金輝きんき 発達障害アートカフェ・バー

就労継続支援のA型作業所とB型作業所の3つの大きな違い

A型作業所 B型作業所
雇用契約 あり なし
平均月収 78,975円 16,369円
年齢制限 18~65歳未満 なし

このページを読むことによって得られること
  • 発達障害やうつ病で悩んでいて支援を受けながら働きたいなら作業所に通う選択肢が増える
  • あなた自信が作業所に「合う」か「合わない」か判断できる
  • 「A型作業所」と「B型作業」の違いを学べる
  • 作業所以外にも特例子会社の選択肢があることを知れる
  • 作業所の面接まで連れて行ってくれるおすすめの就労支援を知れる

週5日どころか週3日でもきつい、1日8時間働くのが難しい、怖い上司がいるだけでも難しい、どこに行ってもパワハラに遭う………
それなら就労の支援を受けながら作業所に通うところからスタートしましょう。
がっつり働くことはできませんが、その代りに発達障害やうつ病の支援を受けながら仕事ができます。

だけど、そもそも作業所って何? 特例子会社がも良いと聞いたけどそこはダメなの?
そもそも「A型作法所」と「B型作業所」の違いが分からない………orz
そこで、今更聞けない「作業所」についてこのページを通して解説していきます。

もし、発達障害で悩みながらでもがっつりと障害者雇用を通して仕事をしたいなら作業所以外で働くことがおすすめです。
このページを通してあなたにとって、就労支援「A型作業所」と「B型作業所」のどちらが良いか徹底分析しましょう!!

週5日以上で8時間勤務が難しい方にも臨機応変に対応してくれます!
精神が不安定で職場で倒れてしまった経験がある方にも働ける環境となります。
もし、障害者雇用でがっつりと働きたいなら「障害者おすすめ転職サイト」から探してみましょう!
障害者雇用おすすめサイト








障害者雇用の中で作業所が選ばれる理由

障害者雇用で働いた場所は?

支援を受けながら働ける作業所が選ばれる理由
  • 発達障害やうつ病の支援を受けながら仕事ができる
  • 知的障害や学習障害が原因で支障が出る方も仕事の経験ができる
  • 正社員として一般就労ができない人におすすめだ
  • 給料が低いが、仕事の意欲を持てないところからでもスタートできる
  • 週20時間からの短期労働からスタートでいるので力不足な方にもぴったりだ
  • がっつり働きたい人にはおすすめできないがうつ病の克服中でもスタートできる

仕事をしたいけどちょっとしたことでうつ病になり倒れてしまう、持病の発作で倒れやすい、リハビリとしての仕事だけでもしたい………。
働きたいけど支援を受けながらでないと働けない人にこそおすすめなのが作業所となります。
週20時間から支援を受けながら働けるので自分のペースで働きたい人にもおすすめです。

がっつり働きたい思いがあるなら通常の障害者雇用がおすすめですがうつ病で悩んでも働きやすいです。
仕事のノウハウを覚えて健常者に負けないサラリーマンとして働きたいなら通常の障害者雇用が良いでしょう。

しかし、仕事に対してやる気はあるけどうつ病や知的障害、学習障害の克服中で前に進めないなら作業所とかで訓練を受けてみましょう。
作業所で訓練を受けて仕事の練習をすれば通常の障害者雇用や一般枠のアルバイト、正社員に就職できた実例もあります。
働くことに障害のある方の就職情報サイト【LITALICO仕事ナビ】 から探せば学習障害の向いてる仕事に対応してる作業所もたくさんあります。

作業所では支援を受けながら仕事ができます!
逆にがっつり働きたい、自分の特性を活かしたい、健常者に負けたくない気持ちがあるなら作業所が向いてません。
しかし、働きたい気持ちがあるけど体力が追いつかなかったりできる仕事が限られてると感じるなら作業所はおすすめです!
早く働きたいけど作業所だと給料が低い………orz
頑張ってる私たちの邪魔をしないで欲しい💢
だから、「学習障害の向いてる仕事」のページをチェックしてしっかりと自分を成長したい。
学習障害の向いてる仕事






作業所通いに悩む

作業所通いに悩む


——————できれば支援なしで働きたいけど短時間労働が良い

できれば知的障害の支援なしで働きたい。
だけど、一般枠だと週5で8時間労働が普通だと言われるから障害者雇用で働くしかない💦
体力の問題さえ除けば一般枠で働けるのに………orz
大丈夫!
知的障害におすすめな「転職サイト」を活用して働くのも一つの手です。
先ずは、「知的障害おすすめ転職サイト」のページをチェックして探してみましょう!
知的障害おすすめ転職サイト

最低賃金がもらえるA型作業所

作業所に通ったことは?

最低賃金がもらえるA型作業所が選ばれる理由
  • 作業所と雇用契約が結べる
  • 最低賃金の給料がもらえる
  • 原則18歳以上、65歳未満の人が受けれる
  • 1ヶ月平均7,8万円の給料がもられる
  • この収入に生活保護や障害年金がプラスしてくれる

働きたいけど体力がもたないならA型作業所がおすすめです。
長時間でなく短時間労働で働くことも可能なのです。
持病が原因で倒れることがある人にも支援してくれるので働くことができます。

短時間労働だと生活ができないと感じるかもしれませんが大丈夫です。
作業所で働きながら障害年金をもらう方も多いです。

退職NOTEから障害年金を申請すれば生活できる収入まで増やせます。
作業所で支援を受けんガラであれば、働きながらなら障害年金もらえます!

最低賃金をもらいながら仕事の支援を受けたいならA型作業所がおすすめです。
最低限の給料をもらいながらしっかりと仕事の支援を受けることができます。
もし、家から出れない悩みもあるなら「引きこもりおすすめ転職サイト」のページをチェックしてみましょう!
引きこもりおすすめ転職サイト

給料よりも支援を受けたいならB型作業所

リハビリをしたい人にぴったりなB型作業所が選ばれる理由
  • 作業所と雇用契約が結ばれないがプレッシャーが少なくなる
  • 作業分に応じて給料が支払われる
  • リハビリを優先しながら働く場所を提供してくれる
  • 年齢制限がない
  • がっつり稼げない分、仕事のペースや要領が遅くても認めてくれる

あなたの特性がカバーできるか確認する必要があるので受ける前にしっかりと専門の支援員がいるか確認しておくと良いです。
事業所によって、「発達障害」の支援は得意だけど「うつ病」の支援が苦手なところもあります。
もし、質問が難しいなら「就労支援の評判」のページをチェックしてから就労支援の人と一緒に面談を受けるようにしましょう。

もし、今後B型作業所以外で働きたい気持ちがあるなら仕事の訓練内容を確認しましょう。
できる限り将来的にやりたい仕事だと今後の人生のためになる訓練を受けることができます。

利用者がどれぐらい続いてるか、卒業後にどんなところに就職できたかを聞くと卒業後に就職しやすいです。
卒業後の就職に力を入れていない事業所も多いので必ず入る前に質問しておきましょう。



B型作業所の場合、雇用契約を結ばないのでリハビリを受けながら仕事の支援を受けることができます。
作業分に応じて給料が渡されるので難しい仕事がほとんどありません。
給料が少ない分、A型作業所よりもしっかりとした支援を受けることができます。
就労継続支援B型で働く
職員の悩み

大手企業で働きたいなら特例子会社もあり

大手企業で働ける特例子会社が選ばれる理由
  • 作業所から1ステップ進んだ仕事をしたい人向けだ
  • 大企業のグループ会社で働ける
  • 作業所と違って給料がそこそこ高くて年2回ほどボーナスがもらえるところもある
  • 大型連休が取りやすく5月のGWだと10連休になることもある
  • ミスをしないような環境が工夫されてる
  • 指示待ち人間で悩むなら保険会社や銀行などの特例子会社だとマニュアルがしっかりしておすすめだ
  • 支援団体ではないのであるので作業所よりは厳しいが給料が高い

作業所だと給料が低い、支援は欲しいけど週5でがっつり働きたい、せめて一人暮らしができる収入が欲しい………。
それなら、大手企業が運営する特例子会社に就職するのがおすすめです。
特例子会社とは障害者雇用の水準を守るために作られた会社です。

大手グループの会社なのでマニュアルがしっかりしてシステム化されてます。
簡単でミスをしない環境として働くことができます。

たまに、収入が少ない口コミもありますが作業所と比べると給料は高いです。
作業所と違ってボーナスがもらえます!!!

特例子会社は障害者の人だけが集めた子会社ですが支援団体ではありません。
そこを勘違いして、特例子会社の「闇」だとか愚痴る人もいますが頑張る人にとって良い会社です。
もし気になるなら、「特例子会社の評判」のページもチェックしてみましょう!
特例子会社の評判 ※障害を持ちながら大手企業で働ける特例子会社の求人に強いdodaチャレンジ!!
特例子会社の面接を受けたいけど不安だと思うなら障害者雇用に強い転職エージェントを活用しましょう。
マニュアルがしっかりした会社なら働けるなど条件を聞くことができるのでスムーズに就職活動ができます。
>>障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】

作業所へ通う自信がなければ就労支援


>>そのひとりの「働きたい」にこたえる。【LITALICOワークス】
完全に社会人初心者向けのリタリコの口コミを確認して見学へ
  • 就労支援では最大手なので安心
  • 自分で動ける人には他の就労支援と比較しても物足りない
  • 利用者としての障害者としては良いが支援者の離職率が高い
  • 他の就労支援と比較にならないぐらい求人を探す営業がエグい
  • 簡単な仕事しかない口コミもある

何も分からないなら迷わずに最大手のリタリコを見学してみましょう。
LITALICOワークスは障害のある方の「働きたい」をサポート をしてくれます。
厳しい言い方をすれば、支援側には厳しいのでリタリコ職員の離職率が高いのです。

他の就労支援と比較にならないぐらい障害者雇用に対する営業が強い口コミもあり戦略的です。
就労支援を宣伝するためのマーケティング力も強いです。
裏を返せばデメリットとして非現実的な対応を企業や就労支援の職員に対して求めてしまってます………orz

しかし、仕事で本気で困ってるのでしたら迷わずに選ぶべきでしょう。
仕事の悩みが第一ステップから第二ステップまで改善できてるのでしたら他を選びましょう。
発達障害のせいで就職できないので、割り込んでまで仕事に就く感じで就職が決まります!

無理に割り込んでまで仕事をする考え方は適切ではないかもしれませんが………orz
しかし、仕事の経験も未経験、スキルもない、ブランクが長い、面接で苦手だ、ミスをする………。
このような現状の問題点があるなら第一ステップとしては割り込むところからのスタートになります。
前向きに考えればこんな私に対して必死で仕事を決めてくれる環境があるのね。
何もない私だけどリタリコなら就職が決まる気がするから見学へ行こう✨
たまに簡単な仕事しかない口コミもあるけれど、仕事初心者でないなら正社員で簡単な仕事を自分で探せば良いだけだしね。
リタリコの評判 ※お金の負担なく就労支援を受けたいならココルポート!
ノートPCを1人1台使えるので負担なく受けたいからには特におすすめの就労支援です。
ドリンクサーバーが設置されて自由に飲めるだけでなく月上限1万円まで支給してくれます!
ランチ応援制度もあるので先ずは無料見学をWEBから申し込んでみましょう!
>>仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)

まとめ

仕事にチャレンジしたいけど、「発達障害」や「うつ病」が原因で就労を継続するのが難しいと思うなら作業所へ通いましょう!
障害年金の申請を退職NOTEからすれば作業所の仕事だけでも生活することができます。
障害で悩んでる人にとって作業所は働きやすい環境だけでなく居場所としても機能しています。

一般就労を最終的に目指されてる方も支援を受けながら通ってます。
障害を持っていても働けるように自立を目指して仕事の訓練を受けながら働くことができます。
作業所を探したいなら、働くことに障害のある方の就職情報サイト【LITALICO仕事ナビ】 から無料登録をして探してみましょう。

もし、できるだけ通常の職場と近い形で働きたいけど支援が必要だとおもうなら「特例子会社」へ就職しましょう!
dodaチャレンジ を活用すればぴったりな特例子会社を紹介してくれます!
面接に自信がなくてもしっかりとアドバイスを受けることができるので安心です。
就労で悩んでるなら「A型作業所」もしくは「B型作業所」がおすすめです。
作業所に通いたいけど前に進めないなら
がおすすめです🎶
迷うぐらいならどうせ無料なので気軽に全て登録をして片っ端から相談しましょう。
合わなければ早い段階で辞退すれば良いだけなのです。

もし、もっとリアルな就労体験談を聞きたいのでしたら金輝 発達障害カフェバーへ是非どうぞ。
「就労」で悩んでいた過去のある人との交流ができるので先輩達のリアルな意見も聞けます。
この前、金輝に遊びに行くと実際に作業所に通ってる人の話題が出たわ✨
「作業所での就労」で悩んでる人がいて勉強になったわ!
お店に行くと安心するわ💓
どんなお店?
上に戻る