです。
私は特定不能のパーソナリティ障害と診断されて‥‥‥‥‥‥。
医師の診断が出ないのは辛い‥‥‥‥‥‥‥。
違う形で診断されるので何かが分からない人も多いのね。



殆どの人が精神疾患になるまでアダルトチルドレンだと気付かない!?

アダルトチルドレンの二次障害になる精神疾患は?

アダルトチルドレンの二次障害になる精神疾患は?
  • アルコールやギャンブルなどの依存症
  • パーソナリティ障害
  • うつ病
  • 不安障害
  • PTSD
  • 摂食障害

無意識に溜め込んでいた感情が耐えきれずに精神疾患を発症することがあります。
幼い頃から当たり前に育ってしまい自分でさえ傷付いていたことすら認識できないのです。

誰にも相談できず苦しんでしまい引きこもりとして社会に溶け込めなくなった人もいるのです。
よくあるアクシデントで乗り越えずに、「自分だけが何故?」と孤独感に襲われて生活に支障してしまうのです。
学校や職場などの人間関係で違和感を持つことがあるのです。

親が発達障害な場合は・・・?


アダルトチルドレンになってしまう原因は?
  • 上手にしつけが出来ない
  • 子供よりスマホに夢中になってしまう
  • 育児に疲れて現実逃避をし続けている
  • 子供が過去に犯した過ちをいつまでも愚痴ってしまう
  • 子供の過ちに対して「怒り」をコントロールできない
  • 年齢に合わない対応をしてしまう
  • 親に進路や生き方、職場などを無理やり決めさせられた
  • 感覚過敏のため子供の泣き声に耐えられない
  • 家族や地域から孤立してしまい何らかの被害を受けてしまう
  • 親子同士でコミュニケーションが取れていない
  • 育自身に何でも相談できる友達がいない
  • 子供も発達障害なので教えることに苦労する
  • 仕事や近所のトラブルから来るストレスを子供にぶつけてしまった
  • 親も虐待を受けた過去がある
  • 被害意識が強い

アダルトチルドレンの要因の多くは親とのコミュニケーション不足です。
子供がやりたいことを受け止められない、理解できない、時代の流れに追いつけない‥‥‥‥‥‥‥。
親も子供も発達障害が原因でお互いの意思疎通が出来ず苦しんでいるケースもあるのです。







どんな親子関係問題のタイプ?

アンケート結果で過干渉が多いってことは親子のコミュニケーションが取れてないのね。
親子の距離感が大切なのが分かるわ。
ACのための一人暮らし

機能不全家族チェックリスト

機能不全家族に?

機能不全家族チェックリスト
  • 家族内で対立がある
  • 兄弟と比較される
  • 親からの期待が大きい
  • 育児放棄(ネグレクト)がある
  • 愛情や感謝の気持ちがないため冷たい感じがする
  • 身体的虐待がある
  • 心理的(精神的)虐待がある
  • 性的虐待がある
  • 法律に違反する家族がいる
  • 依存症の家族がいる
  • 親と子供の立場が逆転してる
  • 溺愛しすぎて子離れが出来ず過度の甘えを許す親である
  • 異様なほど他人の目を気にしているので外面が良い家庭に見える
  • 隠し事が多い
  • 親の夫婦喧嘩が多いまたは仮面夫婦である
  • 社会的に悪影響を及ぼす宗教団体に洗脳されている
  • マルチ商法に騙されている




家庭内で弱い立場と強い立場が対立している家族関係のことを言います。
家族が偏った考え方をしてしまい子供が健全に育ちにくいのです。

機能不全家族で育つとアダルトチルドレンになりやすくなります。
その結果、強いストレスやトラウマにより自由がなくのびのびと成長できない人も多いのです。

※親子関係が耐えられないのなら一人暮らしをするのもあり
実家に住むと親と会いたくないので、毎日夜遅くまで遊んで貯金できずに嘆いている人も多い。
大きな街の中でも家賃3万円以下の安い物件から探せます!
>>お部屋探しはレオパレス21

過敏な人たちが受けた虐待


わたし、虐待サバイバー
虐待を受けた人の特徴は?
  • 不自然な傷や痣がある
  • 警戒心が強い
  • 家族の説明に違和感がある
  • 夜中まで遊ぶなどに帰ることを極力避けている
  • 衣服が常に汚れている
  • 食事を与えるとガツガツ食べる
  • 年齢の割に性的関心が強いもしくは過剰に反応してしまう
  • 保護者のいる時といない時で表情や行動が変わる

親が子供をコントロールできず「体罰」を与えてしまったケースは多いです。
「しつけ」のつもりが何度教えても聞かず手を出してしまった親が多いのです。
親は「しつけ」のつもりでも過敏な子は他の子と比べてショックを受けてしまい大人になっても苦しんだ不安を持っている人もいます。







虐待を受けたことはある?

過度な虐待を長期的に受けると脳にも支障をきたすという研究結果も報告されています。
ストレスを溜めてしまい生涯に渡り「苦労をしてしまう人」が多いのです。
子供を守るためにもできる限り、「早期発見」、「早期支援」が必要となります。

残念な話だけど虐待を受けた子供って多いのね。
親が加害者だと子供は相談できる人がいなくなってしまう。
それどころか誰を信用したらいいかわからなくなるわ。
取巻く環境

機能不全家族の人は家庭的な食事ができていないから不安になるの!?

機能不全家族で育つと偏った食生活に?

どんな料理を食べたら不安がなくなる栄養素(セロトニン)が取れるの?
  • チーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品
  • 白米、玄米、パン
  • パスタ、そば(乾麺)
  • 鮭、カツオ、マグロ
  • レバー、豚ロース、鶏むね肉
  • 大豆、豆腐、納豆、松の実
  • アボガド
  • バナナ

機能不全家族で育つと親子で食事を囲む機会がなかったり、バランスの良い栄養素を意識した家庭的な食事を取れていないケースは多いのです。
また、栄養素のバランスが悪いインスタント食品ばかり食べた結果、十分な栄養素がとれないまま成長してしまい悩みやすい体質に育った方も多いのです。

特定の食材だけを食べるのではなく幅広い食材を使ったバランスの取れた食事を取ることが不安を和らげるためには必要です。







不規則で偏った食生活を送った人はトリプトファンを多めに取ることを意識しても良いかもしれません。
また、アダルトチルドレン改善のためには、「頑張りすぎないこと」や「自信を持つこと」の大切ですが、なかなかすぐには実行できません。
栄養素のバランスを意識しながら楽しい食生活を送った結果、自然とストレスを緩和させることができた人もいました。
田舎暮らし

怒られることの恐怖心をなくすには?

怒られると自信をなくす?


自己肯定感を高めるために大切なことは?
  • 自己分析をする
  • 話題を変える
  • 「自分は存在しても良い人間なんだ」と自覚する
  • 「たとえ間違っても良いんだ」と自分に許す
  • 出来ないことは出来ないで済むような方法を取る
  • 距離を置いて切り替える
  • 全員と仲良くする必要はないことを知る
  • 自信に自信を持つ

機能不全家族に育ったアダルトチルドレンの中に自分自信を見失っている方も多いのです。
「幸せになってはいけない」と思う習慣が身についていませんか?
先ずはお店などの居場所を通して癒してくれる人、ありのままの自分を受け入れてくれる人を探すことが大切です。

また「自己肯定感」の低さを自覚している人も多いのです。
例えば、少し怒られたぐらいで凹んでしまい次に繋げられなかったり………。
自分では改善できないので結果論として発達障害と誤診された方もいらっしゃいました。

そもそもの話、「自己肯定感が低い」のはいけないことでしょうか?
誰もが成功する社会ではないのも現実ですが、「自分らしく生きる」ことが克服の第一歩です。
自分らしく生きるために環境を変えることは決して間違いではありません。
仕事探し

上に戻る